« 2015年2月 | トップページ | 2015年4月 »

2015年3月

2015/03/29

「中原の虹」1~4巻

う~む、浅田ファンのわたくしとしては100%ド真ん中とは言えないかな~cloud。「蒼穹の昴」の続編。浅田次郎氏著book


重層的な構成を巧みに織り込む手腕はさすがにお見事~shine。「蒼穹の昴」から描かれていた乾隆帝とカスティリオーネのシーン、本書から描かれる清の勃興時のシーン、それらを本流の清末の描写と絡めて、清朝の誇り高い愛新覚羅の精神fujiが植民地主義の大国に踏みにじられていく様が、瑞々しくもリリカルに描かれていてホント脱帽bell。最初期のダイシャン→乾隆帝→西太后と受け継がれたスピリットが否応なく押し潰されていく空しさweep。「蒼穹の昴」でもそうだったんだけど、この“眠れる獅子”に注がれる著者の深い敬意の念が溢れかえる作品なのよ。しかし、この大陸の“誇り高い精神”は今やどこに行ってしまったんでしょーねーbearing


しかしながらわたくし的に100%マンゾクとは言えない要因は何かと考えてみると、その深い敬意の余り、西太后や袁世凱をデキスギ君に描き過ぎてるってコトかしら~smile?袁世凱は、世評的にはワルもんなんだけど、その裏には実は深い思慮があった(これは西太后も同様なんだけど)って描き方なのよね。この袁世凱は、浅田さんもオモシロがって描いてて、読んでると彼への愛が感じられちゃうくらい愛嬌があるcatface。何度噴出したことかhappy02dash。まぁ、でも実際にはこれほどイイもんぢゃなかったと思うんだけどもね~smile


それと全編の主人公、張作霖もカッコ良過ぎかなぁ~coldsweats01冒険活劇のヒーローみたいになっちゃってて。この満州の精神を継ぐヒーローが龍玉を手に入れた意義はよくわかるだけに、その後の経緯もちゃんと描いて欲しかったワdown。龍玉を譲られた張学良はどうなったのか。物語の中でこの伏線が収束した場面がないのは、浅田小説としてはいかにも中途半端な印象なのよね~typhoon。長城を超えんとするラストは、ダイシャンたちが長城を超える場面とシンクロしてめちゃカッコよかったけどwink


あと、ヤラレた~~って思うのは、浅田さんの“こども”を描く筆pen。「蒼穹の昴」の時からありとあらゆる“こども”を描写するシーンで、いちいちわたくし泣いてしまふのcrying。もーあざといまでの切なカワイイ描写chick。ちくしょーッsign01


というわけで、全体的にちょっとロマンティック過ぎると感じるのは、わたくしが年を取って薄汚くなってるからだわね…weep

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/03/24

Chiharu TACHIBANA Flute recital series Vol.18

150323tachibanaいんや、もー、エクセレントすぎるぅ~~shinebellshine。サブタイトル「~フルート・デュオの楽しみ~」。チョー・ウルトラ・ハイレベルupupのデュオ、もったいなくも、1000(せん)%楽しませていただきましたーッhappy02sign03


さすが師弟、息ピッタシnote。音色も双子のようで、どっちがどっちかわからないくらいcoldsweats02。DNAの二重螺旋構造のように絡まったりsign05、バチバチ火花散ったりimpact、そりゃーもー、ほとんど命を謳歌する格闘技punchbombthunder


Img382前半最後の曲、ラッボーニ「ダンクラの主題による華麗なるデュオ ホ長調 Op.42」では、工藤先生のソロパートで、横で聴いている立花先生のホントーにシアワセそーcatfaceでウレシそーhappy01なことsign01歌いまくってノリノリnotesの工藤先生、クライマックスでオクターブ上?フルート最高音?を鳴らして、客席も大喜びッhappy02sign01もーsign01タノシすぎるーッhappy02impactsign01ちなみにゼンゼンカンケーないですけど、「ダンクラ」と言えば、「男子だけのクラス…略してダンクラ…」を思い浮かべてしまうのは、わたくしだけではないでしょうsweat02。シツレイしました…coldsweats01


モーツァルト「デュオ ホ短調 KV.310(300d)」では、立花先生のシルバー、いい音でした~confident。聞く所によるとこの日のための特注品らしいのですが、とにかく軽快cloverでキラキラshineしくて、モーツァルトにはすっごく合ってましたねーhappy01


デュエットだけでなく、それぞれのソロも2曲ずつありました。これがまたスンバラシくて~~lovely。技巧的なものだけでなく、しかしそれだけに、演奏者の人間としての深みが現れるパフォーマンスがジワジワくる演奏でしたsun。モシェレス「協奏的変奏曲 ニ短調 Op.21」ではピアノの山田さんの激ウマ演奏も聴けましたcrown。いつもいつも思うんですが、山田さんのピアノは、ホントーにフルートという楽器を熟知しまくった上の演奏なのですよね。ステキ過ぎ…heart04。立花先生の音ももちろんなんですけど、先生の先生はさらにマーヴェラスdiamondshineでした。チャイコフスキー「「6つのロマンス」Op.6より第6番~ただ憧れを知るもののみが…~」には、またもやわたくし、ヤラレましたthunder。…ナミダweep…。曲目解説にこのゲーテの詩の概要が載せられているんですが、その世界をマルッfullと映す演奏で。得も言われぬ硬軟のニュアンスの変化。なんですかねー、もー、これはー、神の領域ですよねーbell。ハァ~ありがたや~、ありがたや~fuji


その工藤先生、ご自身のリサイタルでは超フリーダムなMCkaraoke&おやぢギャク炸裂thunderですが、さすがに“スペシャルゲスト”のお立場では自重されていらしたようでしたが、クーラウ「3つのグランド・デュオ Op.39より、No.1 ホ短調」では、「本番は初めてなので面くーらう。」(爆sign01)。しかしこれが初見大会の曲なんですか…sweat02。でも、相変わらずの“下から目線smile”の応答がもーたまらなくオカシくて、ほんとーにラブリーchickなんですよね~~catface。演奏家さんですけど、「工藤先生とお弟子さんたちのトーク・ライブ」っての、ぜひ見てみたい~~catface。DVD出ないかな~~catface。どこかで企画してくれませんか~~catface


客席には、見覚えのあるプロのフルーティストさんがたくさんいらした演奏会、本当に胸いっぱい幸せいっぱいの2時間でしたsign01立花先生、ありがとうございました~~happy01heart02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/03/22

札幌フルート協会presents 第8回スペシャル・コンサート「うた」

Img381 一晩でいろんな個性の演奏が聴けて、1粒で何度もオイシいrestaurant札幌フルート協会のスペシャルコンサート、今年も行って参りました〜happy01。と言っても仕事終了後に猛ダッシュdashだったので、新曲の冒頭にすべりこみ〜〜〜せー……ちょっとアウトcoldsweats02sign02


な、カンジだったので、北海道作曲家協会の久保田翠さん作曲「フルート四重奏のための3つの歌」は、ゼーハーsweat01しながら。なのでイマイチじっくり聴けなかったんですが、さすが札幌フルート協会の四天王crownshine(立花さん、高殿さん、大倉さん、八條先生)、北海道の春のかそけき訪れcherryblossomを、美しく儚く表現されていたように思いますbell。も一度、水鏡のような心持ちで拝聴したいものでございますwink


3、4曲目のトリオは、お三人(末次さん、佐藤さん、渡辺さん)の音質が調和していてものすごくココチよく響いてましたconfident。特に4曲目バッハ「目覚めよと呼ぶ声が聞こえ」は、デュエットでわたくしおさらい中pencilだったので興味深く聴かせていただいてear。ほんとにシンプルなメロディラインsign05なのに、トリオになるとめくるめく音の渦ウズに…typhoon。3人のやさしい音が柔らかく重なって“目覚めよ”というよりウットリ…lovely


後半1曲めの委嘱作品、星義雄さん作曲「春の小姫の踊歌」、キャッピキャピnotesの小姫チャンribbonってイメージより若干シブめjapaneseteaで、ちょっと伊福部さんを彷彿とさせる曲調。わたくし、スキですheart02。相当お悩みになったようですが、“小姫”の選語、ナイスですわよhappy01good。ところで星さん、さては「ちびま○子」のファンでいらしゃいますねsmile


グリーグ「過ぎにし春」も良かったです〜note。歌の意味はちょっぴり哀しいweepものだけど、穏やかな美しい旋律cuteで、フルートの中音から低音部の艶やかな深みを堪能させていただきましたconfident


そしてラスト、「宇野浩二編 日本民謡集」。いやー、日本人の血が騒ぐぅぅ〜〜impact。めちゃカッコよかった〜〜happy02。ソロの、特に女性陣が良かったですねーsun。雰囲気バッチシでgood。日本の民謡を吹くと、西洋楽器でもみなさんビミョーに尺八みたいな吹き方になるのがオモシロいのよね〜catface。低音の響きも良かったし〜up。ほんと、この編曲、マジでスバラシいbellshine


札幌フルート協会のスペコンは、聴かせていただくのはわたくし2回目ですが、自分がどんな演奏が好きか、どんな曲が好きか、改めて知らしめてくれる良い機会を与えていただいているように思いますconfident。それと、北海道作曲家協会の作曲家さんたちの新作newが毎年聴けるのも楽しみですしhappy01。こういう新作、ぜひ録音cdして発表していただきたいですねnote

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/03/20

ポロゴチャーム

Rimg0004_2先日定期公演を開催されたnotes木管五重奏団ウィンドアンサンブル・ポロゴちゃんribbonの差し入れ用に制作したチャームnote。ポロゴちゃんのオリジナルキャラクターをシェイプドステッチで作ってみたんだけど、いっちばんムズカシかったsadのがホルンさん。ビミョーなフォルムを小さめのザックリデザインに落とし込むのには限界があった…sweat02。というわけで、なんとなーくスワロフスキーのキラキラshineshineでごまかしちゃえーッdashsign01なイキオイで、ポロゴさま、申し訳ございませんweep…。精進しマス…sweat01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/03/13

「原発ホワイトアウト」

いやはや、オモシロくもオソロシい作品だったワーsweat02。現役霞ヶ関官僚だという、若杉冽氏著book


原発の巨大な利権に集(たか)る下品で浅ましい政財官の世界を描いた小説なんだけど、なぜか一部実名だったりcoldsweats01、実在のモデルの名前をもじってあったりcoldsweats01、とか、ブラックジョーク的な側面もあって、アソビの要素もあるんだけど、良心派官僚としての憤懣やるかたない怒りannoyも充分感じられる、なんとも不思議な魅力があるのよねーgood


大部分は、原発再稼動をめぐる電力会社と官僚、政治家の暴露もので、これが本当に事実なのだとすると、もー、脱力…ってゆーか、税金払うのがバカバカしいってゆーか、日本人をやめたくなるdowndown。ま、たぶん、実際はこんなことなんでしょう…gawk。こんなオロカな政治家連中のために税金yenが投入されてるのかと思うとホントハラ立つannoy。こんなデタラメな大人どもが「先生」と呼ばれてるんだから、“鬼畜少年”が生まれてもゼンゼン不思議じゃないわよangry


小説の中では、狡猾に、陰湿に裏で工作しまくる電力会社と、そのおこぼれに預かる官僚と政治家、鈍な国民のおかげで、ドシドシ原発が再稼動dangerされ、テロの標的flagになってまたまたメルトダウンimpact、ってゆー展開。でもこれって、まさに今実際に進んでいることと考え合わせると、パラレルワールドなんじゃないかと思う。コワすぎshock


確かに小説としての技術レベルは高くはないしcoldsweats01、オロカな民衆に対する上から目線eyedownwardrightも滲んでたりもするけれど、ラスト、テロが実行された後のパニックtyphoon描写は、ちょっと筒井康隆を彷彿とさせて「お、ヤルなcatface。」ってカンジ。フクシマのことを考えると不謹慎なんだけどもね。


そんな中、わたくしドキッsweat01としたフレーズがありまして。『国の政治は、その国民の民度を超えられない。こうしたこと(既得権益側が国会議員を使って行政に圧力をかけ、法制度や事業の内容を我田引水に変質させること)が当たり前のように行われていることを許している国民の民度は、その程度のものなのである。』 まさしくflairsign01よその国のことをあーだこーだ言えるほどエラくはないのよ、日本人も。


今週、あの震災から4回目の3.11を迎えて、テレビ番組ではとってつけたように特番を流してたけど、わたくし、そーゆーの、偽善的ウサンクサさが漂っててすごーくイヤなのよねー。だけど、たまたまお茶碗を洗ってたのでチャンネルを変えられなくて、否応なく見てしまったワンコーナーがあって。原発事故後、お母さんとふたりで親戚の家を泊まり歩いて避難生活を送っていたという現在20歳の娘さんの話でした。事故前から癌を患っていたお母さんは、生活のため、娘さんと離れて仕事のある福島で治療を続けながら暮らし、週末ごとに5時間かけて車で会いに行っていた。でもそれから1年余りで亡くなってしまい、娘さんはひとりぼっちになってしまった。「どうしてこんな目に遭わなければならないの?」と彼女は言う。それはッsign01この50年以上に亘って蔓延ってきたバカな政治家のせいなのよッannoysign01そしてそんなバカどもを「先生」と呼んできたバカな国民のせいなのよッannoysign01ま、もちろん全員が全員そーだとは言わないけども。で、その娘さんは、いろいろあって今は少し元気になったけれど、お母さんへの語りかけの最後の「次に会うときにはたくさんおしゃべりしようね。」っていう言葉に、ドニュメンタリーではめったに泣かないわたくし、ドワッと来ちゃった…cryingcrying


…それにしても、若杉さん、原発再稼動反対の立場にある新潟県知事を守りたかったというのが、この小説を書こうとした動機だとおっしゃっているようだけど、こんなヤバいコト描いちゃって、若杉さんご自身の命はダイジョーブなのかしらsign02…なんて書いてたら、今度は沖縄県知事のことがシンパイになってきた…。う~~bearing

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/03/09

第7回 木管五重奏団 ウィンドアンサンブル・ポロゴ 定期公演

Img355なんだか今年のポロゴちゃん、エレガントなレディーboutiqueってカンジだったワーhappy01。昨晩、ザ・ルーテルホールにて行われた定期演奏会、聴きに行って参りましたーshoe



今回のテーマは、ハンガリー&ドイツ。シブイjapaneseteacatfacesign01 前半はハンガリーの作曲家たちの作品を3曲。ハンガリーといえば、周囲の大国に蹂躙されてきた苦難の歴史を持つお気の毒な国のイメージがあってweep、それだけに、音楽にも民族的な響きを感じちゃうのよねー。そんな中でも2曲目リゲティ「6つのバガテル」は現代もの。初めて聞く曲で、どこで終わるのかもよくわかんない曲でしたけどcoldsweats01ヒジョーに面白かったですbell。大島さんのMCkaraokeにもありましたがとっても緊張感thunderが漂う曲で、聴いてるだけのわたくしも筋肉が硬直thunderしたりなんかしましたが、管の小編成ならではのカラミやヒビキが独特のテイストで、現代曲のアンサンブルの楽しみをまたまた教えていただきましたpencil。あー、わたくしも現代曲、なんとなくスキになってきたカモ~sign01フフフ~~catface。で、次の曲、ファルカシュ「ラヴォッティアーナ」が、このリゲティさんの先生の曲だそうなんですけど、先生と弟子でこーも作風が異なるものかとビックリcoldsweats02。先生の曲はちょっと古風な薫りspadeが漂う安心安全がモットー、ってカンジですねwink。でもこーゆー曲、ホッとしマスspa


Img356後半は重厚なドイツfuji。前半のカジュアルなお衣裳から一転recycle、全員黒のドレッシーな装いboutiqueに変身heart02。ステージに現れたとき、わたくし、思わずおぉーっと小声で歓声をあげてしまったワーhappy02。なんせわたくしの中では、ポロゴちゃんといえばカワユイ砂糖菓子cake(だけどガッツリカッコイイgood)のイメージなので、なんだかすっかりステキおねぃさんheart04になっちゃって、「お父さん、ちょっぴりサビシイ…weep。」…ぢゃなくて、ちょっとマブシくてshine。で、そんなエレガントなお衣裳でまたまたヒンデミット「小室内楽曲」を男らしく演奏されるわけですよsmile。特にファゴットの濱田さん、ますます頼れるオトコpunchになってるぅ~~(濱田さんはステキ女子です、念のためsmile)。ホントにフレッシュcloverでヤング(死語…sweat02)な音ですよねhappy01。いや、ホント、みなさん、カッコよかった~~lovely。ラストのブラームス「ハイドンの主題による変奏曲」も、やっぱり山田美穂さんの編曲がナイスですよねぇ~crown以前の公演でも感じましたけど、それぞれの楽器の使い方がもーバッチシimpactsign01スバラシい~~shinesign01


さて、今公演ではわたくしにとっては、初めましてnewのホルン松村さんがご登場shine。すっかりポロゴちゃんワールドにシックリなじんでいらっしゃいましたね~note。低音部をゴワッと支えていらして。実はわたくしヒソカに楽しみにしているメンバーさんのMCkaraoke、松村さんのお声が聞けなかったのと、演奏ポジションが“お誕生日席”(byご一緒いただいたSさんhappy01)じゃなかったのを拝見すると、かなりシャイなお方なのでしょうかconfident?でも松村さん、旭川でカフェ&アンティークのお店「treffen」も営業されているようで、そちらの方もわたくしキョーミシンシンheart04なのでございます。旭川はわたくしの第二のふるさとでもございますし。遊びに行きますねーcarbustraindash


あ、1コだけ、要望が。プログラムに曲の簡単な解説があるといいなぁ~と思っていましてsweat01。木管アンサンブルの曲はたぶん、ブラバンなどの経験者はよくご存知なんだと思いますが、わたくしのような後追いパンピーは未知のものが多くて。シクシクweep。今さら、ですがsmile


というわけで、毎年定演を開催するだけでも大変なことなのに、毎回木管アンサンブルの楽しさと、色んな姿を見せてくれるポロゴちゃん、今回もありがとうございました~&お疲れさまでした~happy02heart02。次回も楽しみにしてますぅーup

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/03/04

「あなたの町の生きてるか死んでるかわからない店探訪します」

いやー、めちゃくちゃオモロかった~~happy02impact。菅野彰さん著book、立花実枝子さん絵art


わたくしの後輩が、自分が住むマンションの1階のレストランがコワい…shock、と言う。店は開いてるようなんなんだけど、色ガラスを透かして見る店内は、いつ見ても客がひとりもいない…とshock。こういう店を決死thunderの覚悟で探訪したレポートがこの本smile


予想通り、「死んでる」店が何店か出てくるんだけど、その「死に具合」がスゴいdanger。かなりソーゼツ…sweat02。この通りなんだとすると、なぜ営業許可が下りてんのかわかんないくらいban。ダメだろー、なカンジwobbly。当局は立ち入り検査すべしthunder


しかしこの本のオモシロさは、黒グルメリポートにある、というよりは、この命知らずの突撃punchimpactを敢行した菅野さんと立花さん、それと趣旨賛同及び非賛同ながら共に取材する人間たちの心持ちというか、ココロの有り様なんぢゃないかとわたくし思うのよね~happy02。飲食店レポート以外のエピソードも爆笑bombで、特に4コママンガ担当の立花さんが、あまりにケナゲで抱きしめたくなっちゃうのよーcatface。お2人のマンガキャラがかわいいネコcatとして描かれてて、茶ネコの立花さんが、激マズっつーか、後でリバースするほどの料理をナミダ目weepになりながら頑張って食べてる絵なんて、もーカワイソ過ぎてカワイイchick。人生、頑張って生きてるのねー、って。そういう人は応援したくなっちゃうワsun


菅野さんの文章は初めて読んだけど、女性のこーゆー語り口、わたくしスキなのよねーsmile。マンガ家の荒川弘さんみたいなカンジ。で、ちょっと調べてみたらBL系のライトノベルやコミックスの原作を書かれてるんですねーgood。今市子さんなんかともお仕事されてるよーで。なるほどup。立花さんともども、メインのお仕事の方も覗いてみようかしらーhappy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年2月 | トップページ | 2015年4月 »