« クリスティアン・ベザイデンホウト フォルテピアノリサイタル | トップページ | 「宋家の三姉妹」 »

2015/12/20

札響名曲コンサート 札響の第9

Img441 またヤラレた…weep。第9の第3楽章冒頭shine。昨日、Kitara大ホールのマチネー公演、聴きに行って参りましたshoe



あまのじゃく
のわたくし、チマタで流行ることには乗っからないのを旨としている、わけぢゃないけどcoldsweats01、年末の「第9」は今まで聴きに行ったことはなかったのよねーsmile。それが、なにゆえ行く気になったかっつーと、指揮がマエストロ・ポンマーだからhappy02。Kitaraの大ホール、結構入ってましたね~~full。合唱を入れるとヒトが入るというのはホントだーcatface


で、ベートーヴェンの「交響曲第9番 二短調 op.125 「合唱付き」」、元々わたくし、第1楽章も第2楽章もかなりスキheart04なんだけど、昨日は第3楽章の冒頭、弦のやさし~~~い響きheart02cuteheart02にまたしてもウルウル~weep。乾燥しがちで目薬が手放せないコンタクト入りの目eyeも、これで一気にモイスチャーmist。ホントーにマエストロ・ポンマーの緩徐楽章はなぜこんなにもわたくしのココロを揺さぶるのかッcoldsweats02sign03思い返してみれば、前々回の初登場の時のモーツァルトから常に一貫して、わたくしヤラレてるのよねーweepweep。わたくしの弱点を熟知しているとしか思えない、マエストロ・ポンマーッsign01このフレーズを聴かせていただいただけで、もー来た甲斐があったというものですdiamondcrown。オケとしては何十回(何百回?)と演奏していると思われる「第9」でもとっても丁寧な、キモチの入った演奏でしたbell。あぁ願わくば、ホルンがもうちっと安定していれば…bearing。合唱団もモンクのつけようがなかったですね~~good前回「賛歌」の時、ちょっと物足りなく感じた男声も良かった~~up。これなら来期の「モツレク」(モーツァルトの「レクイエム」)もものすごく期待できそうで楽しみッhappy02heart04sign01ソリストではピンチヒッターのバリトン、甲斐栄次郎さん、朗々としたお声で印象に残りましたspade


さて、プログラムの前半は、新実徳英「古代歌謡-荒ぶる神・鎮める神~ソプラノ、尺八、打楽器、チェレスタ、弦楽オーケストラのための~」でした。先ほど書いたマエストロ・ポンマーの最初の定期でもその作品「風水-弦楽合奏、打楽器とチェレスタのために」が演奏された新実さん、マエストロのお気に入りの作曲家さんなんですねーhappy01。東日本大震災の後に書かれた作品だそうで、日本古来の精神性shineを感じさせる作品でしたconfident。チェレスタの音色が不可知な神秘性を仄めかして効果的fuji。マエストロの、ハンブルグでの世界初演の際でも歌われたソプラノ・市原愛さん、美しい方ですね~lovely。見た目だけでなく、荒れ狂う自然thunderを宥め治める巫女のような強くてハリのあるお声でしたup。お衣裳は大地を思わせる深い茶系にキラキラshine、斜めに切替えの入ったフリルたっぷりつきのドレスboutique。で、わたくし実は楽しみにしてた尺八なんだけどなんだかよく聴こえてこなかったのよね~weep。かなり前の方にいたわたくしでもこんなカンジだったのなら、3階の上の方ってどうだったのかしらdespair?それとも隠し味フレーバーってことだったのか…。う~、1回聴いただけではわからんーtyphoon。それとちょっと気になったのは、第1ヴァイオリンが若干バラケてたコト。ムズカシそうな曲だもんね~wink。演奏後、マエストロから呼ばれて作曲家の新実さんがステージにご登場flair。2曲聴いた印象からなんとなくトンガッたヒトthunderを想像していたら、全然違ってたsweat01。ヒトのよさソーな小柄なオジサン(わッ、シツレイなッcoldsweats01sign01)。休憩中、ホワイエをおひとりでふらり~とされていたのを目撃eyethunder。やっぱりイイヒトそーchick


札響の第9公演も初めて聴いたけど、毎年違う指揮者で同じ曲を聴き比べるってゆーのも面白いもんなんでしょうね~happy01。来年も休みが取れたら聴きに行ってみよーかなーtulip

|

« クリスティアン・ベザイデンホウト フォルテピアノリサイタル | トップページ | 「宋家の三姉妹」 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213530/62907103

この記事へのトラックバック一覧です: 札響名曲コンサート 札響の第9:

« クリスティアン・ベザイデンホウト フォルテピアノリサイタル | トップページ | 「宋家の三姉妹」 »