« 「ルネサンスの女たち」 | トップページ | 札幌交響楽団 第590回 定期演奏会 »

2016/06/07

NHK人形劇「三国志」

人形劇 三国志 全集 一巻 [DVD]

マジでimpactsign01人形の造形と動き、スバラシすぎるぅ~~happy02happy02shine。1982年10月2日から1984年3月24日までNHKで放送されていた人形劇tv、だいぶん前にオトナ買いmoneybagしていたDVDcdをつひに見終わりましたーend


子供のころ、リアルタイムで見ていて「諸葛亮孔明」といえば「森本レオ」、「森本レオ」といえば「諸葛亮孔明」が刷り込まれた作品smile。でもほとんど全部忘れてた…sweat02。大人になって、しかもある程度「三国志」のことを知ってから見るとどうだったか、といえば、立間祥介氏の作品が原作になっているとはいえ、かなりのところオリジナルな演出になってたのねーcoldsweats01。最初のうちは「ええ~ッcoldsweats02sweat01sign02」って思ってたけど、だんだん慣れてきてオールOKgoodになってきたcoldsweats01


とにかく、川本喜八郎さんの人形がマーヴェラスッfujisign03能面と同様表情が変わらないのに、場面声の調子によってそのようにちゃーんと見えてくるのよね~happy02。特に素晴らしいのがやはし孔明shine。冷静な人物らしく額の秀でたカシコソーな白面から喜怒哀楽が読めちゃうのよ。ほんとスゲーhappy02shine。川本さんの話では4作目にして「やっと孔明になってくれた」というものconfident


川本さんの造形には人物像によって特徴があるようで、人柄に裏表のない人物は目玉が動かないんだけど、ハラにイチモツある人物は目が左右に動くleftrightのよねーsmile。面白かったのは、ドラマオリジナルの人物として登場する勝平くん(後に関羽の養子になって関平と名を変える)の父親が終盤に登場してくるんだけど、時々横目になるから、「うーん、なんかヘンだなぁ…think」なんて思ってみてたら、実はニセモノで魏のスパイだったってことが判明するcoldsweats02。この伏線には思わずウマいッsign01とココロの中で叫んでしまったワーhappy02。 で、この目玉が動かない人物は実は少なくて、主役級では孔明の他は劉備、関羽くらい。曹操も孫権もしょっちゅう横目ワルいヤツsmile。あ、張飛は上下updownに動くのでワルぢゃないのよねーsmile。その孔明でフシギなのは口が動くことflair重要な政策を口にするとき動くっぽい。「天下三分の計」とか。それと曹操と劉備、年を取った印として目の下に赤い線が入るところ。芸が細かい~~happy02。孔明の次にわたくしお気に入りだったのは関羽。丸顔に大きな目と太い眉。なんかカワユくて~lovely。あと、豪華な衣裳shineも目を奪われちゃう~catface。武将たちは、仏像の四天王の衣裳に近い。ほとんど日本の戦国武将なんだけど、キラビやかで手が込んでますdiamondshine。いやー、衣裳係さんたち、大変だっただろーなーconfident


そしてその人形の動きもスンバラしいのーshineshine。こちらは特に曹操を遣っている人がスゴいッhappy02diamondsign03どうやら人形遣いの方々は、みな中腰になって操作していたらしいんだけど、その姿勢であれらの動きをさせるってほんと激賞に値すると思うcrown。曹操のあの、のっしのっしdashと歩く様子、自信と威厳に満ちた動きは研究と修練のたまものですよねーconfident。周楡もよかったワ~~good。キレのある動きでthunder


それにしても、登場人物たちが死ぬシーンが人形劇とは思えないほど人情味があってビックリするbell。演出家入魂のシーンですねぇ。周楡の憤死するシーンなんか、孔明への尋常ならざる恨み辛みtyphoonthunderが溢れかえっていて見てるこちらも苦しくなるくらいsad。曹操、関羽、劉備、みな志半ばでの死で、その無念さがこれでもかと描かれてるのよねー。関羽の死の場面はほとんど歌舞伎fuji


声は8人の俳優さんたちだけ。これにもビックリしちゃうcoldsweats02。曹操の岡本信人さんなんか、今ドラマtvで拝見すると結構ナサケナい役が多かったりしてcoldsweats01、イメージ全然違うぢゃんpoutsign01なんて始めの頃は思ってたんだけど、回数を重ねていく度にどんどん迫力ある低音typhoonになっていって、最後はもうこれ以上ないsign01って声になってましたもんねーup。ことほど左様に、最初めちゃくちゃヘタクソだったsmileシンシンとロンロンも最後の方はかなり上手になってたgood。みなさん、いろんな声音を使って何十役もこなしてます。


で、全体的にやっぱり感じるのは歌舞伎fujiのイメージ。さっきの関羽の臨終のシーンを始め、チカラimpactpunchの入る場面はヒジョーに歌舞伎に近い。面白かったのは、馬超のセリフ回しが13代目・市川団十郎さんみたいだったことsmile。人形もヒゲの剃り跡も青々とした大作りな顔立ちで、似てる~~catface


というわけで、オトナになって観ても、というか、オトナなればこそ解る価値ってもんに気が付けた一作でした~happy01。大事なコトなので、2度書きますsmile。スバラシい~~shinediamond

|

« 「ルネサンスの女たち」 | トップページ | 札幌交響楽団 第590回 定期演奏会 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213530/63134339

この記事へのトラックバック一覧です: NHK人形劇「三国志」:

« 「ルネサンスの女たち」 | トップページ | 札幌交響楽団 第590回 定期演奏会 »