« 「失われた夜の歴史」 | トップページ | 「蒼穹の昴」(ドラマ版) »

2016/06/19

ミニコンサート in Steinway Vol.43

Img469いや~、めちゃめちゃ楽しかった~~happy02impactsign01しかもsign01コストパフォーマンスどえらく高しッupupsign01そしてッsign01聖純さん、ものすんご~くカワイイcuteんですけどぉ~~~~heart04smile。井関楽器さんのスタインウェイスタジオで月に1回、日曜の午後にピアノとのアンサンブルnotesを聴かせてくれるミニコンサート、本日は、札幌交響楽団首席フルーティストの高橋聖純さんshineがゲスト。


念願だった聖純さんのメインパフォーマンスを聴けたのですが、4~5メートル程の至近距離で聴く音はすごい迫力でしたimpactcoldsweats02圧倒的な音量crown。普段オーケストラで吹いていらっしゃる方はやっぱ違うワーと改めて実感confident。全開のグランドピアノにも全く負けてませんもんねー。今日のチカラの出し具合ってどんなもんなんでしょーか?室内楽だからオーケストラの時より抑えめだったのかしら?だとしても、スゴすぎ~coldsweats02。でも会場の環境がよければ本来の澄んだ美音shineだったんじゃないかと思うと、ちょっとお気の毒に感じましたweep。最初の曲が終わった後、聖純さんもおっしゃってましたが、湿度が高くてタンポがペチペチいうほど(シリコンなのかナ?)。音もすごいハスキーになっちゃっててwine。それでもあの高音の発音はスゴい~~bell


予定では45分間のところ、聖純さんのトークがナメラカかつカワイくて1時間近くに延長smile。しかし、この制限時間の中でプログラムが充実していてビックリcoldsweats02。とても1時間とは思えないほど。ミッシリ過ぎて、え?こんなにやってたった1時間sign02ってカンジ。何よりわたくしにとってはチョーうれしいhappy02選曲のJ.S.バッハ「フルートソナタ ロ短調 BWV1030」。最近のわたくしなりの学びpencilにより、バロックは実はパッショネイトなものなのだ、ってことに気づいてから今日の演奏を聴いてみると、実にゲルマン的な、豪快質実剛健spadeなバッハ。第1楽章の最初の跳躍の高音でわたくし、ゾク~ッthunderとキました。こりゃ来年の1月の札響定演がますます楽しみになってきましたね~~happy01


Img470バロックから現代曲までバラエティに富んだ選曲でしたが、その意図も音楽史に絡んで解説してくれて、めちゃ勉強になりましたhappy01。特に、メシアン「クロウタドリ」。最初プログラムを見たとき、「あれ?メシアン…黒つぐみぢゃなくて?」と疑問に思ったことも、MCkaraokeで見事に解決sign01ヨーロッパの鳥について異様な熱意を持って説明してくれたアーティストさんは初めてですsmile。そしてこの曲、何度も聴いてますが、具体的なイメージを与えてもらったのも初めて。いわゆる「黒い森=シュヴァルツヴァルト」の情景なのだとclub。行ったことないケド、わたくし、イマジネーションをメいっぱい働かせましたワcatface。ワケのわからない現代曲(これはまだ分り易い方だけど)もこんなアシストをもらえると、聴き方がガラリと変わりますねrecycle。そしてここで聖純さん、「ウタドリ」の声を表現していると考えられるフレーズでは、特別な演出をしますーとおっしゃって、わたくし、またなんかカワイイしぐさでもしちゃうのかしら~、ってプッdashと笑っちゃったんだけど、これがスバラシい演出だったのですよーdiamondshine。ピアノの上げた屋根の中に屈み込んでの演奏。フラッター音が絶妙にそして微妙に反響して何とも幻想的な森の中ワールドが立ち上がってきたのですupcoldsweats02。その響きが、ちょっと金属的なミスティさを纏っているのもモダン的でbell。いやホントにビックリしましたfuji。これ、聖純さんのオリジナルですか?


メシアンを聴いていてまたもや感じましたが、やっぱり聖純さんのフルートって、なんかこー、ギリギリッthundersign01っとしたところのない、どわわーっと雄大なカンジがするのよねーconfident。おっきくてあったかい包容力sunってゆーか。それなのにトークはカワイイribbon。終始ニコニコhappy01しながら、汗フキフキsweat01しながら、やわらか~くお話された後、次の曲に入る瞬間、楽譜を見つめなからぐぐーッsign04と集中していく表情がまたステキ~~heart02。キャラ、ズルすぎpout


このミニコンサート、井関楽器さんで講師をしていらっしゃる新堀聡子さんが毎回ピアノを弾かれているようですが、伴奏とはいえ、毎月これほどの高クオリティdiamondの曲を合わせられるなんて、ホントにスゴいですよーshine。美しいうえにMCも面白いしhappy02。キャパ80の会場で「大きな高橋さんがここに入るかどうかシンパイでした。」で、観客全員ゲットrocksign01


それにしても、今回初めて訪れてみた井関楽器さんのミニコンサートnotes。ワンコイン500円でこれほどまでの充実ぶりdiamondだったとは知りませんでした。以前、わたくしのアイドルだったコントラバスの助川さんがゲストの時、チケットを買ってたのに当日風邪で寝たきりに。今思うとまったくもって悔しいことだったのだわッsign01ちっくしょーッbearingsign01…あら?今のはソラミミね?


ってなことで、アーティストさんの人となりも伺えるこのシリーズ、お誘いしたアンサンブル仲間のKさんも大マンゾクcatface&大ヨロコビhappy02で、機会があったらまたぜひ行きたいです~~note

|

« 「失われた夜の歴史」 | トップページ | 「蒼穹の昴」(ドラマ版) »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213530/63802567

この記事へのトラックバック一覧です: ミニコンサート in Steinway Vol.43:

« 「失われた夜の歴史」 | トップページ | 「蒼穹の昴」(ドラマ版) »