« 札幌交響楽団 第588回 定期演奏会 | トップページ | 「誘蛾灯」 »

2016/04/20

ムジカ・アンティカ・サッポロ Vol.9

Img455まさに『ともに音楽を楽しめる幸せ』に感謝する夕べでございましたconfident。昨晩、Kitara小ホールにて開催された音楽会notes、聴きに行って参りましたshoe



冒頭の言葉は、この夜ナビゲーターkaraoke&リコーダーで登場されたフリーアナウンサーの朝岡聡さんが発せられたもの。熊本地方の震災に想いを致しながらの言葉で、本当に全くその通りだナーweepと思って、わたくしもわずかながらの募金をさせていただきましたでございます。



さてここ最近、詳しいことはまだわからねどcoldsweats01、バッハに魅了されまくっているわたくし、やはしここはMAS(ムジカ・アンティカ・サッ ポロ)の今回のプログラムは聴かねばなるまいangrypunchdash、というわけで、MAS2回目ですscissors。昨日は札幌交響楽団のコンマス・田島さんとヴィオラ首席・廣狩さん、『寿司ネタでいうところのトロ、イクラ』(by朝岡さん)の金管・打楽器チームには福田さんもご登場。そのほか副首席さんたちも迎えての少数精鋭チームshineで、真にクオリティの高い演奏upupに身を委ねさせていただきましたconfident


昨夜は、 モダン楽器を使っての古楽奏法ということだそうで、やはり違いが感じられるものですね。というか、ゼンゼン別モノだワcoldsweats02。全体的にソワッとした音色で、サクッとしたテンポに素朴な温かみが感じられますspa。管弦楽組曲3番のAirは絶品でした~happy02。早めのテンポでの演奏で、情緒タップリめのアンコールバージョンよりわたくしは好きかもheart04。ピアノupwardrightから発音されて真ん中がふわっとふくらんでピアノdownwardrightで収束していくダイナミクスも、自然で心地イイcute。この演奏でこれほどスナオに美しくココロに響いてくるってことを考えると、楽器の改良と共に豊かになる表現ももしかするといまや情緒過多に過ぎ、それに慣れ過ぎ、な面もあったりするのかも知れないなーなんて思ったりもしてthink。それにしても、ほんとにバッハの曲って、ファーストはもちろんのこと、セカンドヴァイオリンもヴィオラもチェロも、どの旋律もめちゃくちゃ美しくてカッコイイなぁ~~~shinediamond



プログラムの配置も絶妙で、バッハの管弦楽組曲の1番から少しずつ演奏楽器が増えていく構成で楽しかったですねーsun。バッハの間にテレマンを挟んで、密→楽→密。まさに「バロック」的流れsmile



Img456朝岡さんの解説karaokeも期待通りでしたhappy01。これから勉強pencilしなければ、と思っていたバッハの器楽曲の社会的な役割、組曲の構造なんかもオモシロオカシク解説してくれて、ものすごい納得confident。なんでダンスの曲ばっかりなのかしら~と思ってたところもバッチシわかりましたよ~good。「フランス風」の意味するところもわかりましたしsmile。ドイツ地方ってば、この頃はヨーロッパのイナカclubで、“おフランス”にあこがれていたlovelyってのもなんかカワイイしchickhappy02。でも少し時代が下ったモーツアルトの時代、映画「アマデウス」movieで、時の皇帝ヨーゼフ2世が「軽薄だannoy」っつって、モーツアルトのオペラのバレエの部分の音楽を鳴らさないようにさせたban、ってシーンをわたくし思い出して、まぁ、いろいろ複雑な感情もあったんだろーなー、なんて思って少しオカシくなっちゃったりsmile。テレマンの楽曲解説では、この曲がどういうシチュエーションで演奏されたかの説明があって、その情景が目に浮かびますねshipwave。そのテレマンの「水上の音楽 ハ長調 『ハンブルクの潮の満干』では、朝岡さんもリコーダーでご参加note。真剣な表情が印象的でしたワ~happy01


ところで、1曲目の管弦楽組曲の第1番を聴いていて、バロックをキラキラshineしいバロックたらしめるキモってやっぱオーボエだワ~~、このオーボエの演奏もなんかすごーくイイカンジじゃな~い?って思って演奏が終わってメンバー表を確認したら、なんとsign01ポロゴの岡本さんがいらっしゃるぢゃないですかbellsign01おおーッsign01イイお仕事なさってるーーッhappy01sign01


それにしてもわたくし、バッハに目覚めてまだ数年ですが(その割にゼンゼン勉強できてなーいsweat01sign01)、こうやってモダン楽器を使っての古楽奏法や、実際に古楽器を使用しての演奏なんかをナマで聴けるなんて本当にラッキーだワ~~happy02、となんだか昨日、ステージを拝見しながらシミジミ思ってしまったのよねーconfident。この幸せに感謝しつつ、背後から知識も蓄積していって、シロートなりにより深くバッハを楽しめるようになりたいなーclover、と思う今日この頃でございますhappy01

|

« 札幌交響楽団 第588回 定期演奏会 | トップページ | 「誘蛾灯」 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コンサートにおいで下さり誠にありがとうございました。かまど姫様の感想にはいつも勇気づけられています。私がこういう風に音楽を奏でたいと思った事がそのまま文章になっていてびっくり!前回ふきのとうホールでの演奏会もそうでした。本当にありがとうございます。これからも良い演奏会を開いていきますので宜しくお願い致しますm(__)m

投稿: 物部憲一 | 2016/04/24 22時46分

わッsign01物部さんッsign01びっくりしましたーッsign01コメントありがとうございますーッsign01感激ですsign01

いいえー、勇気をいただいているのはいつも私の方ですhappy01。物部さんをはじめ演奏家のみなさんの、入魂の演奏にいつも心を動かされていますheart02。疲れている時には鼓舞されたりup、癒されたりspa。しかも、やっぱりライブじゃないとnotesimpactpunchsign01ですよねーcatface

M.A.S.さんは、私としてはほんとにタイムリーに巡り会えてラッキーでした。管弦楽組曲の2番、4番の秋公演mapleも、すごーく楽しみですhappy01。物部さんの、とっても気持ちよさげな指揮姿dramaもまた拝見できるでしょうかhappy01

投稿: かまど姫 | 2016/04/25 20時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213530/63512831

この記事へのトラックバック一覧です: ムジカ・アンティカ・サッポロ Vol.9:

« 札幌交響楽団 第588回 定期演奏会 | トップページ | 「誘蛾灯」 »