« 「珍姫の井戸」 | トップページ | 昔も今も、こんぴらさん。~金刀比羅宮のたからもの~ »

2015/05/30

フォリア 熱狂のスペイン

Img391昨年、フレンチ・バロックの佳曲を聴かせてくれたレ・ポムポムの第2回演奏会、昨晩札幌市教育文化会館小ホールに聴きに行って参りました~shoe


“フォリア”とは、イベリア半島が発祥の舞曲で、“熱狂”という意味もあるそう。スペインなので、なんとなくフラメンコみたいなものを想像していたんだけど、さすがクラシック、“奥ゆかしい熱狂”ってカンジでしたね~happy01。スペイン特有の敬虔さ、というものもあるのかも知れませんねspade


Img393_2前半は3曲。どれもバロック的なフンイキの中にスペインの香りが漂うカッコイー曲ばかりheart02。特にラストのジェミニアーニ「合奏協奏曲 コレッリのラ・フォリアによる」は、古典的な雰囲気の中、緩急がウネるtyphoonように綴られる曲で、ウットリlovelyしたりドキドキbombしたり。古楽的な奏法だと思いますが、弦のつや消し的な“ソワッ”とした(どんな音だcoldsweats01)ソフトな音色がわたくし結構スキですね~good。トゥリーナ「闘牛士の祈り」も少数精鋭でステキでしたーshine。冒頭からまさに“マタドール”ってカンジtaurus。命を懸けた闘いの日々thunderとそれだからこその静謐な祈りの時間nightと。ひとりの孤独なイケメンマタドールが脳裏に浮かびましたワcatface。1曲目のジュリアーニ「スペインのフォリアによる変奏曲」は、やっぱスペインはギターよねーッsign01な一品。竹形さんの演奏はヒジョーに端整diamondな印象でした。生真面目な性格でいらっしゃるんでしょうかconfident。しかし、ちょうどギターに反射する光線thunderで目くらまし攻撃に遭っちゃって大変デシタbearing


後半はリテレス「オペラ「四大元素」より」。第1回目にもルベルのバレエ音楽「四大元素」が取り上げられていたので、バロック時代は「四大○○」がブームだったんですねーhappy01。ルネサンス期には絵画artのモチーフにもよくなってますもんね。は、ともかく、ゲスト陣が豪華ですーーbell。お久しぶりにお目にかかります、の真貝さんと針生さん。針生さんの美声shineは既に札響定演で存知上げておりましたが、一鐵さん(何てお読みするんですかsign02)と村中さんも良かったですぅ~good。村中さんの柔らかくて包容力あるメゾ、めちゃ癒されました~spa。針生さんのドレスもキラキラがウツクシ~~shine。ウットリ~~lovely。そしてわたくしにとってはおなじみ、バリトン・中原先生smile。いつもよりちょっと固かったcatface?最後、4人での合唱は迫力あってスバラシかったです~~fuji。そして、真貝さんの流れるカスケードのようなカスタネットsign01今にも踊り出しソーでsmile。赤い蝶ネクタイもイケてましたねーgood。弦と管の対比onも面白くて、管の音がもーなんとも言えずバロックsign01ってカンジなんですよねー。フシギですねー。ってか、そういう風に奏でていらっしゃるんですよね。スゴいーーnotes。で、ちょっとザンネンだったのは、一鐵さんの譜面を持つ手が上に上がりすぎて、前の方に座っていたわたくしからは完全にお顔が隠れちゃうことが多くて、せっかくの美声が遮られがちだったってことですね。それとやっぱりオペラでは、対訳が欲しいところです。中原先生が楽しく解説してくださいましたが、歌詞はひとつひとつが大切だなぁ、と最近思ってましてconfident


前回のほわわんribbonとしたフレンチ・バロックと比べると、今回はちょっと哀愁が漂いつつも翳のある骨太なスペイン・バロックってカンジでしたねconfident。音も力強かったpunchですし、安定していたと思います。前回わたくし、文句ブーたれてしまいましたが(スミマセンsweat02)、チューニング待ちもほとんどなくて、快適に聴かせていただけましたhappy01


あと、プログラムの出演者のコメントも面白かったですね~happy02Q.あなたを熱狂させるものは?のお答えが、それぞれの“人となり”をしのばせて、ナイスな企画でしたup。思わずプッdashとなるコメントもあって。わが師匠、さすが“ふな嬢・ミナコ”ですhappy02


Nec_0005フレンチ、スペインと来て、次はどんな切り口でまた新たな発見flairをさせていただけるのか、次回の公演も楽しみにしてますーapple

|

« 「珍姫の井戸」 | トップページ | 昔も今も、こんぴらさん。~金刀比羅宮のたからもの~ »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213530/61669784

この記事へのトラックバック一覧です: フォリア 熱狂のスペイン:

« 「珍姫の井戸」 | トップページ | 昔も今も、こんぴらさん。~金刀比羅宮のたからもの~ »