« 「あなたの町の生きてるか死んでるかわからない店探訪します」 | トップページ | 「原発ホワイトアウト」 »

2015/03/09

第7回 木管五重奏団 ウィンドアンサンブル・ポロゴ 定期公演

Img355なんだか今年のポロゴちゃん、エレガントなレディーboutiqueってカンジだったワーhappy01。昨晩、ザ・ルーテルホールにて行われた定期演奏会、聴きに行って参りましたーshoe



今回のテーマは、ハンガリー&ドイツ。シブイjapaneseteacatfacesign01 前半はハンガリーの作曲家たちの作品を3曲。ハンガリーといえば、周囲の大国に蹂躙されてきた苦難の歴史を持つお気の毒な国のイメージがあってweep、それだけに、音楽にも民族的な響きを感じちゃうのよねー。そんな中でも2曲目リゲティ「6つのバガテル」は現代もの。初めて聞く曲で、どこで終わるのかもよくわかんない曲でしたけどcoldsweats01ヒジョーに面白かったですbell。大島さんのMCkaraokeにもありましたがとっても緊張感thunderが漂う曲で、聴いてるだけのわたくしも筋肉が硬直thunderしたりなんかしましたが、管の小編成ならではのカラミやヒビキが独特のテイストで、現代曲のアンサンブルの楽しみをまたまた教えていただきましたpencil。あー、わたくしも現代曲、なんとなくスキになってきたカモ~sign01フフフ~~catface。で、次の曲、ファルカシュ「ラヴォッティアーナ」が、このリゲティさんの先生の曲だそうなんですけど、先生と弟子でこーも作風が異なるものかとビックリcoldsweats02。先生の曲はちょっと古風な薫りspadeが漂う安心安全がモットー、ってカンジですねwink。でもこーゆー曲、ホッとしマスspa


Img356後半は重厚なドイツfuji。前半のカジュアルなお衣裳から一転recycle、全員黒のドレッシーな装いboutiqueに変身heart02。ステージに現れたとき、わたくし、思わずおぉーっと小声で歓声をあげてしまったワーhappy02。なんせわたくしの中では、ポロゴちゃんといえばカワユイ砂糖菓子cake(だけどガッツリカッコイイgood)のイメージなので、なんだかすっかりステキおねぃさんheart04になっちゃって、「お父さん、ちょっぴりサビシイ…weep。」…ぢゃなくて、ちょっとマブシくてshine。で、そんなエレガントなお衣裳でまたまたヒンデミット「小室内楽曲」を男らしく演奏されるわけですよsmile。特にファゴットの濱田さん、ますます頼れるオトコpunchになってるぅ~~(濱田さんはステキ女子です、念のためsmile)。ホントにフレッシュcloverでヤング(死語…sweat02)な音ですよねhappy01。いや、ホント、みなさん、カッコよかった~~lovely。ラストのブラームス「ハイドンの主題による変奏曲」も、やっぱり山田美穂さんの編曲がナイスですよねぇ~crown以前の公演でも感じましたけど、それぞれの楽器の使い方がもーバッチシimpactsign01スバラシい~~shinesign01


さて、今公演ではわたくしにとっては、初めましてnewのホルン松村さんがご登場shine。すっかりポロゴちゃんワールドにシックリなじんでいらっしゃいましたね~note。低音部をゴワッと支えていらして。実はわたくしヒソカに楽しみにしているメンバーさんのMCkaraoke、松村さんのお声が聞けなかったのと、演奏ポジションが“お誕生日席”(byご一緒いただいたSさんhappy01)じゃなかったのを拝見すると、かなりシャイなお方なのでしょうかconfident?でも松村さん、旭川でカフェ&アンティークのお店「treffen」も営業されているようで、そちらの方もわたくしキョーミシンシンheart04なのでございます。旭川はわたくしの第二のふるさとでもございますし。遊びに行きますねーcarbustraindash


あ、1コだけ、要望が。プログラムに曲の簡単な解説があるといいなぁ~と思っていましてsweat01。木管アンサンブルの曲はたぶん、ブラバンなどの経験者はよくご存知なんだと思いますが、わたくしのような後追いパンピーは未知のものが多くて。シクシクweep。今さら、ですがsmile


というわけで、毎年定演を開催するだけでも大変なことなのに、毎回木管アンサンブルの楽しさと、色んな姿を見せてくれるポロゴちゃん、今回もありがとうございました~&お疲れさまでした~happy02heart02。次回も楽しみにしてますぅーup

|

« 「あなたの町の生きてるか死んでるかわからない店探訪します」 | トップページ | 「原発ホワイトアウト」 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213530/61251446

この記事へのトラックバック一覧です: 第7回 木管五重奏団 ウィンドアンサンブル・ポロゴ 定期公演:

« 「あなたの町の生きてるか死んでるかわからない店探訪します」 | トップページ | 「原発ホワイトアウト」 »