« Tres Dias Parto × Mawr Carte | トップページ | ~歌とピアノで巡る東欧の旅~ »

2016/03/06

札幌交響楽団 第587回 定期演奏会

Img448 あ~、やっぱしマエストロ・エリシュカ×札響×ドヴォルジャークにはぐぐぐーッthunderthundersign01とくる~~~ッhappy02sign03昨日のマチネー公演、Kitaraの大ホールに行って参りました~~shoe


前半2曲目のドヴォルジャーク「弦楽セレナード ホ長調 op.22」、特に第4楽章のラルゲットは、7年前に聴いたドヴォ7を思い起こさせるハラの底グルグルグル~~typhoonが来ましたよーッimpacthappy02sign03ホントーにこの組み合わせは特別なオーラを発しますねーimpactshineimpact。もちろん、後半のプログラム、チャイコフスキー「交響曲第4番 ヘ短調 op.36」も大迫力bellでよかったんですけど、わたくしには弦楽だけの編成でもドヴォルジャークの方が断然キタthunder。フシギ~~。


これまた大好きなマエストロ・ポンマーの音と並べることが出来るシアワセに酔いつつheart04、あらためてマエストロ・エリシュカの音を聴いていると、すごく骨太なカンジがするのねconfidentガシッspadesign03っとしてる。筋肉質。目指せ筋肉質ッpunchangrysign01…ってのはわたくしの目標だけどcoldsweats01。このミシッspadesign03っとした質感でウネってくるドヴォルジャークにわたくしドスドスッimpactsign03とヤラレるのだわhappy02。もうこれは感覚のモンダイなので、これ以上説明はムリbleah


マエストロ・エリシュカは、今年御年85歳におなりのようですけど、もーまったくそんなの感じさせない相変わらずのめっちゃくちゃカッコイー指揮姿lovely。そしてチャイ4でのド迫力のトゥッティ。実はものすごくアグレッシヴdashなお方だったのね…happy01


しかし指揮台を降りるとものすごーーくカワイくなってしまうマエストロchick。この3月末をもって退団されるオーボエ首席の金子亜未さんに、マエストロが小さな花束を渡されたんだけど、渡しながらシクシク泣くしぐさweepをされて、それがもーチョーらぶりーぃぃぃぃぃぃ~~heart02heart02。その前には袖に引っ込む際に大平さんにホッペチュkissmarkしちゃったり、もーマエストロ、ヤリタイホーダイthundersmile。それにしても金子さんのオーボエ、すごく好きだったので、わたくししばらく“亜未ロス”になっちゃうかもweep「讃歌」の時の天上の音色、わたくし決して忘れないワ~~note


さて、今回わたくし、いつもと逆サイドのRA席からヴァイオリン群を真正面に見ていると、みなさんココロをひとつに稲穂のように同じ動きをしてるんだけど、その中でもひときわ入魂で演奏される方々を発見eyesign01おひとりは「ムジカ・アンティカ」の土井奏さん、もうひとりは1stの中の方なんだけど、存じ上げない方でした。もー見てると楽しくて楽しくてnotes。つひカオがほころんでしまふcatface。楽団員さん全員のお顔と簡単なプロフィールをウェブで紹介してくれてるといいのになぁ~、っていつも思いますconfident。昔、札響のカレンダーを買ったら、最後のページにメンバーさんの紹介がされてたのを思い出したけど(今もそうなのかしら?)、近年、カレンダーを壁に貼らなくなったからなぁ~~。って、全てわたくしの都合ですけどもcoldsweats01。初めて聴きに来た人にもさらに興味を持ってもらえるキッカケにもなると思うし。首席ではないメンバーの中にお気に入りを見つけてもらう、っていうのもファンを増やす重要な要素だと思いますup


ところで、前回くらいからわたくし、少し早めに会場に着いてロビーコンサートを聴くようになりました。首席&副首席級を惜しげもなく投入するミニ・コンサート、ここでも気の入った演奏を聴かせていただいてますshine。ヤリますね~good。昨日はわたくし、2階から高校生ちゃんたちの背後から覗き見してたんだけど、わたくしの前にいた女子高校生ribbonちゃんったら、「見えますか?」なんて気配りもしてくれて、若いのになんて立派なんだッdiamondshinesign01とオバサンは感心しきりconfident。ニッポンの未来は明るいッsunhappy01sign01

|

« Tres Dias Parto × Mawr Carte | トップページ | ~歌とピアノで巡る東欧の旅~ »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213530/63308335

この記事へのトラックバック一覧です: 札幌交響楽団 第587回 定期演奏会:

« Tres Dias Parto × Mawr Carte | トップページ | ~歌とピアノで巡る東欧の旅~ »