« 第26回 札幌フルートフェスティバル | トップページ | 「ケモノの城」 »

2015/09/27

「「女子」の誕生」

あー、これもやっぱり読後、ムナシくなる本だったワ…down。甲南女子大学人間科学部准教授、米澤泉氏著book


米澤さんの著書は以前に読んだことがあるんだけど、内容はそこから1歩も出てない印象end。市民権を得た「女子」なるものを、女性ファッション誌の世界に限定したうえで、ご自分の主張を強化している、ってカンジかな。要は、「女子」とはいくつになろーが、立場がどーであろーが、着たい服を着て、したい化粧をする女性のことである、とribbon


女性が、これまでの社会慣習や規範から逃れて、あるいはそれらに抵抗するために、自分の好きな格好ができるようになってきた、ってのはもちろん素晴らしいことだshineと素直に思うけれど、それをこれほどまでにコブシを振り上げてrock青筋立ててthunder、畳み掛けるようにおんなじコトを何度も何度も何度も言うほどのことか、とも思うわけよねsweat02。確かに、若年期における影響力は大きいかも知れないけど、たかだかABCの公表印刷部数多くて数万部のファッション誌に、ひとりの人間が人生ブン回されてるtyphoonとも思えないんだけど、そーゆーもんなのgawk


しかし、せっかくの熱弁にもムナシさを感じるのは、奇しくも後書きや本文に出てくる「小保方さん」の事象に米澤氏の「女子」が象徴されてるような気がするからなのよね。つまり、男性中心の学術社会の中で彗星のごとく現れた「女子」小保方さんは、果たして“本物”だったのか、と。まぁ、“つくりもので何が悪い”ってのが米澤的“女子”本質なのだとすれば、小保方さんはまさに“女子”そのものってことになっちゃうんだけどねsweat02。あくまでも“本物”であることを主張し続けること、そして“まがいもの”と堕した評価、ってのも含めて、“女子”ってやつは…って世間的に思われたってことについて、米澤さんはどう評価されるんでしょう?いや、STAP細胞が本当にあるのなら、この段落はお詫びして撤回させていただきますけどもsmile


もひとつ、著者の矛盾を感じるのは、これほどまでに女性誌の効用を持ち上げておきながら、主婦雑誌『VERY』とその読者に対する視線の冷たさsnow。スゴイですよーcoldsweats02。『「結婚して子供を産んだらいつも幸せそうに見えなきゃいけない」―そんなことは百も承知なのが『VERY』の妻である。そもそも『VERY』な妻に「幸せ」かどうかを問うこと自体が愚問なのである。なぜなら、彼女たちは自覚的に身も心も「幸せ」のコスプレを纏っているのだから。』そして註の中で『アメリカでもハーバード大などの一流大学を出ながらも、大企業や官庁などに就職しない、あるいはそういった「エリート職」を捨てて、主婦になる若い世代が増加傾向にある。会社に使われない新しい生き方を目指す女性たちを、エミリー・マッチャーは『ハウスワイフ2.0』で描いたが、「ストレスのある高報酬より、ほっとできる暮らしをする」「ウェブ、SNSを使いワークシェアを利用する」など『VERY』な主婦と重なる面もなくはない。しかし、果たして『VERY』な主婦が、「ハウスワイフ2.0」のように「会社を選択的に離脱できているのか、自らが生き方を選択できているのかは、甚だ疑問である。』って、突然のものすごい上から目線eyedownwardrightsign01ビックリッimpactsign01いったい何があった、米澤さんッsign02


ってなことで、まー、どーでもいーけど、ファッションによって世の中が良くなるんならイイんぢゃな~い(ナゲヤリ)gawk

|

« 第26回 札幌フルートフェスティバル | トップページ | 「ケモノの城」 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213530/61567121

この記事へのトラックバック一覧です: 「「女子」の誕生」:

« 第26回 札幌フルートフェスティバル | トップページ | 「ケモノの城」 »