« 「死の淵を見た男 吉田昌郎と福島第一原発の500日」 | トップページ | ペーター=ルーカス・グラーフ フルートリサイタルin札幌 »

2015/08/20

「三国志 Three Kingdam」

三国志 Three Kingdoms 第1部-董卓専横- ブルーレイvol.1 [Blu-ray]

むおー、めっちゃくちゃ面白かったーッimpacthappy02sign032010年、中国で制作された「三国志」のテレビドラマtv。会社のセンパイが貸してくださったBDcd、全95話、約1年かけて鑑賞いたしましたーッimpactpunchsign03


メイド・イン・チャイナ”といえば、雑ッbearingsign01な印象だけど、このドラマ、とにかくレベル高ッupupsign03ものすごく繊細な人間ドラマに仕上がってるのよ~~shine。わたくし、何度号泣したことかcrying。日本人が見てもちょー満足の心理描写good。そして、小説ではネガティヴな人物として描かれているキャラクターにも尊厳を与えていたり、軽めな役割の人物にも深い背景を与えて生きたキャラクターとして描いていたり、ほんとーにすごくウマい作りなのよね~diamondshine。ホント、(中国製だけどsmile)感心しましたconfidentheart01


印象深いシーンはたっくさんあるんだけど、まずは呂布と貂蝉のエピソード。めちゃ情熱的なラブロマンスheart04として描かれてて、これはこれですっごくイイ物語になってますgood。お次が孫堅が亡くなるシーン。兄孫策を叱るしっかり者の弟孫権。号泣cryingcrying。それから陳宮を処刑したあとの曹操の芝居。号泣cryingcrying。官渡の戦いの前、曹操に大敗した劉備が何もかも捨てて逃げるrun途中自分の無力さを嘆き悲しむシーン。これ、笑うトコじゃないんだけど、わたくし大爆笑happy02dashしちゃった。最近わたくし、劉備ってものすごい“大勘違い男”だったんじゃないかって思うようになってきたので、真剣なシーンではつひつひ笑っちゃうcatface。あまりに滑稽でsmile


は、ともかく。次soon。劉備が孫権の妹ribbonを娶るエピソードにからんで、孫小妹(妹)と呉国太(母)との情愛溢れるシーン。号泣cryingcrying。一方、呉にムコ入りしちゃったら二度と戻れないのではないかと危惧する諸葛亮と劉備の対話シーン。諸葛亮の劉備に対する深い敬愛heart02がビッシビシthunder感じられるの。このドラマの諸葛亮って、劉備のコトが超超大好きheart04heart04で、劉備が苦悩する場面ではほんとに悲しそうな顔するのがタマンないのよねーhappy02。で、劉備って、そういう自分を慕う部下のキモチを弄んでるフシがあるcatface。己の苦悩する様子を見せ付けて、ちゃっかり自分の腹の底の願望を実現させてるんだなー、これが。はらぐろーshadowsmile。益州を取る時、龐統 先生が劉備に間違えられて射殺される、っていうのが「演義」なんだけど、このドラマでは龐統先生の考え抜かれた犠牲的精神によるもの、という演出に変えられていて、これまたウマい作りだな~confidentと深く感銘を受けたけど、これも劉備のハラグロ疑惑がハゲしく強化されたシーンsmile


そして周楡が死ぬシーン。あまりにも諸葛亮が憎過ぎて死ぬ間際まで七転八倒しながら嫉妬する様子が壮絶ーthunderthunder。もーコワすぎshock。この直前に周楡と魯粛が語り合う場面があるんだけど、ここでの魯粛役者さんの芝居がめちゃくちゃスバラシい~~shineshine。魯粛と周楡の温かい関係性spaが垣間見えるとってもじぃぃ~~んとするイイシーンconfident。周楡といえば、妻である小喬を劉備討伐の戦場に連れて行ってて、なぬーッcoldsweats02sign02チャラチャラしおってからにーッsign01ってプンプンpoutしながら見てたんだけど、この小喬ちゃん、最後にめちゃイイ動きをしてくれましたねーgood。で、死ぬシーンと言えば、袁術さんの最期も尊厳ある描き方で演義とは全然違うけど、これもアリだなー、とok。監督さんの群雄に対する愛heart02を感じさせますねー。それは従兄弟の袁紹の描き方も同様で、すごく人間味があってよかった~happy01


そして漢中進出の際の張飛と馬超の激闘impact。その前の許褚VS馬超のバトルthunderもスゲーcoldsweats02と思ってたのに、それを更にオオハバに上回るupup、ナイターnightにまでなったものすごい闘いsweat02。これまでもドラマの戦闘シーンはどえらい迫力だったんだけど、このふたり、もやは人間でないcoldsweats01。スゴすぎるーshock


そしてその後にやってくる関羽の最期。自刃する演出なんだけども、ここのカメラワークmovieもめちゃくちゃよかったshineshine。まずは頭上からのカメラでずずーんimpactと倒れる様子、次には横たわる頭側から抜いて、大将軍関羽の大往生を表現してました。スバラシい~~bellshine。曹操が死んじゃった後は、なんだかツマんなくなっちゃったんだけどbleah、「死せる孔明、生ける仲達を走らす」のエピソードでは、いつも沈着冷静な司馬懿がベッドの上で転がりrecycleながら悔しがるのがカワイくてーpenguin。 


いやー、ほんとに俳優たちがスバラシいッshinekissmarksign01こんなにイイ役者さんたちが中国や台湾にはいたのねーsmile。遠い昔、「覇王別姫」くらいしか見たことがなかったので、わたくしかなりの衝撃impactを受けました。キャラクターにバッチシ合ったキャスティングもお見事で、よくもこんなにイメージぴったしの役者を選んだもんだ、ダツボー、なワケですhappy02。その中でわたくし的にちょっと不満だったのは、関羽役かな~。ちょっと見た目、貧弱なカンジなのよね…despair。だって関羽って上背が2メートル以上あったヒトなのに…。その点、張飛役の役者さんは、上半身裸になるシーンがあったんだけど、いやー、もー、ものすごい筋肉ッsign01ビックリしたーッcoldsweats02sign01あの蛇矛をブンブン振り回すrecycledashにはこれくらいのチョーブ厚い胸板じゃないとダメだわよねー、をまさに地でいくカンジgood。彼らの兄貴分、劉備さんにも役者魂を見ましたhappy01。孫小妹とのラブラブライフheart04の時には顔パンパンになるくらい肥えてたのに、晩年に関羽と張飛が死んで弔い合戦になる頃にはゲッソリ。劉備の息子、劉禅クンもピッタシhappy02。呂布役者さんは、イケメンだけどちょっと頭悪い系なところもこれまたピッタシsmile。どの映像ものを見てもサワヤかナイスガイcloverの趙雲さんも、真っ直ぐの視線がマブシいイケメンsun。ステキーlovely


孫権さんもお母さんに頭の上がらない様子がコミカルなんだけど、しぐさと目線がビシッthundersign01と決まってカッコイイheart04。でもこの孫権像、子供の時はエライ神童shineだったのに、大人になってからは若干考えが浅いカンジなのは何故なのかしら~despair?魏軍では、司馬懿。もー何を考えてんだか全ッ然わかんない底知れぬ人物像。最後曹爽をブッツブすimpactシーンはかなりカッコよかったけどねgood。わたくし的には唯一好みではない人物だったかナーwobbly


あと女優陣がめちゃくちゃ美女揃いkissmark。貂蝉に始まって、大喬&小喬、孫小妹、呉国太さまさえもsmilesign01ラストに出てきた静妹もビックリするくらいの美女coldsweats02


あと、わたくし個人的にスキなフンイキの役者さんだったのは、荀彧さんと馬良さん(白眉の由来のおヒト)lovely。武将では呂蒙さん。なんかカワイイchick


印象的な役としてはまず献帝crown。曹操にガッツシimpactpunchヤラレてる時のヨダレ垂らすほどの衰弱ぶりはスゴかったーcoldsweats01。錦馬超shineといわれる馬超さんの戦闘お衣裳もウツクシかったーspadeshine。白金の鎧がマブシーshine。ラスト近くで孔明と戦う曹真、マンガみたいで面白かった~happy02dash。司馬昭さんは、トヨエツにしか見えなかったしsmile。全体的に南国の呉軍は白っぽい戦闘衣裳で、オシャレなのよね~up。いいわぁ~note


それと日本語の吹き替えもものすごくいいッhappy02sign03もーどれもキャラにビッタシ合った大満足のキャスティングfujisign01特に曹操役の吹替え・樋浦勉さん(2時間ドラマでたまーに拝見しますhappy01)、マーヴェラスshinediamondshine曹操の魅力の全部を余すところなく表現してましたup。あと諸葛孔明ね。ツヤツヤの美声heart04。阿斗ちゃん=劉禅の声は古谷徹さんで、飛雄馬やアムロともオーバーラップしてなんともイメージが膨らみますsmile


そして音楽もスバラシいのよーdiamond。チャオ・チーピンさんという中国映画音楽の第一人者のようで、明確にテーマ設定された楽曲の数々が物語を盛り上げるup、盛り上げるupup。オープニングとエンディングの歌も、「三国志」の世界観を余すところなくばびっthunderと表現した曲と詩で、ほんとーにお見事なのですfuji


あー、こんだけ語っても語りきれない魅力が溢れ返りまくってるwaveドラマ「三国志」、センパイYさん、教えてくれてありがとうございましたーッhappy02happy02sign03

|

« 「死の淵を見た男 吉田昌郎と福島第一原発の500日」 | トップページ | ペーター=ルーカス・グラーフ フルートリサイタルin札幌 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213530/61408784

この記事へのトラックバック一覧です: 「三国志 Three Kingdam」:

« 「死の淵を見た男 吉田昌郎と福島第一原発の500日」 | トップページ | ペーター=ルーカス・グラーフ フルートリサイタルin札幌 »