« 「てらさふ」 | トップページ | 「モダン・タイムス」 »

2015/04/29

「予期せぬ結末2 トロイメライ」

井上雅彦編、チャールズ・ボーモント著の短編集book。『意想外の設定と冴え渡るラストのひねり。稀代のアンソロジスト・井上雅彦が贈る、海外異色作家短篇シリーズの第二巻』(Amazon作品紹介より)。こちらはさすがに、“異色”でした…sweat02


海外ドラマファンtvには、「ミステリーゾーン」の脚本家として知られている作家さんだそうですが、いや、確かにこれはスゴいcoldsweats02。ホラーものもSFものも、独特のテイストがあるのよねー。このカンジ、わたくしスキheart02。設定も描写も、その創造性はぱねぇ~デスgood。細部まで書き込まない余韻を残す“結末”もアタマの良さshineを感じさせますねspade。なので、アタマの悪いわたくしには、イマイチピンと来ない作品もあったりしたんだけどcoldsweats01、きっとこれって何度か読んでるうちにキターッimpactsign01ってなるのよね、きっと。それまで頑張るか…smile


ボーモントさん自身は、若年性アルツハイマーで38歳で夭折したそうで、その最期は激しい老化を見せていたとかweep。まさに彼の人生そのものが彼の作品だったのではないでしょうか…mist

|

« 「てらさふ」 | トップページ | 「モダン・タイムス」 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213530/60437866

この記事へのトラックバック一覧です: 「予期せぬ結末2 トロイメライ」:

« 「てらさふ」 | トップページ | 「モダン・タイムス」 »