« 「アパリション」 | トップページ | 「私のいた場所」 »

2015/11/10

宝塚歌劇宙組北海道公演(2015)

Img425ぎゃわーhappy02impact、もー、わたくしコーフンdashし過ぎて吐きそう……bearing。昨年より更に大活躍のマイラブ組長・すっしぃさんがあまりにもシブカッコ良過ぎてーーーーッsign03一昨日、ニトリ文化ホールにて上演された宝塚歌劇宙組北海道公演、今年も観て参りましたーshoeup


いやー、お芝居の方のお役は組長さん向けの役柄でしたけど、すっしぃさん、お芝居も重厚なフンイキが出て来ましたねぇcatface。若い頃(シツレイッsweat01)は、少し軽めの声質なのでシブ好きのわたくしとしてはちょっと物足りないところがあったけど、年齢を重ねられて(重ね重ねシツレイッsweat01sweat01)イイカンジになってきましたcatface。口ひげの似合う濃いー役柄がこなせるようになりましたねーgood。しかもッsign01今回、わたくしのすっしぃさん観劇歴17年(そのうち10年間くらいは空白だケド…bleah)史上初の“チュー”シーンッkissmarkheart04sign01しかも、熱烈ッheart02sign01ビックリしたーッcoldsweats02sign03


そしてそしてッsign01ショーッimpactsign03わたくしもー、双眼鏡を覗きながら感涙にムセんでおりましたcrying。なんつっても、わたくし1998年宙組誕生の瞬間に立ち会っており、その時観た名場面がたくさんあるこの「シトラスの風」(Ⅲ)がまたすっしぃさんナマダンスで観られるなんて、全く信じられないほどの幸せッhappy02happy02happy02sign03懐かしくてトリハダ立ちっ放しッchicksign03特に第4場「ノスタルジア」では、なんとッcoldsweats02sign01準主役ッhappy02sign03昔と変わらぬ(ってまだそんなトシぢゃないっつーのsmileシュビッupdownsign01っとした立ち姿とキレのあるダンスにホレボレ~~lovelylovely。これ、大劇場公演だったら2番手とか3番手に当てられる役だと思うけど(初演では2番手のたかこさん(和央ようかさん)がやってました)、全国公演ならではの配役だと思うのよね。これをすっしぃさんに振ってくれた歌劇団に大感謝ですッcryingsign03いやー、コレを知ってたらわたくし、全国ツアーの追っかけをやったのにぃーッdashsign01せめて札幌公演だけでも全公演チケットticket取って、毎日ナメるように観たのにーッeyesign03もーわたくしったら、ヌカったわーッbearingsign01きぃーッpoutdashsign03


さて、正気を取り戻して全体的な感想をば。昨年に続いた宙組で、今年はトップとなって来てくれた朝夏まなとさん、やはり宝塚の正統派の男役dramaの様式をキチンと継いでくれている男役さんだワ、と改めて思いましたdiamond。歌もしっかり、声もよく、細かな動きにも美しいニュアンスがあってホントいいです~happy01。娘役トップの実咲凜音さん、相変わらず歌お上手でしたが、ちょっと声が荒れてましたねweep。ま、このおふたりはわたくしチラ見程度だったので、これ以上は語れませんsmile


正塚先生の「メランコリック・ジゴロ-あぶない相続人-」はもちろんタイトルは知ってましたが、観るのは初めて。正塚先生のコジャレたコメディ、楽しめました。なくてもよさそうな場面も時々あったような気もするけどcoldsweats01、ダニエルの妹(じゃないけど)フェリシアが登場してからのドタバタは傑作ですねhappy02。男女両方とも2番手さん以下みなさんちょっとリキみ過ぎthunderpunchなカンジはあったけどスタン役・真風涼帆さんもなかなかイイカンジでしたgood。あ、朝夏さん、伝統的な正統派男役だと先ほど書きましたが、お芝居ではナチュラルで現代っ子っぽいのも好感デスup。特にフェリシアとのやり取りは、正塚先生お得意の繊細な心情の交流を、細かい表情付けでウマく演じられてました。それにしても正塚先生の描く女性はカワイイ。色んなイミでイジラシい。ま、観る人によって好みは分かれると思うけどねwink


そして岡田先生のショー「シトラスの風Ⅲ」shine。わたくしが観た初演を地方公演用に改作したものでしたけど、傑作シーン「明日へのエナジー」をはじめ、エッセンスは充分に残されてましたsun。ショーでは、地方公演ならではの観客席との触れ合いもありましたねー。トップスターさんと握手できるなんてムラや東京じゃ考えられない演出もあって、ナイスですワfuji。最前列のお客さんが朝夏さんと握手したあと立ちっぱなしになっちゃって、それを、どーぞお座りになって、どーぞどーぞ、って歌いながらの手振りが朝夏さん、客あしらいコナレてるワー、ってカンジでオモシロかったーhappy01


去年はかなり前列の席だったのであんまり気にならなかったんだけど、今年、後ろの席から観てみると、やはりステージの照明は暗いですねdespair。ま、あくまでも宝塚の専用劇場と比べると、だけどね。それと、ロケットを観てて思ったんだけど、整列ダンスってゆーのか、ビシッと合わせる時には合わせるっつーダンスの力が弱まってる気がするdown。昔は相当キビシく担当の先生にヤラレてたはずなのに、なんかバラバラだった。足の上げる高さとか角度とか、全然揃ってないwobbly。舞台が狭いからなのかもしれないけど、フォーメーションの並びも美しくなかったng。ショーの流れでのダンスは、個性を競ってそれぞれの動きを堪能させていただくものだけど、ロケットはやっぱり基礎的で幾何学的な面白さを味わうものだと思うのよねー。基礎あっての個性


というわけで、最後はちょっとガッカリモードになっちゃったけどcoldsweats01、タカラヅカの更なる向上upのために苦言を呈させていただきました。しかし、マイラブすっしぃさんは永遠です(イミ不明)heart04heart02。来年も宙組が来てくれますよーにshine。って、わたくしがムラに行けってねcoldsweats01。ハイ、行くわヨ~~airplanedash

|

« 「アパリション」 | トップページ | 「私のいた場所」 »

ステージ」カテゴリの記事

タカラヅカ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213530/62646250

この記事へのトラックバック一覧です: 宝塚歌劇宙組北海道公演(2015):

« 「アパリション」 | トップページ | 「私のいた場所」 »