« 「バカの壁」 | トップページ | PMF特別コンサートⅠ~バーンスタインメモリアル~ »

2014/07/19

歌劇「ナクソス島のアリアドネ」

Img267むおーdash、オペラ歌手、スゴすぎーッhappy02sign03オペラの面白さがイマイチわかんなかったわたくし、ちょっとばかし開眼したカモsign02 昨晩、Kitara大ホールにて行われたPMF25回アニバーサリープログラム、R.シュトラウス生誕150年記念のステージオペラnotes。北海道初演の演目だそうです。


18世紀のウィーンで、ある大富豪が、「宴の余興に喜劇芝居と悲劇オペラを同時に上演せよ」と執事に命じる。彼の気まぐれに作曲家は憤慨、歌手勢も顔色を変えるが、洒落気の強い演劇人は乗り気になり、「捨てられた王女アリアドネ」の筋立てに、コメディアンが堂々と絡むことに…』(公演リーフレットより)っていう筋書きなんだけど、この悲劇と喜劇の絡み合いrecycleが、それぞれの持ち味をお互いにより際立たせるっていうすごく巧みな構成diamond


Img268とにかく、コメディ組女優のツェルビネッタちゃんribbonのアリアがものすごいッsign01チョー難曲ッtyphoonsign01しかも長いッsign04sign01「歌えるもんなら歌ってみろや~punch」な曲を、天羽明惠さんがつるつるつる~~~sign05ってカロヤか~~~cloverに歌っちゃう。ホント、スゲー…coldsweats02なのよ。しかも、寝っころがりながらって、どんだけ腹筋鍛えてんのーッimpactsign02このヒトはーッsweat01sign02しかもゼッタイに音をハズしてない(と思う、たぶんsmile)。ものすごい技術だわよッshinesign01これはッsign03なのに、見た目可憐virgo。このツェルビネッタちゃん、あけっぴろげですっごくチャーミングcuteな女のコなのよねーribbon。天羽さんにビッタシなカンジでしたhappy01


Img269一方、シリアス組のヒロインboutique、王女アリアドネさん役の大村博美さんも良かったワーbell。わたくし、ドラマティコ系のソプラノはあんまり好みじゃないんだけど、大村さんはイイ~heart01。低音も弱音もしっかりと芯が通っててものすごく綺麗shine。役柄上、しどころがないっちゃーないんだけど、アリアドネさんのパートはギリシア神話ベースの悲劇なので、音楽が荘厳で神秘的でドラマティックでわたくし、めちゃ気に入りましたgood。2幕冒頭、アリアドネさんが捨てられちゃった孤島でのニンフたちの歌のシーン、それに続くアリアドネさんの絶望の歌、モロわたくし好みheart04。大村さんの、シンプルながらキラキラshineがちりばめられたふわっとしたドレス姿もとってもステキでした~heart


Img270で、その悲劇の王女さまにコメディ組が絡むシーンがこれまた傑作なのhappy02。PMFのロゴ入りTシャツt-shirtを着た、ツェルビネッタちゃんの取り巻き4人衆denimが、コミカルなダンスや歌で励まそうとするんだけど、王女さまは自分の絶望の淵にどっぷりつかってるwaveもんだから彼らを完全シカトsmile。ふんわりドレスでヨヨ…downとくず折れる周りで4人衆が歌い踊るシーンは、ギリシア悲劇を相対化してチャカした面白い場面ですねsmile。この時の大村さんの、ことさら「はぁぁぁぁ~ヨヨ…downdown」って芝居もナイスcatface


あとオモシロかったのは、舞踏教師さん。オネェkissmarkなのね~~smile。日浦眞矩さんという方でしたが、おみ足もウツクシくsmile、動きもナヨっとしてまさにオネェ舞踏教師note。お声もステキでした。ちなみに字幕のセリフも、コメディシーンでは特に、気の利いたナイスなものでしたねーhappy01。ラストに登場のバッカス、水口聡さんも堂々としたバッカスぶりwine。やっぱ美しいテノールshineはタマリません~~lovely


そして肝心のオケ。完全にわたくし歌い手さんに気を取られてeye、あんまりオケに集中できなかったんだけど、逆にそれだけ、芝居と一体化してたってことなんでしょーねーcoldsweats01。それでも2幕冒頭のヴァイオリンのソロから始まる音noteにはハッflairとさせられました。ウィーン・フィルのライナー・キュッヒル先生、サスガ、ですcrown。37人の小編成のオケですが、なんとまぁキラビヤかshineなことか。R.シュトラウスの音楽の成せるワザなのよねーspade


しかし、そのキラビヤかな大音響diamondをさらに凌駕upするのがオペラ歌手なのですよfuji。しかもふたりのヒロインは、全編に渡って歌いまくり。もー、わたくし、ひれ伏すのみpenguin。スゴすぎーcoldsweats02。(で、冒頭に戻るrecycle。)こんだけの大アリアを書いてpen、それを見事に歌いこなす歌手がいてnotes、ゴージャスな舞台が出来て…event、なんつったら、もしかしてオペラ作曲って一度ハマったらやめらんないもんなのかも知れないわねーcatface


いやー、つひにわたくしも、買うだけ買ってたオペラDVDcd、紐解く日来たのかも知れないわ~soon。ぎゃ~、ますます時間watchが足りない~~ぃッsweat01sign01

|

« 「バカの壁」 | トップページ | PMF特別コンサートⅠ~バーンスタインメモリアル~ »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213530/60011091

この記事へのトラックバック一覧です: 歌劇「ナクソス島のアリアドネ」:

« 「バカの壁」 | トップページ | PMF特別コンサートⅠ~バーンスタインメモリアル~ »