« 「三国志 Three Kingdam」 | トップページ | ~昭和音楽大学 道内出身~ 学生と卒業生によるコンサートin札幌 »

2015/08/26

ペーター=ルーカス・グラーフ フルートリサイタルin札幌

Photo初めて拝聴したグラーフ氏、とても御年86歳とは思えないcoldsweats02パワフルimpactかつ柔らかなcute音色でした~~lovely。昨晩、 札幌サンプラザコンサートホールにて開催されたリサイタルnotes



時々オーバーブロウdashになるのも気にしない豪快な吹きっぷりimpact。かと思えば、はぁぁ~とため息dashが思わずもれるようなピアニシモのなめらかな滑りheart02。たぶんご本人的には不本意でしょうが最初はどーしても“このご高齢でcoldsweats02sign01”って思っちゃいます。でも最後の方はもー年齢はカンケーないワ~ッてカンジhappy01。っていうか、長年のキャリアとこの体力が合体したら向かうところテキなしでしょーfuji。ホントに自由に、己の思うがままに音楽を存分に楽しんでいらっしゃる様子がよぉぉぉーっくわかりますhappy02



プログラムもモーツァルトからジョリヴェまで幅広いもので、1曲目のモーツァルトの「フルート・ソナタ ハ長調KV14」なんか、アマデウスが8歳頃の作品でもんのすごく可愛らしい曲cloverなんだけども、それをまたウイウイしくはずむみたいに演奏しちゃうhappy01。カワユイchick。最後のバルトーク「ハンガリー農民組曲」はめちゃカッコよかった~~happy02。エスニックな雰囲気をヨユーの出し引きで表現shine。しかし、ジョリヴェの「『5つの呪文』より(D)~(E)」の後は、楽屋で酸素マスクをお付けになってたのではないかdangerと、わたくしヒソカにシンパイいたしましたsmile


いやー、それにしてもグラーフさん、とにかく佇まいがカッチョイイッcatfacesign01本物のジェントルマンってフンイキspade。最初、ステージにご登場された時は、長身のヒト特有のおじーちゃん歩きに、ほっそーくてなっがーい手足にイカメシいお顔立ち、照明の加減で、まるで荒川弘さんのマンガに出てきそーなコワいおじーさんで、わたくしちょっとビビリshockましたが、そこで“あの”モーツアルト。あらflair?ってなカンジになって、そのうち、その気合入りまくりthunderの演奏姿に、「中世の騎士(ナイト)clubってこんなカンジだったんじゃないかしら~lovely?」状態。だってぇー、ピアニストの女性の手を取ってレディ・ファーストする様子、ものすっごく自然でキレーなんだもーんcatface。白いカマーバンドから下がるアクセサリー状のものも、なんだかわかんないけどステキheart04


そしてわたくしも、指と肺と腹筋を動かし続けていれば、認知症知らずいられるdiamond、という超明るい光sunを目の当たりにし、割りと近い未来の希望fujiを抱くことが出来ましたhappy02…って、あれ?ちょっと違うsweat02

|

« 「三国志 Three Kingdam」 | トップページ | ~昭和音楽大学 道内出身~ 学生と卒業生によるコンサートin札幌 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213530/62160338

この記事へのトラックバック一覧です: ペーター=ルーカス・グラーフ フルートリサイタルin札幌:

« 「三国志 Three Kingdam」 | トップページ | ~昭和音楽大学 道内出身~ 学生と卒業生によるコンサートin札幌 »