« 札幌交響楽団 第589回 定期演奏会 | トップページ | 「モナ・リザ・コード」 »

2016/05/16

古楽への誘い Vol.7 ~イタリアのトリオ・ソナタ集~

Img459なんだか、500年くらい前でしかもヨーロッパの、しかも王様crownとか貴族たちspadeっていう、わたくしなんぞとは100万光年nightかけはなれた世界の人達向けの音楽なのに、聴いてるとそのイキイキsunした生活が目に浮かぶような演奏会でしたワーhappy01。昨日のお昼、日本福音ルーテル札幌教会札幌北礼拝堂に行って参りましたーshoe



会場がご近所さんなので、お天気もイイしsun、ってなわけでお散歩shoeがてら訪問してみたんだけど、会場自体わたくし初めて伺うところだったので、何も考えずひょいsign05と勢いよく入口に入ったら目の前でバーンimpactsign01と演奏家さんたちが寛いでいらっしゃるぢゃありませんかッsign01ぎゃッcoldsweats02sign01わたくし、間違って楽屋に闖入しちゃったッcoldsweats02coldsweats02sign02とチョーあせりまくってsweat01、左手を見ると座席が並んでる…、あ、いいのか…。それでも脈拍がアガッてたので、ものすごい勢いでdash1000円札を2枚出して、そそくさと席へcoldsweats01



な、カンジで始まった演奏会(わたくしが、ですがcoldsweats01)、めちゃ濃密diamondな時間でしたね~。アンコールも入れて全部で11曲。1曲が短いとは言え、結構ボリューミーclub。主にルネサンスの後半からバロックの初期の頃の作品だと思いますが、わたくし初めて聴く曲ばかりでnew、でもこうやってまとまって聴いてみると時代ごとの傾向ってゆーのがわかるもんですねーconfident。どの曲も魅力的lovelyでしたけど、やはり後世に名が残っている作曲家の作品はやはりチト違うカンジがするshine。コレッリやヴィヴァルディなんかは、やっぱしちょいと格上up



物部さんの解説karaokeによれば、この頃の音楽は王様crownや貴族spadeのためだけのものだけど、たとえばウッチェリーニ「ベルガマスカのアリア」なんかを聴いてると、結構庶民的な印象があって、実はこの頃の貴族って現代の我々庶民心情的に近いフンイキだったりして~なんて想像するのも楽しいnote。こんな曲を聴きながら賑やかにnotes飲み食いrestaurantしたりダンスしたりhappy01。特にイタリアだとフランスみたいな絶対君主crownsign01が君臨してたわけじゃなく、小さな王国や公国に分かれていたことを思えば、貴族なんてのも意外と心情的にそれほどタカビーでもなかったのかな~なんて、ちょっと親近感も湧いてきたりして。ま、ゼッタイそんなわけないけどsmile。しかしさすがに教会ソナタあたりになると厳粛なキモチになりますねbell



それにしてもこの礼拝堂、めちゃくちゃ音、響きますnotes。ものすごくコヂンマリした会場で、たぶん100人くらいのキャパかと。ここではとっても親密な空気が流れていて、こちらでも物部さんの解説付きでしたが、ふきのとうホールの時よりずっとフレンドリーな語り口で、時々笑いも起こって、古楽も身近に感じましたね~good。数ヶ月前にNHKのEテレtvで、英国王立音楽院を舞台にした「音楽白熱教室」が放送されていて、その最終回では、どうやってクラシックの演奏会に足を運んでもらうか、というのがテーマのひとつになってたのを思い出しました。クラシックのお膝元のヨーロッパですらそれが問題になってるのか、とちょっとビックリした記憶があったけど、そこではひとつの提案として、昔のサロン的な、親密な空間での演奏会を実施しているという大学院生の話がありました。間近で緊密なアンサンブルを見聴きするってゆーのも、オーケストラを聴くのとはまた別のコーフンを味わえますよねfuji



さて、最近いろんな演奏会を聴く機会が増えて、特にバッハに関して書物book(入門編みたいなヤツcoldsweats01)を読むようになったんだけど、昨日の物部さんの話で、ハタ!flairsign01と思い当たる部分がありまして。“モダン楽器での古楽器的アプローチ”ってヤツです。モダン楽器で演奏する時、古楽器の物理的な制約が生み出す特有の音色フレージングなどを考慮に入れるってことですよね。ははぁ~~dash。他にも面白かったのは、バロック時代の“即興性”について。基本ベースにいろんな旋律や装飾をバンバンimpact入れていくのが流行っていたと。たぶん、その時代、その地域に生きていた人にはハッキリとわかっちゃう“センス”が問われてたんでしょーねー。きっとバッハみたいな名手には面白くて面白くてhappy02たまんなかっただろーなーcatface。わたくしのようにトリルがニガテ、とか言ってたら「オメーはスッコンデろッannoypunchsign01」ってカンジですねcoldsweats01


というわけで、すっごく知的好奇心想像力を刺激された演奏会でしたが、わたくし、解説も演奏も全部聞き漏らすまいと集中力を搾り出しすぎて、ちょっと疲れちゃったsweat02。いや、それをいうなら、演奏されていた方たちの方がもっとお疲れですよねconfident。日曜のお昼sun、もうすこーし、ユッタリめ or 短かめでもいいかもhappy01

|

« 札幌交響楽団 第589回 定期演奏会 | トップページ | 「モナ・リザ・コード」 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213530/63640934

この記事へのトラックバック一覧です: 古楽への誘い Vol.7 ~イタリアのトリオ・ソナタ集~:

« 札幌交響楽団 第589回 定期演奏会 | トップページ | 「モナ・リザ・コード」 »