« チェンバロ体験講座 | トップページ | 上野星矢 フルートリサイタル »

2015/02/09

北の文人・立ち話 高山美香イラスト原画とエッセイ展

Img350Img351_2はわ~~dash。ほんとにたいしたもんですワhappy02。ちまちま人形の高山美香さんが、朝日新聞夕刊北海道版に3年間連載された「北の文化人 立ち話」(北海道ゆかりの文学者96人の伝記と逸話を紹介するイラストとエッセイ)96回分の原画展。市立小樽文学館に行って参りましたーbusshoe


高山さんのオモシロさは既に了解ズミでしたけど、今回はそのお仕事ぶりの一端を拝見して、その水面下での壮絶なご努力thunderに心から敬服いたしました次第ですconfident。展示場は狭いんだけど、96回分(+ボツ原稿??)の原画と、この連載のための取材メモmemoのほか、制作ツールart、ちまちま人形出張用専用箱present、動画cd(これがうまく再生されてなかったんだけど…sweat01)も展示されていて、高山ファンとしては実に嬉しいつくりgood。で、この取材メモというのが、メモなんつー軽ーいもんぢゃゼンゼンなくて、とにかくボーダイな量なわけです。細かい字でビッシリ埋め尽くされる紙、紙、紙…coldsweats02。年表まで作成していて、その人物をマルっと全部知ろうという凄まじいまでの誠意を感じますcrown。これを1人あたり1週間で上げていくんですよ。いや、ほんと、まさしく“プロ”の仕事です。1回あたり550字とイラスト、その洞察力のスルドさthunderは、こういう妥協のないプロ”の仕事の上に成り立っているわけですねーshine。スゴイfuji


今回の展示では、番外編の描き下ろしイラストもありまして、こちらもどえらくオモシロかったですhappy02。鷲巣繁男さん(わたくし全く知らないヒトですがcoldsweats01)、「おしるこ10杯食べたらダタ」に惹かれて挑戦したら……………「吐く」…の、絶妙の間up。爆笑thunderhappy02thunder。もはや天才の域ですワcatface


Img353_2そして、この日は夕方5時から1時間ほど高山さんのトークkaraokeもありまして。これまた大爆笑happy02。初めてお会いした時はちょっと会話をさせていただいただけで、すごくパワーpunchのある方だなーと思いましたけど、トークもウマいbell。この連載の裏話から、ちょっとフシギな体験の数々、父ヒロシの話、修学旅行の「わかさいも」の話…。高山さん、話の組み立て方とか実に巧みなのよねーwink。ここでしかお話しません、なんてゆーちょっとヤバーい話coldsweats01も聞かせていただいたりなんかして、めっちゃくちゃ楽しいひと時でございましたclover


で、ナニゲにオモシロかったのは、このトークイベントでMCkaraokeをされていた、この文学館の学芸員の方(?)。高山さんの“”への愛をシミジミと感じましたよ、わたくしheart02。片側の展示ケースにビッシリと貼り止められた取材メモの展示についての彼の感想にはハッflairとさせられましたね。初期の頃のものはところどころイラストpenなども認められてまだ余裕を感じさせるんだけど、終わりの方に近づくにつれひたすら文字だけになっていく。そこにこの学芸員さんは、高山さんがどんどん追い詰められていく様子wobblyを感じ取り、「もう高山さん、ヤバいbearing。」と思った、と。でも、96回まで来たんなら100回までやらせてくれればいいのに、ともsmile。そして、高山さんは実はまだまだ何人も取材準備をしていたのだ、と。学芸員さんのその朴訥ながら熱意のこもった話しぶりに、ちょっとわたくしジーンとしてしまいましたweep。めちゃ明るい高山さんsunだけに、その背後での壮絶な闘いthunderの毎日に想いを馳せると切ないキモチになるのと同時に、尊敬の念をますます深くしたのでしたconfident。NHKの「プロフェッショナル 仕事の流儀」で取り上げられてもいいくらいだわよdiamond


一緒に付き合ってくれたコーハイNちゃんも、「面白かったですsign01ちまちま人形、もっと見たいーsign01」と言ってました。機会があったらぜひ見てねーtulip


Img352_2というわけでなんとこの展示会、7日~8日限定(確か)でお土産つきheart。高山さんの消しゴムハンコがミッシリ印刷された「自由紙」。これまたカワユイ心遣いデシタhappy01

(小樽編続く~)

|

« チェンバロ体験講座 | トップページ | 上野星矢 フルートリサイタル »

アート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213530/61109017

この記事へのトラックバック一覧です: 北の文人・立ち話 高山美香イラスト原画とエッセイ展:

« チェンバロ体験講座 | トップページ | 上野星矢 フルートリサイタル »