« 「宋家の三姉妹」 | トップページ | Flute ! Flute !! Flute !!! »

2016/01/04

「闇に香る嘘」

いや、ほんとによくデキた小説でしたgood。スバラシい~shine。下村敦史著、第60回江戸川乱歩賞受賞作crown


タイトルがとってもロマンティックheart02なのに、内容は結構シリアスsnowで、最初はミステリーというよりは社会派のドラマか?ってカンジだったんだけど、それはそれで、小説なのに学ぶところがありましたね(上から目線bleah)。難民、中国残留孤児、生体肝移植、視覚障碍などなど、これまであまり意識したことがなかった部分で。


主人公が視覚障害者だという設定ならではの謎が大きいのだけど、それだけに収まらない謎も全て最後に解き明かされるときのカタストロフは、トイレで「あー、すっきり~~fuji」のカンジsmile


でも、作品全体に流れる温かい人間愛sunに、読後ホッコリするのよね~spa。幼い頃の満州での苛酷な体験weepが原因でヒネクレてた主人公の周りに、常に流れていた温かい風up。それに気づいた瞬間からジンワリ温まってくるconfident。人間関係を信じ、肯定する作風、わたくしスキだワ~~heart02。読んでも損はない作品デスgood

|

« 「宋家の三姉妹」 | トップページ | Flute ! Flute !! Flute !!! »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213530/62042754

この記事へのトラックバック一覧です: 「闇に香る嘘」:

« 「宋家の三姉妹」 | トップページ | Flute ! Flute !! Flute !!! »