« ウィンドアンサンブル ドゥ・ノール 第25回定期演奏会 | トップページ | フォリア 熱狂のスペイン »

2015/05/22

「珍姫の井戸」

いや~、浅田次郎さんらしい甘いロマンの薫りが漂う作品でした~happy01。「蒼穹の昴」の続編、というよりは「外伝」的なニュアンスかな~clover


「蒼穹の昴」が終わった直後が物語の舞台で、義和団事件に端を発した動乱の最中、紫禁城の中で美貌の側室、珍姫が井戸に投げ込まれて命を落とす、という事件が発生した。誰が何のためにどんな風に、の謎を究明すべく、列強諸国のうち4国の代表が関係者の聞き取り調査を開始する…。


っていうよーな、最初からファンタジックな舞台設定になっていて、結構楽しく読ませていただきましたgood。芥川の「藪の中」スタイルなので、それぞれの立場の人間が自分の都合で話をする。これぞ、小説家の面目躍如notes。浅田さんの想像力が楽しげーに翼を広げてマスcatface


まぁ、話されている内容や言葉遣いなど、登場人物の立場なんかを考慮に入れると額面そのままに受け取っていいものかどうかちょっと迷うところではあるけど、素直に読めば、女性やコドモ、宦官などの立場的に弱い人たちへの温かな思いheart01は相変わらずジワジワと感じられますhappy01。それと、“中国”という国やその“皇帝”への、敬畏の念shineもすごく伝わって来ますねconfident。遥か昔五千年の歴史を持つ大国。まぁ、今の中国がそういう敬畏の念にバッチシ値するかどうかは別にしてsmile


多くの民族や名もなき民草の想いを圧死してきた大国の中で、懸命にそれぞれの生を全うしようとする人々へのまなざしはいつも忘れない浅田文学。わたくしはスキですheart04

|

« ウィンドアンサンブル ドゥ・ノール 第25回定期演奏会 | トップページ | フォリア 熱狂のスペイン »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213530/60628653

この記事へのトラックバック一覧です: 「珍姫の井戸」:

« ウィンドアンサンブル ドゥ・ノール 第25回定期演奏会 | トップページ | フォリア 熱狂のスペイン »