« メディチ家の至宝-ルネサンスのジュエリーと名画 | トップページ | 「ルネサンスの女たち」 »

2016/05/29

ポンペイの壁画展

Img466いやはや、全くスゴいもんですワーcoldsweats02近代までの美術のエッセンスは既にこの頃に実現されてたのね~bell。森アーツセンターギャラリーでの展覧会、行って来ましたart


こちらは事前にチケットticketをゲットしてなかったので、行列を覚悟で当日券売場にオープン時刻ジャストwatchに着いてみれば、やはし、結構並んでましたsweat01。んで、エレベーターもピストン輸送updown状態で、「あー、みんな壁画見るのねー…despair。」と若干シズミ気味downで52階に到着。すると、わたくし以外の全員が真っ直ぐ進んでいくsoon。「あれ?壁画は右よ~~。」と、見ると正面は「セーラームーン展」ribbon。どーりで、わたくしの目の前にはコスプレした外国人の女子virgoが。ツインテールのコスプレで「壁画」は見ないわナ~~coldsweats01


Img467ということで無事、ガラ空きemptyの「壁画」会場へcoldsweats01。ココロゆくまで鑑賞できましたワsmile。2000年近く前の美術作品を見るのは生まれて初めてだけど、ホントにビックリするくらい“古い”ってカンジがしないclover、ってゆーか、美術の歴史においては、科学技術の発展の恩恵を除けば、人間が考えたりしたりすることにほとんど違いはないのぢゃないか、と思ったくらい、高度な技が展開されてましたdiamondshine


みな名もなき芸術家たちの作品だけど、たとえば「植物の燭台」なんていう何気ない室内装飾などを描く筆に、既に高い画力fujiが認められちゃう。かと思えば、「こりゃ小学生の絵だナcoldsweats01」なんつー素朴なものもあってほほえましいのよねーchick遠近法を駆使した壁画装飾とか、トロンプルイユの手法がもうすでに存在してるしup


印象的なのはしっかりと色彩が残ってることart。「ポンペイの赤」も美しいけれど、「エジプト青」と呼ばれる優しいブルーもステキ~heart04。この色、どうやって作ってるのかしらーと疑問が浮かぶと、この展覧会は至れり尽くせりデスgood、次のコーナーで壁画制作に使う道具類と顔料を展示してくれてるhappy02。それ自体が当時のホンモノspadeで、もーそれにもビックリcoldsweats02。まさに瞬間冷凍状態よね。って、当時の人々にとっては大惨事以外のなにものでもないんだけど…weep。しかしこの道具類がまためっちゃくちゃ精巧shineなのよー。現代人でも不器用なヒトならゼッタイに作れないわねsmile。そしてこの時代からすでにフレスコ画。


わたくしすっごいビックリcoldsweats02したのは、「選挙広告の書かれた壁面」。“どこそこのだれだれはこれこれこのよーな人物なので我々は推薦します”ってなことが書かれてるらしいのね。いやー実際にこーゆーのを目にするとほんとに、ローマ時代にもわたくしたちみたいな生活があったのねーって実感しちゃうconfident。そして、成熟した平和な世の中だったってのがわかるのが「戦車競走」の壁画。え?なんでかって?それは、こーゆー“闘争impactがテーマになってる絵はこれ1枚しか見つかってないってことだから。まさに“パクス・ロマーナ”の世界ってことかな?


この遺跡は18世紀に発見されたnewもののようなので、ルネサンスの時代には知られていなかったはずだけど、「躍るマイナス」なんて壁画を見ると、わたくしの大スキheart02なボッティチェリの「ラ・プリマヴェーラ」cherryblossomを思い出しちゃう。3美神の華麗なポーズcute。本当に、後の時代に描かれるモチーフの要素は、ギリシア時代のものから連綿とヨーロッパ文化に伝わってるってことなのよねーshinediamond。なんかすごいワ~~happy01


Rimg0033で、東京の美術展では近年充実しているグッズ売場だけど、この展覧会では残念ながらイマひとつdown。Tシャツも、わたくし、ヤマザキマリさんのマンガを読んでないのでピンとこなかったし。結局「LISA&TAIGA」というアクセサリーブランドringとコラボしたピアスだけゲットmoneybag。コレ、ヒソカにカワイイ~~happy01happy01。ほかにもブサカワ犬dogのピアスもあってめちゃめちゃ惹かれたんだけど、ちょっとデカすぎて着けられなーいッbearingsign01ってわけで断念。でもラブリーだったワ~catface

|

« メディチ家の至宝-ルネサンスのジュエリーと名画 | トップページ | 「ルネサンスの女たち」 »

アート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213530/63686405

この記事へのトラックバック一覧です: ポンペイの壁画展:

« メディチ家の至宝-ルネサンスのジュエリーと名画 | トップページ | 「ルネサンスの女たち」 »