« 「予期せぬ結末1 ミッドナイトブルー」 | トップページ | 「予期せぬ結末2 トロイメライ」 »

2015/04/22

「てらさふ」

ふ~むthink。なんともやるせない読後感rain。朝倉かすみさん著book


「自分がまがいものであることは承知の上で、スーパースターになって2010年代を疾走することを夢想する堂上弥子(どうのうえやこ)。耳の中で鳴る音に連れられ、どこかに行きたいというきもちがつねにうねっていた鈴木笑顔瑠(すずきにこる=ニコ)。北海道の小さな町で運命的に出会ったふたりの中学生は、それぞれ「ここではないどこか」に行くため、一緒に「仕事」で有名になることを決める。」(Amazon商品紹介より)っていう内容。


仕事」で有名になっていく過程は、細かくてスルドいthunder心理描写が積み重なって結構オモシロいokんだけど、最終的に収束していくラストがなんだか無難なカンジなのよねーthink。まぁたぶん朝倉さんが優しい人budだからなんだろーなー。でも“女性作家”だからちょっと毒dangerも入れとかなきゃってってカンジ?って、ちょこっと弥子(ゴーストライターの小説家としてブレイクしちゃう)、入れてみましたsmiledash


ニコの「耳の中で鳴る音」ってゆーの、すんごく面白いモチーフだと思ったのにgood、それが落着くところは全然フツーでつまんないdespair。フツーだわよ、フツーpoutannoy。ニコ自身も『小さいあくびがでる』って言ってるから、これからきっともっとぐわーッupsign01っと破壊的なる人生になるのよね?ニコは。


で、懲りない弥子ちゃん。“まがいもの”として「てらさふ」(「自慢する」「みせびらかす」ことだそう)ために、どんな手段をとっていくのか…。…はぁ…先が思いやられるワーsadsweat02

|

« 「予期せぬ結末1 ミッドナイトブルー」 | トップページ | 「予期せぬ結末2 トロイメライ」 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213530/60443840

この記事へのトラックバック一覧です: 「てらさふ」:

« 「予期せぬ結末1 ミッドナイトブルー」 | トップページ | 「予期せぬ結末2 トロイメライ」 »