« 2016年5月 | トップページ | 2016年7月 »

2016年6月

2016/06/26

「蒼穹の昴」(ドラマ版)

蒼穹の昴 DVD-BOX 全8巻 [マーケットプレイス DVDセット]

いや~、豪華絢爛の美術と衣裳shine、眼福~lovely。2010年に字幕版と吹替え版がNHKで放送されたもののDVDcd


原作である浅田次郎さんの小説bookとは基本的な設定以外、大部分が異なる仕様。一番違和感があったのが、梁文秀とミセス・チャンが、かなわぬ恋の仲heart03だっつーところ。う~むsweat02。なんだかこの設定では、双方ともに“ちっちゃい”人物になり下がっちゃってるdown。前半はこのふたりの恋模様が中心なので、とにかく世界が狭いsad。原作ではこのふたり、あまり接点がなかったと記憶しており、しかも一方は科挙試験の頂点・状元fuji、方や西太后の姪ribbon、というやんごとなき立場なので、社会的視野もめちゃくちゃ広いwave。なのに、このふたりが目を潤ませてうじゃうじゃやってるドラマは、あまりにちっちゃいdown。ちっちゃすぎるdowndown


それと、政治・社会の情勢が背景に追いやられ過ぎて、前面に出て来てる人間ドラマとの関連性がわかりにくいng。なので戦争も“してる感bombimpactがほとんどないのよpout。ま、実際の紫禁城ではそれこそ、こんな感覚だったのかも知れないけどねーcoldsweats01


しかし、このドラマの見所は豪華絢爛shineなセットと衣裳、ですよnotesign01とにかくスゴいッcrownsign03つい最近の歴史なので、写真や資料などはどっさりあるのでしょう、きっと時代考証もガッチリやってのものgood。頂点に立つ西太后のお衣裳やアクセサリーのゴーヂャスshineなこと。目が離せません~~happy02。それと姪のミセス・チャンのカワイらしくも可憐な装いcute。わたくしどっちもすきーッlovelysign01それにしても、あの、髪型、とゆーのか、もはや“装置”ってカンジの装飾はほんとーにスゴいcoldsweats02。わたくし、清の時代に生きていたら、あーゆーのを手掛ける飾り職人になりたかったワーcatface


で、俳優さんたち。西太后役の田中裕子さん、よく考えたらこれまでまともにお芝居を見たことなかったけど、お声もイイし“老年の女性権力者”をうまく演じられていたと思いますhappy01。コワモテleoの印象の西太后だけど、この作品では人間的で優しい面を前面に出す演出で、笑顔がカワイイのよね~cute。細い目が三日月型になってsmile。春児役の余少群さん、京劇の役者に扮した時の美しさたるや、チョー格別kissmark。しかも、過去の作品で京劇の役者の役をやった際猛特訓を受けたそうで、所作も決まってるのよねーdiamond。スバラシいshine。あと、女性陣が美形ぞろいkissmark。これまた眼福~~lovely。潤い美人、ミセス・チャン役の殷桃さん、それと対照的なクール・ビューティー、青筠役の徐百卉さん、プリティな春児の妹・李玲玲役の趙麗穎さん。光緒帝役の張博さんは、「三国志」で孫権の役をやっていた方で“皇帝役者crownなんでしょーか。どちらもお母さんに“ぎゅっsweat01sweat01ってヤラレる役どころsmile。感情の表し方が、意欲に燃える青年皇帝という人物像にピッタリマッチしておりましたbell。あと、“悪役チーム”の栄禄役や李蓮英役の役者さんたちのわるーいカンジnewmoon、よかったワ~happy02。まー、もっと春児をグリグリイジメてもよかったカモsmile。そしてわたくしは主に吹替え版で見てたんだけど、声優さんもピッタシですごくよかったーfuji


ってなことで内容的にはかなり物足りなかったけど、それを補って余りある美術の美しさshineに免じて許してやることにいたします(わたくし、ナニモノsmile?)。それにしても珍姫を棒たたきの刑impactにするシーンは結構執拗に描かれてて、う~む、やっぱ中国だなナ~typhoonと思ったことでした…sweat02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/06/19

ミニコンサート in Steinway Vol.43

Img469いや~、めちゃめちゃ楽しかった~~happy02impactsign01しかもsign01コストパフォーマンスどえらく高しッupupsign01そしてッsign01聖純さん、ものすんご~くカワイイcuteんですけどぉ~~~~heart04smile。井関楽器さんのスタインウェイスタジオで月に1回、日曜の午後にピアノとのアンサンブルnotesを聴かせてくれるミニコンサート、本日は、札幌交響楽団首席フルーティストの高橋聖純さんshineがゲスト。


念願だった聖純さんのメインパフォーマンスを聴けたのですが、4~5メートル程の至近距離で聴く音はすごい迫力でしたimpactcoldsweats02圧倒的な音量crown。普段オーケストラで吹いていらっしゃる方はやっぱ違うワーと改めて実感confident。全開のグランドピアノにも全く負けてませんもんねー。今日のチカラの出し具合ってどんなもんなんでしょーか?室内楽だからオーケストラの時より抑えめだったのかしら?だとしても、スゴすぎ~coldsweats02。でも会場の環境がよければ本来の澄んだ美音shineだったんじゃないかと思うと、ちょっとお気の毒に感じましたweep。最初の曲が終わった後、聖純さんもおっしゃってましたが、湿度が高くてタンポがペチペチいうほど(シリコンなのかナ?)。音もすごいハスキーになっちゃっててwine。それでもあの高音の発音はスゴい~~bell


予定では45分間のところ、聖純さんのトークがナメラカかつカワイくて1時間近くに延長smile。しかし、この制限時間の中でプログラムが充実していてビックリcoldsweats02。とても1時間とは思えないほど。ミッシリ過ぎて、え?こんなにやってたった1時間sign02ってカンジ。何よりわたくしにとってはチョーうれしいhappy02選曲のJ.S.バッハ「フルートソナタ ロ短調 BWV1030」。最近のわたくしなりの学びpencilにより、バロックは実はパッショネイトなものなのだ、ってことに気づいてから今日の演奏を聴いてみると、実にゲルマン的な、豪快質実剛健spadeなバッハ。第1楽章の最初の跳躍の高音でわたくし、ゾク~ッthunderとキました。こりゃ来年の1月の札響定演がますます楽しみになってきましたね~~happy01


Img470バロックから現代曲までバラエティに富んだ選曲でしたが、その意図も音楽史に絡んで解説してくれて、めちゃ勉強になりましたhappy01。特に、メシアン「クロウタドリ」。最初プログラムを見たとき、「あれ?メシアン…黒つぐみぢゃなくて?」と疑問に思ったことも、MCkaraokeで見事に解決sign01ヨーロッパの鳥について異様な熱意を持って説明してくれたアーティストさんは初めてですsmile。そしてこの曲、何度も聴いてますが、具体的なイメージを与えてもらったのも初めて。いわゆる「黒い森=シュヴァルツヴァルト」の情景なのだとclub。行ったことないケド、わたくし、イマジネーションをメいっぱい働かせましたワcatface。ワケのわからない現代曲(これはまだ分り易い方だけど)もこんなアシストをもらえると、聴き方がガラリと変わりますねrecycle。そしてここで聖純さん、「ウタドリ」の声を表現していると考えられるフレーズでは、特別な演出をしますーとおっしゃって、わたくし、またなんかカワイイしぐさでもしちゃうのかしら~、ってプッdashと笑っちゃったんだけど、これがスバラシい演出だったのですよーdiamondshine。ピアノの上げた屋根の中に屈み込んでの演奏。フラッター音が絶妙にそして微妙に反響して何とも幻想的な森の中ワールドが立ち上がってきたのですupcoldsweats02。その響きが、ちょっと金属的なミスティさを纏っているのもモダン的でbell。いやホントにビックリしましたfuji。これ、聖純さんのオリジナルですか?


メシアンを聴いていてまたもや感じましたが、やっぱり聖純さんのフルートって、なんかこー、ギリギリッthundersign01っとしたところのない、どわわーっと雄大なカンジがするのよねーconfident。おっきくてあったかい包容力sunってゆーか。それなのにトークはカワイイribbon。終始ニコニコhappy01しながら、汗フキフキsweat01しながら、やわらか~くお話された後、次の曲に入る瞬間、楽譜を見つめなからぐぐーッsign04と集中していく表情がまたステキ~~heart02。キャラ、ズルすぎpout


このミニコンサート、井関楽器さんで講師をしていらっしゃる新堀聡子さんが毎回ピアノを弾かれているようですが、伴奏とはいえ、毎月これほどの高クオリティdiamondの曲を合わせられるなんて、ホントにスゴいですよーshine。美しいうえにMCも面白いしhappy02。キャパ80の会場で「大きな高橋さんがここに入るかどうかシンパイでした。」で、観客全員ゲットrocksign01


それにしても、今回初めて訪れてみた井関楽器さんのミニコンサートnotes。ワンコイン500円でこれほどまでの充実ぶりdiamondだったとは知りませんでした。以前、わたくしのアイドルだったコントラバスの助川さんがゲストの時、チケットを買ってたのに当日風邪で寝たきりに。今思うとまったくもって悔しいことだったのだわッsign01ちっくしょーッbearingsign01…あら?今のはソラミミね?


ってなことで、アーティストさんの人となりも伺えるこのシリーズ、お誘いしたアンサンブル仲間のKさんも大マンゾクcatface&大ヨロコビhappy02で、機会があったらまたぜひ行きたいです~~note

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/06/18

「失われた夜の歴史」

失われた夜の歴史

いやー、スゴい仕事されてるワ~~shine。ヴァージニア工科大学の歴史学教授であるロジャー・イーカーチ氏著、樋口幸子、片柳佐智子、三宅真砂子各氏訳book


産業革命前のヨーロッパでは、夜nightがどのように認識され、過ごされていたか、超ボーダイな一次資料memoを渉猟しまくってまとめた労作diamond。これから文学作品bookや絵画作品artで描かれる夜nightのシーンを読んだり見たりする時も、そのバックグラウンドを知ることによってより理解が深まるカンジがするーconfident


あたりを照らす炎flairをどう確保するか、寝床sleepyをどう作るか、といったような物理的な苦労はなんとなく想像できる部分はあったけど(それでもその想像を遥かに超える苦労があったようで…sweat01)、精神的な分野での夜の役割には、なるほどねぇ~~thinkと思わせられることがたくさん。使役されている人々にとっては、唯一夜の時間が心身ともに解放される時間だったと。面白いことに、規範が厳しい上流階級の人たちも同様だったのねconfident


神の光shineを印象付けるための闇mistを必要とした宗教界や、夜間の治安において出歩く人間を少なくするためにあえて照明を増やさなかった行政とか、なかなかに興味深い~up。その流れで、イギリスは公権力をあんまり信用していない伝統がある、ってゆーの、面白いflair。元々公的な警察組織がなかったので、民間の夜警団を組織し、それがスコットランドヤードに発展してきた歴史がある。この精神性が、現在も公権力を監視する政治制度の仕組につながってるのね~think


そんなこんなでいろいろ面白い発見flairがある書籍だったけど、びっくりさせられたのは、夫婦や恋人同士じゃなくてもベッドを共にする習慣があったってことcoldsweats02sign01物理的、精神的な危機が訪れやすい夜なので、安全を守るためや、暖房費を節約するためと理由はあるらしいんだけど、結構男同士spadeってのもあって、思わずナニしてしまうケースもシバシバあったとか…smile


そして一番印象に残ったのは睡眠の取り方。現代のように、一度寝入ったら朝までぶっ続けで眠るのではなく、夜中に一度目覚めてeye静かな時間を過ごしていた、という。「第一の睡眠」と「第二の睡眠」と呼ばれるようなのね。このふたつの睡眠の間に、宗教的な瞑想や自分自身について省みる静かな時間を過ごしていたと。筆者は、この今は失われた時間がものすごく大切な時間だったのではないか、と書いています。むぅ~、ホントにそーかも知れないなぁ~~。昼間の時間にそんなことしてるヒマないもんね~~think


あと、感心したのは、翻訳と校正の正確さgood。近年読んだこのテのノンフィクションもので、これほどまでに正確な文章はあまりお目にかかったことなかったもんだからbell。528ページもの厚い本だったけど、気になるところはひとつもなかったのよね~。スバラシい~~shine


こんな内容で日本やアジアの夜について記述されてるものがあったら面白いのにナ~と思っちゃいましたーhappy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/06/13

札幌交響楽団 第590回 定期演奏会

Img468広上さん、おもしろーいッhappy02impactsign03って、鑑賞するとこ違うから…coldsweats01。わたくしにとってはじめましてnewの広上淳一さんに、もー目ぇ釘付け~~eye。おとといのお昼公演行って参りましたshoe


札響の演奏歴2回目のショスタコーヴィチ「交響曲第8番 ハ短調 op.65」、前回の演奏もわたくしラッキーながら聴いてまして、高関さんのカッコイイ音楽heart02に狂喜いたしましたhappy02。しかし今回は、広上さんのパフォーマンスがオモシロくてオモシロくてhappy02happy02音楽どころぢゃなくなっちゃってぇ~coldsweats01。ある時はチアリーダーribbon、またある時はバンカラ応援団leo。アダージョ部分ではキツネ、あるいはもっと優雅に指先まではんなりした日本舞踊。もしかしてコレは、広上さんの踊りに札響が伴奏してるってことなのかーcoldsweats02sign02……だから違うってcoldsweats01


というわけで、今回はわたくしの意識が半分以上広上さんに持ってかれちゃったんだけど、やっぱりショスタコさん、好きダワ~~heart04。この曲には特にテーマはないということだけど、「人生の苦悩と喜び」のようなものが表現されていると。しかし第1楽章のトゥッティでの高音の雄叫びを聴いてると、ショスタコさん、どんだけの苦悩ぉーーーッbearingsign02って思わざるを得ない。そして重苦しいくらーい響きの中、ところどころにキラリンshineと光る長調のハーモニー。それは、はッcoldsweats02sign01っとするほどのマブシさshinesun。当時、ロシアで生活するってことはこーゆーカンジだったのかしらん…typhoon。ってゆーか、第二次世界大戦中だもんね、世界中でこんなカンジだったのカモ…weep。その、狂わんばかりのフォルテシモのあとに続くイングリッシュホルンのソロ。おとといの宮城さんはいつもよりちょっとクールなカンジだったかなー。少し眠そうに見えましたけど、地顔でしょうかsmile?トランペットの福田さんもカッコよかった~~lovely。それぞれの1stさんもいつもながらナイスなソロを聴かせてくれましたが、3rdさんたちも良かったですね~~bell。前半のシベリウスでは寝てたsleepy中学生男子たちschoolも、身を乗り出して夢中で聴いてましたわヨーhappy01


プログラム前半はシベリウス「ヴァイオリン協奏曲 二短調 op.47」。これも6年前の定演で竹澤恭子さんで聴いた時は、竹澤さんの気合の入ったカッコよさspadeが前面に現れたものだったけれど、おとといのボリス・ベルキンさんはまた全然違う印象だったワーconfident円熟の極み、気負ったところの全くない、優しくてまる~いフンイキcute。シベリウスで優しくてまるい、ってわたくしの中ではあんまり結びつかない組合せだったんだけど、おとといの演奏を聴いていて、コレもアリなのね、とconfident。ってゆーか、以前聴いたシベリウスの小品に感じた“極寒の中だからこそ大切に感じる暖かさsunがここにも含まれてるってことなのかもね。


さてここ2回ほど、わたくし、エラソーに注文をつけていました(スミマセン~~ッsweat01sign01)、オーボエ(試用)首席の関さん、やっとキてくれましたーッhappy02sign01イイ~カンジでした~~diamondshine。これからも期待してますわよーッsign01(fl.高橋さんに)負けないでーッpunchimpactsign01bleahで、コントラバスに助っ人首席でご登場されてた高山智仁さん、シブカッコよかったワ~~heart04。俳優の大鶴義丹さんをワイルドleoにしたカンジ。眼光スルドくthunder苦味バシったjapanesetea表情でのパッショネイトimpactな演奏、わたくし、シビレましたlovely。なにやら函館ご出身の由、ぜひ札響へ。なんつってsmile


それにしてもあまりに広上さんに気を取られてしまった今回、次回指揮される時は、思いっきり正面P席にするか、目に入らないくらい3階席の一番後ろにするか、悩むワ~~bearingtyphoonsmile

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/06/07

NHK人形劇「三国志」

人形劇 三国志 全集 一巻 [DVD]

マジでimpactsign01人形の造形と動き、スバラシすぎるぅ~~happy02happy02shine。1982年10月2日から1984年3月24日までNHKで放送されていた人形劇tv、だいぶん前にオトナ買いmoneybagしていたDVDcdをつひに見終わりましたーend


子供のころ、リアルタイムで見ていて「諸葛亮孔明」といえば「森本レオ」、「森本レオ」といえば「諸葛亮孔明」が刷り込まれた作品smile。でもほとんど全部忘れてた…sweat02。大人になって、しかもある程度「三国志」のことを知ってから見るとどうだったか、といえば、立間祥介氏の作品が原作になっているとはいえ、かなりのところオリジナルな演出になってたのねーcoldsweats01。最初のうちは「ええ~ッcoldsweats02sweat01sign02」って思ってたけど、だんだん慣れてきてオールOKgoodになってきたcoldsweats01


とにかく、川本喜八郎さんの人形がマーヴェラスッfujisign03能面と同様表情が変わらないのに、場面声の調子によってそのようにちゃーんと見えてくるのよね~happy02。特に素晴らしいのがやはし孔明shine。冷静な人物らしく額の秀でたカシコソーな白面から喜怒哀楽が読めちゃうのよ。ほんとスゲーhappy02shine。川本さんの話では4作目にして「やっと孔明になってくれた」というものconfident


川本さんの造形には人物像によって特徴があるようで、人柄に裏表のない人物は目玉が動かないんだけど、ハラにイチモツある人物は目が左右に動くleftrightのよねーsmile。面白かったのは、ドラマオリジナルの人物として登場する勝平くん(後に関羽の養子になって関平と名を変える)の父親が終盤に登場してくるんだけど、時々横目になるから、「うーん、なんかヘンだなぁ…think」なんて思ってみてたら、実はニセモノで魏のスパイだったってことが判明するcoldsweats02。この伏線には思わずウマいッsign01とココロの中で叫んでしまったワーhappy02。 で、この目玉が動かない人物は実は少なくて、主役級では孔明の他は劉備、関羽くらい。曹操も孫権もしょっちゅう横目ワルいヤツsmile。あ、張飛は上下updownに動くのでワルぢゃないのよねーsmile。その孔明でフシギなのは口が動くことflair重要な政策を口にするとき動くっぽい。「天下三分の計」とか。それと曹操と劉備、年を取った印として目の下に赤い線が入るところ。芸が細かい~~happy02。孔明の次にわたくしお気に入りだったのは関羽。丸顔に大きな目と太い眉。なんかカワユくて~lovely。あと、豪華な衣裳shineも目を奪われちゃう~catface。武将たちは、仏像の四天王の衣裳に近い。ほとんど日本の戦国武将なんだけど、キラビやかで手が込んでますdiamondshine。いやー、衣裳係さんたち、大変だっただろーなーconfident


そしてその人形の動きもスンバラしいのーshineshine。こちらは特に曹操を遣っている人がスゴいッhappy02diamondsign03どうやら人形遣いの方々は、みな中腰になって操作していたらしいんだけど、その姿勢であれらの動きをさせるってほんと激賞に値すると思うcrown。曹操のあの、のっしのっしdashと歩く様子、自信と威厳に満ちた動きは研究と修練のたまものですよねーconfident。周楡もよかったワ~~good。キレのある動きでthunder


それにしても、登場人物たちが死ぬシーンが人形劇とは思えないほど人情味があってビックリするbell。演出家入魂のシーンですねぇ。周楡の憤死するシーンなんか、孔明への尋常ならざる恨み辛みtyphoonthunderが溢れかえっていて見てるこちらも苦しくなるくらいsad。曹操、関羽、劉備、みな志半ばでの死で、その無念さがこれでもかと描かれてるのよねー。関羽の死の場面はほとんど歌舞伎fuji


声は8人の俳優さんたちだけ。これにもビックリしちゃうcoldsweats02。曹操の岡本信人さんなんか、今ドラマtvで拝見すると結構ナサケナい役が多かったりしてcoldsweats01、イメージ全然違うぢゃんpoutsign01なんて始めの頃は思ってたんだけど、回数を重ねていく度にどんどん迫力ある低音typhoonになっていって、最後はもうこれ以上ないsign01って声になってましたもんねーup。ことほど左様に、最初めちゃくちゃヘタクソだったsmileシンシンとロンロンも最後の方はかなり上手になってたgood。みなさん、いろんな声音を使って何十役もこなしてます。


で、全体的にやっぱり感じるのは歌舞伎fujiのイメージ。さっきの関羽の臨終のシーンを始め、チカラimpactpunchの入る場面はヒジョーに歌舞伎に近い。面白かったのは、馬超のセリフ回しが13代目・市川団十郎さんみたいだったことsmile。人形もヒゲの剃り跡も青々とした大作りな顔立ちで、似てる~~catface


というわけで、オトナになって観ても、というか、オトナなればこそ解る価値ってもんに気が付けた一作でした~happy01。大事なコトなので、2度書きますsmile。スバラシい~~shinediamond

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/06/01

「ルネサンスの女たち」

う~ん、やっぱり塩野七生、合わない~~bearingbearing。ルネサンス繋がりで本棚にあったものを読んではみたものの、ココロに残るものが何もない…empty


この、小説のようなエッセーのような、なんかわけのわからん文体がきっと没入できない原因なのよね~bearing。特殊な文体の作家は結構いる中でこんだけ合わないってのも、逆に貴重かもsmile。今、あれこれルネサンスモノbookを読んでるので、それらとの照らし合いrecycleでそれぞれの人物が浮き上がってくるのには、まぁちぃーと役には立ったようなカンジはするけどもcoldsweats01。処女作らしいけど、このヒトの特徴である「彼女はコレコレこーであった。」で全部終わらす方式が最初から展開されてるのねgawk。これが、ホントに全く面白くもなんともない原因なのよ。でも小説じゃないからいいのかdown



ルクレツィア・ボルジアの章では、「女を描くには男を描くべし」などとおっしゃって、全章ほぼ父ロドリーゴと兄チェーザレのハナシ。全然ルクレツィアの章ぢゃないぢゃんッannoysign01そしてこれを読む限り、ルクレツィアの魅力は全ッ然伝わってこないしng。で、後の「チェーザレ・ボルジア あるいは優雅なる冷酷」に繋がってっちゃうんだろーけど、どんだけチェーザレ好きなのッsign01ってくらい、持ち上げまくりwobbly。ハタから見ると不自然よ、塩野サンgawk



いやー、なんかもー、時間のムダだったbearing。もー塩野七生は読まなくてもイイわend

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年5月 | トップページ | 2016年7月 »