« 2015年12月 | トップページ | 2016年2月 »

2016年1月

2016/01/31

第三回 偲ぶ日の講演会 壬生義士伝 吉村貫一郎を偲んで

Img443きゃー、ナマ浅田次郎さんーーhappy02sign01面白かったーーhappy02sign03昨日のお昼、六花亭「きたこぶしホール」で行われた浅田次郎さんの講演会karaoke、聴いて参りましたshoe


「壬生義士伝」の吉村貫一郎についての話のはずが、まぁ名前が新撰組の役職者名簿に載ってるってゆー程度のヒトなので、どんなふうにこの作品を書いたのか、作家としてのイマジネーションの働かせ方の一端を、おもしろおかしく軽妙にお話してくれましたhappy01


下書きとなった作品を書いたのは、浅田さんが28歳の時で全く無名の時代の頃。戊辰戦争から60年経った昭和3年に「幕末ブーム」が起きて、子母澤寛の新撰組三部作が大ヒット。その中にほんの少しだけ描かれていた吉村貫一郎のエピソードに興味を引かれ小説化したいと思ったそう。この時出版社に持ち込んだけれど、ボツdespair。そのままお蔵入り。その後、直木賞を受賞crownしたとたん執筆依頼が殺到して、1年後、2年後の約束をさせられるんだけど、とにかく目の前の仕事をこなすだけで精一杯sweat01、『来年の約束は来世の約束』と思えるくらい大変だったそうです。そういえばこのあたりエッセーに書かれていたのを読んだことあったワ~book。しかし、生きている以上約束の日はやってくるsmile。あー、どーしよーwobbly。文春での連載は決まってる。『文春→「燃えよ剣」→司馬遼太郎→新撰組→ん?なんか昔書いたような………』ハッflairsign01柳行李をひっくり返してみたらあったっflairsign01読んでみたsign01面白いじゃんsign03直木賞作家である今や、取材行きたーいといえば速攻手配してくれ、なんか食いたーいといえば食わしてくれ、新幹線もグリーンに座らしてくれ、という身分になってたので、28歳の頃テキトーに書いてた盛岡の風景も実際に取材できた、なんてあたり、もー爆笑の連続impacthappy02


で、わたくしがこの作品でヤラれた一番の要因である「方言」についての部分も興味深かったワ~confident。別に共通語でもいいっちゃよかったんだけど、やっぱり方言を使いたかった。だけど、幕末の南部の下級武士が使ってた言葉なんてまったく見当もつかなかった。しかーしsign01盛岡に行くと、そういうことを研究している郷土史家が必ずいるsearch。その方々の力を借りて、毎週毎週FAXfaxtoでやりとりrecycleをして監修していただいたそうです。はぁぁ~~dash。そーだったのねーconfident。どーりでわたくし号泣cryingcrying。で、この方言というものに対する浅田さんの考えもなるほどなーってカンジでflair。『方言が滅びると気性も滅びる』。東京ご出身の浅田さんも子供の頃は「きったない東京弁」を使っていたけれどcoldsweats01、矯正させられたそうな。そのことによって東京人がどーなったか。『カッコ悪くなった』『潔くなくなった』。なるほどねーthink。やっぱり、「言葉」というものはそれを使う人間の根本を司るものよねーdiamond。戦争にまつわる「言語」の問題なんかもふと考えさせられるワthink


それからもひとつわたくし、浅田作品でいつもヤラれる「こどもの描写chick。これについても、秘密の一端をお話されましたhappy01。お嬢さんがいらっしゃるので、おみっちゃんの「とど、とど」を書きながら、浅田さんの耳には「パパ、パパ」と聞こえていたとconfident。で、吉村貫一郎には3人の子供がいる設定にして、この3人の子供の行く末は本当に考えた、とおっしゃってましたspade。父親が悲惨な最期を遂げたので、その子供たちには幸せになってほしかったと。特に次男くん。めちゃくちゃ悩んだbearing。法律家にしようかと思ったけど、なーんかシックリこないtyphoon。と、たまたま競馬horseをしに新潟に行った時、地元の豪農の屋敷を見かけ(現在は北方文化博物館になっている建物)、これだflairsign01と閃いたそう。いやーもー、この次男くんの人物設定、お見事happy02shinesign01と感服してたのに、こんなキッカケだったとは…wobbly


さて、吉村さんがビンボーだったという根拠が、藩からのお給料が「二駄二人扶持」ってこと。浅田さんの試算によると年収約250万円。5人家族ならもーカツカツ。ちなみに大野さんちは2000万円yen。はぁ…dash。この「扶持」の説明もしてくれて、そこから発明されたのが「飯盒」らしく、このあたり、浅田さん、めちゃ熱心に「飯盒」のスバラシさを語ってらっしゃいましたが、わたくしチンプンカンプン…typhoon。しかし、この「二駄」が盆暮れ年2回の賞与、「二人扶持」というのが月給、とすると現在の日本の給与体系の元となっているというお話に、目からウロコ~~coldsweats02


やはり何といっても、新撰組マニアの浅田さん、幕末の道場事情(一番人気の北辰一刀流の授業料が年間40万円だったsign01)や鍛冶職人の技術(急に需要が増えたため技術も急激に向上したupsign01)とかトリビアな話題を次から次ぎへと繰り出して、ほんと『池上さんに負けてないsmile


でもわたくし、いっちばん印象に残ったのは、新撰組局長・近藤さんのエピソード。面白かった~~happy02。すごく実直だった近藤さん、どーしよーもない養父にも「おとうさん、おとうさん」と慕って、全然流行らない天然理心流の道場を、牛込(今でもあんまりいい場所じゃないsmile)から多摩なんかの遠い地方まで出稽古して稼いで維持してたんだけど、ある日突然グレたthunder。幕府お抱えの道場の師範に、とーぜん選ばれると思っていたのに、選ばれなかったからweep。ここで彼は「百姓だから出世できないんだっsign01」と怒り狂ったannoy。浅田さんは、この言葉が近藤さんのその後の「池田屋騒動」に繋がるキーワードだとおっしゃいます。


で、当時はジャーナリズムが盛んで、事件現場thunderに瓦版の記者が駆けつけていたそうで、きっと「池田屋騒動」の時もそうだっただろうとsmile。志士を大勢切り殺して、血だらけになって降りて来た近藤さんの元に記者が押し掛けて来て「感想をpen」なんて聞かれてkaraoke、「拙者は何人、沖田は何人、我ら天然理心流がッimpactsign01」なんて答えただろうとdash。幕府に抱えられなかった強烈な劣等感が、生粋の天然理心流の剣士である自分と沖田の存在をアピールしたいimpactという渇望に繋がったのではないかとおっしゃってました。だって、めちゃ腕のたつ永倉とかは階下で待機なんて絶対不自然だとbearing。万一自分と沖田が殺されても、あとは土方が何とかしてくれるだろう、とまで考えていたとすれば、近藤さんのこの必死さも何ともいえず切ないものがあるわねweep。この近藤さんの痛烈な思いは、実は吉村貫一郎にも通するもので「壬生義士伝」のテーマだと思うのよねthink


そして最後のまとめは、実は幕末はほんの140~150年ほど前のことに過ぎず、現在に繋がっているものがたくさんあり、物心両面で変えていってはいけないものがある、ということをよく考えて欲しい、というものでした。手足のないロボット(スマホに代表されるもの)に支配されないよう、自分の頭でよく考えることが必要だと。全くそのとーりですねぇthink


蛇足ながら、今わたくし激ハマリしている朝ドラtv「あさがきた」にからめた話も飛び出して、またもや勉強になっちゃったーhappy02。日本語訳の「銀行」は、大阪経済人の五代さんが訳したからだと。関西の通貨は「銀」だったから。渋沢さんが訳してたら「金行」ね。ちなみに「行」は中国語で「会社」だそう。わたくし、両替屋の仕組みも各藩の蔵屋敷がなんで大阪にあったのかも知らなかったんだけど、昨日の浅田さんのお話でよーくわかりましたup。いやー、ほんとにいろんなものが繋がるつながるーーsign05。たのしぃ~~note


初めて聞いた浅田さんの講演karaoke、あっちこちに脱線するけどcoldsweats01、語り口も絶妙でほんとツボをビシッと押さえてる。サスガですfuji。冒頭、子母澤さんの作品book、ご自身で「パクった」と言われたsmile吉村貫一郎の一節を朗読してくれたんだけど、その読み方もとってもよくってgood、将来、朗読ボランティアでもする時の参考にさせていただこぉーっとsmile

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/01/28

「壬生義士伝」

再読は、やっぱり印象が変わるものね~coldsweats02。10年以上前に初めて読んだ時は、下巻の後半から、ゴーゴー出てくるナミダcryingを、顔にぐるぐる巻きにしたバスタオルで受け止めながら読んだものなのに、今やフツーに読了してしまった…gawk。あの頃の純粋なわたくしはどこへ…sign05


「義士」とは、なにがあっても「家族」を守りぬく男のことだとspade。幕末とはいえ江戸時代には非常識な考え方だわね。それを死ぬ間際まで貫いた吉村貫一郎を描き切った浅田次郎さんの長編小説なんだけど、これって著者初の時代小説だったのね。最初の時代小説に、何故吉村貫一郎を選んだのかってのは興味深いものがあるけれども。どんなに優秀であっても低い身分に生まれついた者は決して社会的に浮かばれることはない、という江戸時代の強烈な不合理を身を以って生きた男の生涯を遺しておきたかったということなのかしらねconfident


南部弁(岩手弁)を効果的に使っていて、それが前回わたくしを泣かせた要因でもあったんだけど、この訛ってものには南部人の純朴な人間性が滲み出てて、もーそれだけでヤラれちゃうーweep。浅田文学のあざとさ全開smileimpact。 しかしなんつっても、浅田さんの、子供の描写がやっぱしヤバいup。わかっててもヤバいup。お父さんが脱藩した後、学校で謝罪する長男・嘉一郎と組頭の長男・大野千秋の描写があまりにもイタイタしくてcrying。それと佐助さん。さすがのわたくしもウルウルしてしまったワーweep



再読してみて大きかったのは、わたくし自身が3年前に盛岡を訪れていたことbullettrain。吉村さんがいつも故郷南部の美しさを仲間に自慢しまくってたのがなんとなくわかるもんねーconfident。それと嘉一郎が最期を迎えた函館・千代ヶ岱も、今や球場baseballや住宅houseが並ぶエリアになってるけど、実際に知ってるだけに、ここかぁ~~、なんてシミ ジミしちゃったりしてconfident。ま、嘉一郎はフィクションとしても、中島三郎助と息子たちはここで戦ったわけだからねー。梁川町のあたりの「中島三郎助父子最期之地」碑は車carを運転してる時よく目にしましたeye。しかし 、こんなことが起こっていたのがたった150年ほど前のことだったとはホントーに信じられない。でもホントなのよね~。はぁ~~dash。浅田さんの文章を思い出すと、このあたり(現・千代台)が一面、ふんわりした菜の花の黄色に染まりますconfident



内容としてはほとんどが浅田さんの創作のようだけど、苦労を重ねた旧世代の父・貫一郎&長男・嘉一郎と、大野次郎右衛門と佐助によって命を救われた新世代の次男・貫一郎との間の距離たるや、まさに隔世の感がありますね leftright 。登場人物のキャラが全てイキイキshineしてる浅田文学のエッセンスが、全て凝縮されてる、マンゾクの一編でございましたfull

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/01/23

札幌交響楽団 第585回 定期演奏会

Img442 いや~、イザベルさんスゴかった~~~happy02happy02impact。またもや札響の歴史に残る瞬間に立ち会う栄誉に浴させていただきました~wave。しっかし、こんなエクセレントshineshineなヒトが札響の定演に来てくれるなんて~~happy02。札響、ヤルわね~~catface。22日の夜公演night、聴いて参りました~shoe


メンデルスゾーン「ヴァイオリン協奏曲ホ短調op.64」のソリスト、イザベル・ファウストさん(悪魔に魂を売ったのかしら、なんつってsmile)。わたくし、例によって全然知らないヒトだったけど、プロフィールを読むとなんかベラボーにすんごい実力派diamondshineのヴァイオリニストさんなんですね~~coldsweats02。これまで共演してきたのがベルリン・フィルを始めとする錚々たる世界の一流オケなんだもん~up。いや、ほんと、これまでのメンコンでは聴いたことのない、日本刀の真剣のような鋭利な切れ味thunderimpact。“楽器が身体の一部”ってこーゆーことをゆーのねー、ってカンジconfident。決して大きな音ではないけど、一本筋がびしーっと通ったクリスタルの音色note。それとすごく感じたのは、アスリートかと思うほどのしなやかで強靭そうな身体。演奏家にとって、身体ってすごく大事な要素なんだってことを改めて示すよい見本bell。そしてめちゃカッコいい演奏スタイルcatface。ベリーショートの髪型で少年のような細身のおカラダを全部使って、硬質で高密度diamondな音楽を紡ぎ出していくのですfuji。背を反らす時には、「のだめ」のSオケで峰くんがやったのを思い出しちゃったsmilesmile。しかし、この鋭利な硬質さは札響オケとの調和からいうとわたくし的にはかなり異質な印象になって、というか、カナシいことにオケがモッサリ聴こえちゃってweep。第3楽章の最後は、ビュンビュン飛んでいくsign05イザベルさんに必死に追いすがる管sweat01、ってカンジで結構ハラハラしたcoldsweats01。イザベルさん、室内楽もかなりやってらっしゃるようだけど、アンサンブルのお相手も相当なチカラがないとキビシそーwobbly。ベルリン・フィルとの共演はきっとスゴかったthunderんだろーなー。と、そんなイザベルさん、ステージにご登場して来た時は、あれ?それ、普段着?ってカンジでcoldsweats02。だってスラックスにぺたんこパンプスって、女性ソリストではわたくし初めて見たわよーcoldsweats01。「きゃー、ドレス持ってくるの忘れちゃったーッsign01ま、いいや、このままで出ちゃおー」的なwink?でもそんなカンジもイケてる~~good


ほんで、わたくし的に感じてしまったイザベルさんとの違和感は、札響オケの音そのものだけでなく、今回の指揮者であるマティアス・バーメルトさんの音作りのせいなのかもだワー、なんて思うのは、プログラム1曲目のラヴェル「組曲「マ・メール・ロワ」」がすっごく良かったからheart02バーメルトさんの指揮による札響定演は2年前の時聴いていて、すっかりわたくしのお気に入りhappy01。近現代の曲はわたくしあまり聴かないので、ラヴェルといえば、チョーきらきらshineサウンド全開ッimpactsign01のイメージしかなかったんだけど、この曲では、バーメルトさんの、ふわわ~っとしたメレンゲみたいな音作りが“おとぎばなしワールド”をイキイキsunと感じさせて想定外のカンドーup。物語が目の前で動いてたワ~on


逆に、後半のムソルグスキー「組曲「展覧会の絵」(ラヴェル編)」は、ちょっとわたくし的には思ったほどコなかったcloud。う~む、なんでかしら~typhoon?イザベルさんが鮮烈過ぎたからかしら~bearing?…そーゆーことにしておこーっとbleah。オケ交流で今回コンマスだったテジョン・フィルのピル・キュン・ポール・キムさん、美音でした~shine。今回ビオラの首席に座った青木さんがソロ部で、バーメルトさんの背後を通してキムさんとアイコンタクトeye。はぁ~おもしろ~catface


というわけで、今回の定演は大部分イザベルさんに持ってかれたdashカンジだったけど、またひとつスバラシいものを聴かせていただきました~happy02。さて、来月はマエストロ・ポンマーだわッsign01激楽しみッnotesign03

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/01/13

「新作能 紅天女の世界―ガラスの仮面より」

能楽についてちょっと学ぼうpencilかしら~?と図書館に行ってみたところ、表紙を見てお~~happy02sign01と手に取った1冊book。マンガ「ガラスの仮面」の中で描かれる「紅天女」を新作能として試演するまでをレポートしたもの。能楽ジャーナリスト・氷川まりこさん、美内すずえさん著。


北島マヤと姫川亜弓が、それを演じるために凌ぎを削りまくるthunder「紅天女」。そんなに勿体つけていったいどんな作品なんだッsign02っつーのがある意味、最大の焦点だったりもしたんだけど、少し前に文庫版24巻でその片鱗を知って以来、美内さんの描き方penもそうだったのもあって、これ、能みたいだワ~flairと思っていたのが、実はもうすでに10年も前に新作能として作られていたという。やはしねーconfident


で、「新作能 紅天女」の台本を読みつつ、能楽の一通りの知識が得られるpencilような作りになってます。結構ビックリcoldsweats02したのは、今や“宝塚の老害smile”植田紳爾氏が、テーマ別に台本を何本も上げてきた、という件。やっぱ“宝塚の中興の祖”はスゴかったup。どっちかってーと植田さんの作風は歌舞伎だもんねsmile。能はお得意の分野よねーgood。舞台作りに協力した能楽師が、五十六世梅若六郎氏(当時)。新作能に積極的に取り組んでおられる方らしく、なんかお手の物、ってカンジですね~bell


一番面白かったのは、この梅若氏と美内さんとの対談。クリエイターとして共通する感覚などの話は興味深かった。おふたりで、舞台となる「梅の谷」の雰囲気を持つという奈良県の天川神社を訪問し、世阿弥も使ったと代々伝わる「阿古父尉」という面(おもて)をジッと見つめるeye梅若さんの真剣な表情が印象的ですconfident


そんなわけでこの天川神社は芸能の神様shineとも言われており、大阪在住当時、三弦を本格的に再勉強し始めたわたくし、またもや神頼みcoldsweats01。仲良くしてくれていた取引先の先輩にここに連れて来ていただいたのでしたcardash。ここで購入した「五十鈴」型ペンダント、どっかのダンボールに入ってるハズsweat01。取り出さねばッdashsign01


などと罰当たりな己の所業に想いを致しつつsweat02、この舞台、いつかどこかで観てみたいワ~と思ったことでしたhappy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/01/11

Flute ! Flute !! Flute !!!

Jamusica20160110ひゃ~、いきなり豪華なメンバーshineで、わたくしの2016年最初の音楽ライブ鑑賞がスタートいたしました~onhappy02sign01パチパチ~~happy01impact。昨日のお昼、JAMUSICAでのフルート・大島さゆりさんのリーダーライヴnotes、聴きに行って参りました~~subway


昨年末のめちゃエクセレントなリサイタル&ライヴshineの印象が未だに鮮烈な大島さん、昨日は「さゆり2号」でのご登場smile。ほんでもって“豪華”たる所以は、フロントの3人が、札幌フルート界が誇る実力&美貌を兼ね備えた女性フルーティストshineだっつーことですッhappy02sign01八條美奈子先生と大倉まみこさん。言われてみればこのお3人が並ぶ姿を拝見するのは初めてですね~new。ごーぢゃすshine。そして、それにピアノとベースとドラムが加わってたんですが、全員うら若き女性ribbon。しかしsign01迫力impactございます。実力ありますrocksign01ナメんぢゃねーよ、ですpunchsign01


昨日はわたくし、わたくしの叔母の若い頃に雰囲気がそっくりでとてもアカの他人とは思えない(勝手にsmile)大倉さんかぶりつきの席chairだったもんで、目なんか合っちゃったらどーしよーちょっとハズいワ~catfaceなんて思いつつ、大倉さんのイロッぽいジャズ奏法をガン見eyeimpact。あの、何つーんですか?尺八でいうと“しゃくり”ってヤツですけど(ガハcoldsweats01、当然フルートでは“しゃくり”なんて言わないわよね~sweat01?)、大倉さんのそれ、めっちゃカッコイーのよーlovely。フレージングもフワリと余韻のある、やわらかくて優しいオトナの雰囲気。ステキheart04。そしてクラシック畑の八條先生、ライヴご出演は初めてとのことですけど、さすが、もー全ッ然イケてますbell。あとはアドリブに慣れられればビュービューsign05ってとこでしょうか(ごめんなさい~~sweat01、いつもながらナマ言っておりマスcoldsweats01)。大島さん、ほんとに聴かせていただく度にずんずん、自信に満ちあふれた演奏になっていって、すんごく充実されてますよね~confident


そして初めましてのお3人さんnew。みなさん、華奢なのにえらいガッツimpactrockある演奏なのです。ピアノの齋藤桃子さん、オトコらしい指サバキに加えペダルを踏む足がまた踊ってマスhappy01。もっと踏ませて踏ませてーッsign01ってカンジが全身で音楽やってる証拠ですね~wink。ベースの片山沙知恵さん、レースの襟がついたお洋服で見た目カワイラシいchickのに、ベースを弾き出すとぶぃんぶぃん、ブッ飛ばしますdash。宣伝タイムでも「どこかにチラシが…」などとちぃさな声で、んもぅ、カワユイんだからーッwinksign01隣でアンサンブル仲間のKさん「なんと奥ゆかしい…heart02」。そしてドラムの斎藤直美さん、いやー、女性のドラマー、カッコいいですねーspade哲学者のような僧侶のような静かな表情のままガッツンガッツンimpact行くのですよ。いやー、シビれますね~up。わたくし、斎藤さんを見ていて小曽根真さんのライヴに出てた高橋信之介さんを思い出しましたflair


というメンバーでジャズの定番やポップスの有名どころを演奏してくれたんですが、これ、全部フルート3本用にアレンジされてるんですよね?それもまたスゲーなのよね~coldsweats02。3本の音の重なりがホントにココチいい~heart02。それぞれ違う個性なのに美しく絡み合って、いや~サスガです~~fuji


で、ラストend、アンコールとして演奏されたジブリの名曲「君をのせて」に、わたくし、じぃぃぃ~んと来ちゃいまして、危うくナミダ出そうにweep。わたくし、初期の頃のジブリ作品チョーウルトラ大好きheart04で「天空の城ラピュタ」は2番目scissorsのお気に入りcherry。ちなみに1番は「風の谷のナウシカ」、ウヒcatface。ってゆーのもありつつ、フロントお3人のソロ部がスバラシくてshineshine、もーヤベーッhappy02sign01八條先生の美音noteに、わたくしの脳内は、あー、ラピュタだ~~~crown、天空だ~~cloud、状態にconfident。いや~マジによかった~heart02


大島さんのMCkaraokeも年明けからキてますッhappy02sign01今回は、大島さんの念願のリクエストにより実現したユニットだそうで、「こんなに大御所のおふたりと」と言った後、ハッcoldsweats02sign01となって「いえ、お年がすごい上っていうことではなく」わーッbearingsign01大島さん、泥沼にぃぃぃーーーッhappy02sign01スタートして2曲目の後「あー、やってよかったー、あ、早すぎますねsweat01。」そしてゲストへの突然の振りdash。虚を突かれてimpact八條先生「えッsign01今ッsign02」そんな流れに大倉さんの、民謡の合いの手のような絶妙なツッコミthunder。フロント三人がほとんど“かしまし娘”(古ッsign01sweat02)。一瞬、ここは寄席か?と思いましたよsmile。演奏が本物でお笑いもできる、これ、動画サイトmovieでアイドルになれるかも~smilesign02


そんなこんなでsmile楽しくも感動的だったライヴ、もし次回があるならば、夜にちょっとお酒wineでも飲みながらシットリ系も聴いてみたいですね~happy01

(冒頭の画像は、JAMUSICAさんのHPから転載させていただきました。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/01/04

「闇に香る嘘」

いや、ほんとによくデキた小説でしたgood。スバラシい~shine。下村敦史著、第60回江戸川乱歩賞受賞作crown


タイトルがとってもロマンティックheart02なのに、内容は結構シリアスsnowで、最初はミステリーというよりは社会派のドラマか?ってカンジだったんだけど、それはそれで、小説なのに学ぶところがありましたね(上から目線bleah)。難民、中国残留孤児、生体肝移植、視覚障碍などなど、これまであまり意識したことがなかった部分で。


主人公が視覚障害者だという設定ならではの謎が大きいのだけど、それだけに収まらない謎も全て最後に解き明かされるときのカタストロフは、トイレで「あー、すっきり~~fuji」のカンジsmile


でも、作品全体に流れる温かい人間愛sunに、読後ホッコリするのよね~spa。幼い頃の満州での苛酷な体験weepが原因でヒネクレてた主人公の周りに、常に流れていた温かい風up。それに気づいた瞬間からジンワリ温まってくるconfident。人間関係を信じ、肯定する作風、わたくしスキだワ~~heart02。読んでも損はない作品デスgood

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年12月 | トップページ | 2016年2月 »