« 「闇に香る嘘」 | トップページ | 「新作能 紅天女の世界―ガラスの仮面より」 »

2016/01/11

Flute ! Flute !! Flute !!!

Jamusica20160110ひゃ~、いきなり豪華なメンバーshineで、わたくしの2016年最初の音楽ライブ鑑賞がスタートいたしました~onhappy02sign01パチパチ~~happy01impact。昨日のお昼、JAMUSICAでのフルート・大島さゆりさんのリーダーライヴnotes、聴きに行って参りました~~subway


昨年末のめちゃエクセレントなリサイタル&ライヴshineの印象が未だに鮮烈な大島さん、昨日は「さゆり2号」でのご登場smile。ほんでもって“豪華”たる所以は、フロントの3人が、札幌フルート界が誇る実力&美貌を兼ね備えた女性フルーティストshineだっつーことですッhappy02sign01八條美奈子先生と大倉まみこさん。言われてみればこのお3人が並ぶ姿を拝見するのは初めてですね~new。ごーぢゃすshine。そして、それにピアノとベースとドラムが加わってたんですが、全員うら若き女性ribbon。しかしsign01迫力impactございます。実力ありますrocksign01ナメんぢゃねーよ、ですpunchsign01


昨日はわたくし、わたくしの叔母の若い頃に雰囲気がそっくりでとてもアカの他人とは思えない(勝手にsmile)大倉さんかぶりつきの席chairだったもんで、目なんか合っちゃったらどーしよーちょっとハズいワ~catfaceなんて思いつつ、大倉さんのイロッぽいジャズ奏法をガン見eyeimpact。あの、何つーんですか?尺八でいうと“しゃくり”ってヤツですけど(ガハcoldsweats01、当然フルートでは“しゃくり”なんて言わないわよね~sweat01?)、大倉さんのそれ、めっちゃカッコイーのよーlovely。フレージングもフワリと余韻のある、やわらかくて優しいオトナの雰囲気。ステキheart04。そしてクラシック畑の八條先生、ライヴご出演は初めてとのことですけど、さすが、もー全ッ然イケてますbell。あとはアドリブに慣れられればビュービューsign05ってとこでしょうか(ごめんなさい~~sweat01、いつもながらナマ言っておりマスcoldsweats01)。大島さん、ほんとに聴かせていただく度にずんずん、自信に満ちあふれた演奏になっていって、すんごく充実されてますよね~confident


そして初めましてのお3人さんnew。みなさん、華奢なのにえらいガッツimpactrockある演奏なのです。ピアノの齋藤桃子さん、オトコらしい指サバキに加えペダルを踏む足がまた踊ってマスhappy01。もっと踏ませて踏ませてーッsign01ってカンジが全身で音楽やってる証拠ですね~wink。ベースの片山沙知恵さん、レースの襟がついたお洋服で見た目カワイラシいchickのに、ベースを弾き出すとぶぃんぶぃん、ブッ飛ばしますdash。宣伝タイムでも「どこかにチラシが…」などとちぃさな声で、んもぅ、カワユイんだからーッwinksign01隣でアンサンブル仲間のKさん「なんと奥ゆかしい…heart02」。そしてドラムの斎藤直美さん、いやー、女性のドラマー、カッコいいですねーspade哲学者のような僧侶のような静かな表情のままガッツンガッツンimpact行くのですよ。いやー、シビれますね~up。わたくし、斎藤さんを見ていて小曽根真さんのライヴに出てた高橋信之介さんを思い出しましたflair


というメンバーでジャズの定番やポップスの有名どころを演奏してくれたんですが、これ、全部フルート3本用にアレンジされてるんですよね?それもまたスゲーなのよね~coldsweats02。3本の音の重なりがホントにココチいい~heart02。それぞれ違う個性なのに美しく絡み合って、いや~サスガです~~fuji


で、ラストend、アンコールとして演奏されたジブリの名曲「君をのせて」に、わたくし、じぃぃぃ~んと来ちゃいまして、危うくナミダ出そうにweep。わたくし、初期の頃のジブリ作品チョーウルトラ大好きheart04で「天空の城ラピュタ」は2番目scissorsのお気に入りcherry。ちなみに1番は「風の谷のナウシカ」、ウヒcatface。ってゆーのもありつつ、フロントお3人のソロ部がスバラシくてshineshine、もーヤベーッhappy02sign01八條先生の美音noteに、わたくしの脳内は、あー、ラピュタだ~~~crown、天空だ~~cloud、状態にconfident。いや~マジによかった~heart02


大島さんのMCkaraokeも年明けからキてますッhappy02sign01今回は、大島さんの念願のリクエストにより実現したユニットだそうで、「こんなに大御所のおふたりと」と言った後、ハッcoldsweats02sign01となって「いえ、お年がすごい上っていうことではなく」わーッbearingsign01大島さん、泥沼にぃぃぃーーーッhappy02sign01スタートして2曲目の後「あー、やってよかったー、あ、早すぎますねsweat01。」そしてゲストへの突然の振りdash。虚を突かれてimpact八條先生「えッsign01今ッsign02」そんな流れに大倉さんの、民謡の合いの手のような絶妙なツッコミthunder。フロント三人がほとんど“かしまし娘”(古ッsign01sweat02)。一瞬、ここは寄席か?と思いましたよsmile。演奏が本物でお笑いもできる、これ、動画サイトmovieでアイドルになれるかも~smilesign02


そんなこんなでsmile楽しくも感動的だったライヴ、もし次回があるならば、夜にちょっとお酒wineでも飲みながらシットリ系も聴いてみたいですね~happy01

(冒頭の画像は、JAMUSICAさんのHPから転載させていただきました。)

|

« 「闇に香る嘘」 | トップページ | 「新作能 紅天女の世界―ガラスの仮面より」 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213530/63045954

この記事へのトラックバック一覧です: Flute ! Flute !! Flute !!!:

« 「闇に香る嘘」 | トップページ | 「新作能 紅天女の世界―ガラスの仮面より」 »