« 第1回 偲ぶ日の講演会 山口淑子(李香蘭)を偲んで | トップページ | 「アトロシティ」 »

2015/09/12

工藤重典 アニバーサリーフルートコンサート フルートと共に50年

Img413いやー、ほんとに工藤重典さんのフルートは、何度聴いてもハラの底がジワワ~~っとあったかくなるぅ~~sunheart02confident。このとびっきり魅力的な音楽noteは、工藤さんにしか作り出せない唯一無二のものなのよね~~shinediamond。昨晩Kitara小ホールにて、お嬢さんのセシリアさんとの共演で行われたリサイタルnotes。工藤さんの生まれ故郷での父娘公演で、会場もなにやらアットホームspaなフンイキでしたね~happy01


前半はクレメンティ「フルート・ソナタ ト短調」、モーツァルト「ソナタ ヘ長調 K.376」、シューベルト「ソナチネ第1番 ニ長調」と、カワユラシいcute曲が続き、フルートという楽器からイメージされる、まさに鈴をコロコロさせるような流麗な演奏bell。こーゆー一見ヤサシ気な曲をグイッsign01と“聴かせる”のはめちゃくちゃ難しくて、それが出来るかどうかが“持ってる”(古ッsweat02sign01)演奏家かそうじゃないかの違いだと思うわけです。しかも、後の2曲はフルートがオリジナルじゃないのにもかかわらず、最初からそうであるように聴かせる。わたくしなんかほとんど知識がないので、そうだと思って聴いてたもんね~。デヘcoldsweats01


しかし、工藤さんの真骨頂fujiはやっぱり後半のフランスものwine。“五感で感じる”フレンチの曲たち。マジ、スバラシすぎるんデスshinediamondshine。工藤さんの、特に中音部の音色って、もーなんとも言葉にし得ない、果てしなき深みと幅を纏ったものなのですよー。そしてこれまたあり得ないくらいの柔軟性up。ドビュッシー「子供の領分 より「小さな羊飼い」」「前奏曲第1集より「亜麻色の髪の乙女」」「子供の領分 より「ゴリウォークのケイクウォーク」」なんて聴いてると、その最初のフレーズから、クロード・モネartの、たくさんの色彩を抱いて揺らめく、あるいは太陽の光を反射して煌めく水面がぶわわ~~ってわたくしの周りに広がっちゃってhappy02。音楽を聴くと絵画がイメージされ、絵画を観ると音楽が響いてくる。これって真にスバラシいものは、その根底に同じ本質がヒソんでるってことだと思うのよねーconfident。それは音楽や絵画だけに限ったものではなくて、一見何の関係もなさそうな分野の作品に、その同じ本質を感じた時の悦びってなにものにも変えがたいfuji。それが芸術作品に触れることの面白さなのよねー。は、さておき、まったく、あのしょーもない“おやぢギャク王crown”の工藤さんが、なにゆえ、このようなステキ過ぎるshine音楽を奏でる表現者たり得るのかッsign02…と、ここまで考えて、ハタflair、と思い至ったコト…。モーツァルトと一緒ダッimpactsign03天真爛漫ッsunsign03ここにも“同じ本質”があったッflairsmilesign03


で、一度演奏を聴いてみたいな~と思っていたセシリアさんribbon。さすが、ヤリますねーuphappy01。ドビュッシーの繊細な陰影もとっても良かったしぃーheart04。隣に座ったアンサンブル友達のOさんと期せずしてユニゾンしちゃった「バレリーナみたい~~virgo」な超カワユイ真っ白なお衣裳でご登場happy02。ヘッドドレスとピアス、ビスチェドレスとストラップ、ブレスレット、シューズ(これもバレエシューズみたいなペタンコ靴)と要所要所をキラキラッshinesign01とカワユく輝かせながら、やわらかーい指さばき、腕さばきで演奏notes。工藤さんの50周年の記念リサイタルで、どうしてこのような選曲になったのか考えると、もしかすると「ウチの娘もよろしくねwinksign01」ってイミもあったのではないかと。本プロ最後のツェルニー「協奏的二重奏曲 Op.129」に特にそれがよく現れてたかな~って思ってhappy01。セシリアさんの、フランスもの(特に印象派)のプログラムをジックリ聴いてみたいと思いましたbud


Img416工藤さんご自身の出身地&余裕のプログラムってことで、またあの自由すぎるMCkaraokeが聞けるかしらと期待してましたがsmile、意外とマジメバージョンspadeで、ちょっぴりザンネンsmile。でも「最初にしゃべろうと思ってたのに、集中し過ぎて忘れました」なんておっしゃって、はー、世界の巨匠でもそーなのかー、でもなんかカッコイイし…catface。フライヤー裏に書かれてたコメントにも『ご来場の皆さんには、一杯楽しんで頂けるように懸命に演奏します。』って、巨匠、なんてカワイイんだーッlovelysign03やっぱりココロは少年penguinsmile


はぁ~、最後はやっぱりミーハーまる出しになってしまったワ…sweat02。ちなみにフライヤー裏の、誰もいない客席に父と娘がふたり、並んで座ってるスティールcameraがまたすっごーくイイのよね~~heart02happy01

|

« 第1回 偲ぶ日の講演会 山口淑子(李香蘭)を偲んで | トップページ | 「アトロシティ」 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213530/62268608

この記事へのトラックバック一覧です: 工藤重典 アニバーサリーフルートコンサート フルートと共に50年:

« 第1回 偲ぶ日の講演会 山口淑子(李香蘭)を偲んで | トップページ | 「アトロシティ」 »