« ペーター=ルーカス・グラーフ フルートリサイタルin札幌 | トップページ | 「それでも日本人は原発を選んだ」 »

2015/08/29

~昭和音楽大学 道内出身~ 学生と卒業生によるコンサートin札幌

Img411はぁ~、やっぱり“人間の声”は全てをモッて行っちゃいますね~~dashhappy02。昨晩、わたくしの旭川時代の笛の先生、南加奈子先生cuteにご案内いただきまして、ザ・ルーテルホール、行って参りました~shoe


すでに道内出身の卒業生が600人にもなるという昭和音大。プログラム前半は在学生さんと今春の卒業生さんの演奏、そして後半は卒業されてン年(ン十年smile?)、プロとしてご活躍されているセンパイさんたちの演奏でしたnotes。いやー、こーゆー趣向も面白いもんですね~happy01。在学生さんたちと卒業生さんたちの違い、さらにプロとして経験を積まれている方たちとの違い。ハッキリわかりますもんねーflair


3人の2年生ちゃんたちに3年生ちゃんがおひとりchick。専門教育ってスゴいもんですconfident。皆さんほんとお達者なのよbell。とにかく若々しいッbudsign01ちょっとチカラpunch入り過ぎかcoldsweats01ってゆーのもまたヨロシ、ってカンジでhappy01。みなさん、演奏し終わった後のほぅ~sign05っていう安堵のため息がなんともウイウイしいですねclover。で、今春の卒業生さんたちは、そこから更に技術や表現力をつけて、ちょっと余裕が感じられますup。ピアノの中者あゆみさんは、ショパンの「バラード第4番 へ短調 作品52」を演奏されましたが、祖国への想いを抽象的に表現した作品で、ちょうどショパンが夏にはジョルジュ・サンドと別荘で過ごしていた時期に書かれたものっていう解説を読んで、平野啓一郎さんの「葬送」を思い出して、思いっきりヒタりながら聴かせていただきましたconfident。とぉーっても良かったです~shine


そして後半のプロフェッショナル部門diamond。いやー、さすがの貫禄でございましたよーcrown。南先生のムチンスキー「フルートとピアノのためのソナタ 作品14」は、いつものように気合の入ったimpact演奏で、伴奏の佐藤勝重さんと共に難しい変拍子をピシッthundersign01と合わせられて、めちゃ楽く聴かせていただきましたhappy02。4年生の時に吹かれた曲だそうですが、当時はどんな演奏だったんでしょうねーhappy01?昨晩のコンサートでは出演者さんはそれぞれの演奏前に軽くMCkaraokeをされてたんですが、南先生ってば、完全に大学広報ウーマンでしたね~~smile。客席前列に座っていた高校生ちゃんたちをヒタと見据えて、ご自身の留学体験を絡めながら「昭和音大では頑張れば願いは通じるッsign01」と力強くおっしゃってましたhappy01。いや~、先生のガンバリはスゴいですから~confident


で、最後に全てモッて行っちゃったのが、ソプラノ高橋雅子さんboutique。ベッリーニ「オペラ《夢遊病の娘》より“ああ、信じられない”」。さすが、現役バリバリのオペラ歌手は、表現力がダンチfuji。歌い出すまでは緊張がこちらにも伝わってきましたが、そこはそれ、歌い出したらもうヒロインribbon。恋人に誤解され悲しみに沈む歌、誤解が解けた後の歓喜の歌。スバラシかったですね~shine。最後はもー、どこまで上がってっちゃうのーupsign02状態の高音、アミーナちゃんってば指輪ringもらってどんだけうれしーんだッsign02ですね~~catface。そしてピアノの橘田由希乃さん。わたくし、トレパルで2度ほど拝聴して、とってもスキな音~~heart04って思っていたピアニストさんなんです~happy01。実は昨日、南先生の演奏を聴かせていただいたら帰ろっかなーなんて思ってたんだけどcoldsweats01、当日、プログラムをジックリ見ていたら、あれ、橘田さんだflair。しかもラスト。こりゃ聴かねばなんないベサon。というわけで、これまでなかなか都合が合わず聴けなかった橘田さんの純粋クラシック。いやー、キましたよーimpacthappy02。やっぱりすごくスキlovely。オペラアリアのソリストを盛り立てる絶妙の押し引き。“人間の声”のニュアンスって全ての楽器において最も繊細shineだから、それをフォローする伴奏って一番難しいんじゃないかと思うんだけど、橘田さんのはほんとに全身全霊で寄り添う音楽ですねーconfident。ホント、わたくしホレ直しましたヨ~~heart02


というカンジで、演奏会自体はとっても楽しませていただいたんですけどgood、もひとつ、わたくし衝撃impactを受けたものがありまして。“もの”ってゆーか、“オバちゃん”なんですけどもsweat02。わたくしのナナメ前に座ってたオバちゃん、ものすごい自由な行動をされてましてcoldsweats01。出演者のMCkaraokeには「ん~、ん~~confident」と相槌を打ち、特にへぇと感じたフレーズには「わぁsun」と言いながら大拍手impact。カワイイ出演者には「カワイイわね~ribbon」と感想をもらし、心の中の声を全部音声に出してる。ふーん、すごく応援してるんだーと思ったら、なんと演奏が始まると全然聴いてないcoldsweats02。まず靴を脱いで、もらったチラシをカサカサいわせながら床に敷いて足をのっける。まーここまではよくある。次、カチッと言わせてケータイのフラップを開き何度もメール受送信。バッグからデカいシステム手帳みたいなのを出して絵葉書状のものになにやら書き込みpencil。ノートもパラパラいわせながらめくってなにやら書き込みpencil。もちろんアメちゃんも、包み紙をパリパリいわせながら開けて口の中にポイsign05。次に絆創膏を取り出し、シャリシャリいわせながら包装シートを剥き、それを足に貼る。この時、通路を挟んだ隣に座っていた白髪の紳士がナニゲにそれを見て、次いでビックリcoldsweats02して二度見eyeしてるのを見て、わたくしヒソカに大爆笑してましたimpacthappy02。その間、学生ちゃんたちが一生懸命演奏してるのにゴメンナサイねーーsweat01。休憩が終わって席に戻ってきたら、その手には紅茶(?)の缶。演奏が始まってもぐいぐい天を仰ぎながらupdown飲んでる。で、南先生の演奏が終わったとたん、急に中腰で立ち上がって通路ににじり出る。もしやステージに上がる気なのかッcoldsweats02sign02と思ったら、ステージ手前でぐいっと曲がって空いていた最前列へ移動。いやー、見てて飽きない生態。そこからはわたくしの視界からはハズれてしまったのでザンネンながらフォローできなかったけど、いったいあのオバちゃんは何者だったんでしょーかgawktyphoon

|

« ペーター=ルーカス・グラーフ フルートリサイタルin札幌 | トップページ | 「それでも日本人は原発を選んだ」 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213530/62177140

この記事へのトラックバック一覧です: ~昭和音楽大学 道内出身~ 学生と卒業生によるコンサートin札幌:

« ペーター=ルーカス・グラーフ フルートリサイタルin札幌 | トップページ | 「それでも日本人は原発を選んだ」 »