« フルート レボリューション Vol.3 | トップページ | 阿部博光 フルートリサイタルシリーズVol.9 »

2014/11/19

さっぽろオペラ祭 オペラ分析講座

Mainevent_5792あー、わたくし、こーゆーのを待ってたんですのーッhappy02sign01札幌市教育文化会館と札幌市内のオペラ団体が主催する「さっぽろオペラ祭」のイベントのひとつで、札幌室内歌劇場音楽監督、作曲家の岩河智子氏によるワークショップpencil、札幌市教育文化会館に行って来ました~shoe


お題はR.シュトラウス作曲、H.ホフマンスタール台本「ばらの騎士」spade。オペラ超初心者のわたくし、何を隠そう、観たことない作品なんですけどcoldsweats01、実はタカラヅカで上演されたもの(もちろん翻案モノです。タイトルは「愛のソナタ」(フツーbleah)東京宝塚劇場のリニューアル杮落とし公演)を観てまして、イメージはバッチシあったもんだから、教文会館のラックでこのチラシを発見した時、これこれッeyesign03っとチケットゲットいたしましたticket


いや~、さすが~、オペラ制作に関わる現場の先生のお言葉には、ハッflairとさせられることが多いです~confident。ははぁ~、こーゆーところでこーゆーふーに感じるんだ~~、って発見eyeできるのがまた新鮮でclover。登場人物たち+銀の薔薇の動機(モチーフ)当てクイズなんて、先生がピアノを弾きながらやってくれちゃうhappy01。わたくし、観たことない作品なのになんとなくわかってしまう、その理由を楽譜を示しながら教えてくれるわけですpencil。例えば若いオクタヴィアンの動機は“上がってるup、攻めている”、成熟した色気の元帥夫人(マルシャリン)は“くにゃくにゃして下がってるdown、不協和音で表情が豊富になる”とかね。なるほろ~~confident。この、リアルタイムでピアノを弾きながら「もしここがこーだったら、どぉですか?」とか「こーだったら?」とかって解説してくれるのがものすごーく分かりやすいsun。銀の薔薇の動機は、本来の調性から外れた音を多用することで、この世ならぬ神秘的shineなものを表現するって部分を、本来の調性の和声とで弾き比べてくれると、ほほぅぅ~~ってなもんですnotes。このほか、主要な曲も楽譜に沿って易しく解説してくれるので、ものすごく納得できるの~note


で、参考映像として、2009年1月にバーデン・バーデン祝祭劇場で上演されたものを収録したDVDcdを見せてくれたんだけど、これがまたすごくステキな舞台で~happy02。マルシャリン役ルネ・フレミングさんは名前は聞いたことがあったけど、歌は初めて聴きました。いやー、すごくイイですねーlovely。神は二物をお与えになったようで見た目もエレガントboutique。オクタヴィアン役のゾフィー・コッホさんとの二重唱がとんでもなく美しいdiamondshine。このふたりの組合わせ(年増kissmark+若者horse)の方が、最後にくっつくふたりの組合わせ(若者horse+娘ribbon)よりビジュアル的にピッタリ来たのよね、わたくし的にはsmile。だって娘・ゾフィー役のソプラノさん、ゴッツイleoんだもんbleah。飛び飛びの再生だったので、このDVD、通しで観たいですねbell


定員50人の教室はほぼいっぱいfull。岩河先生もひょーひょーとした魅力ある方cuteで、そのボキャブラリーというか、話す言葉の選び方がわたくしにとっては新鮮でしたnew。音楽家が音楽について語る言葉karaoke。惹きつけられますconfident


それにしても参加されてる方々は、わたくしのようなオペラ初心者というよりは、たぶん歌っていらっしゃる方が多かったようで、モチーフをみなさんで歌ってみましょー、なんて先生がおっしゃると、もーここはオペラハウスかッsign02(オーゲサsmile)ってくらい発声が全然違う方が多くてcoldsweats02。わたくし、とーぜん、口パクemptysweat01sweat01


もしまた機会があれば、今度は難解なオペラに挑戦impactしてみたいですね。って、挑戦するのは先生かbleah。タハsweat01

|

« フルート レボリューション Vol.3 | トップページ | 阿部博光 フルートリサイタルシリーズVol.9 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

この記事、見てませんでした〜sweat01面白そうですねflairバロック講座のヒントになります!岩河先生、確か作曲家でらっしゃるのですよね。「作る」視点で見ると、ホントに音楽ってジャンル関係なく楽しめますよね。次回は私もお聴きしたいですshine

投稿: よこよこ | 2015/02/02 23時36分

よこよこさまtulip

こちらへもコメントありがとうございますhappy02

この講座があるというのを知ったのは、全く偶然だったんですが、そういう情報ってなかなかゲットし難いんですよね。いろんな垣根を越えたポータルサイトみたいのがあるといいのになー、っていつも思うんですが…think

投稿: かまど姫 | 2015/02/03 22時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213530/60677656

この記事へのトラックバック一覧です: さっぽろオペラ祭 オペラ分析講座:

« フルート レボリューション Vol.3 | トップページ | 阿部博光 フルートリサイタルシリーズVol.9 »