« ミニコンサート in Steinway Vol.43 | トップページ | 「流転の王妃・最後の皇弟」 »

2016/06/26

「蒼穹の昴」(ドラマ版)

蒼穹の昴 DVD-BOX 全8巻 [マーケットプレイス DVDセット]

いや~、豪華絢爛の美術と衣裳shine、眼福~lovely。2010年に字幕版と吹替え版がNHKで放送されたもののDVDcd


原作である浅田次郎さんの小説bookとは基本的な設定以外、大部分が異なる仕様。一番違和感があったのが、梁文秀とミセス・チャンが、かなわぬ恋の仲heart03だっつーところ。う~むsweat02。なんだかこの設定では、双方ともに“ちっちゃい”人物になり下がっちゃってるdown。前半はこのふたりの恋模様が中心なので、とにかく世界が狭いsad。原作ではこのふたり、あまり接点がなかったと記憶しており、しかも一方は科挙試験の頂点・状元fuji、方や西太后の姪ribbon、というやんごとなき立場なので、社会的視野もめちゃくちゃ広いwave。なのに、このふたりが目を潤ませてうじゃうじゃやってるドラマは、あまりにちっちゃいdown。ちっちゃすぎるdowndown


それと、政治・社会の情勢が背景に追いやられ過ぎて、前面に出て来てる人間ドラマとの関連性がわかりにくいng。なので戦争も“してる感bombimpactがほとんどないのよpout。ま、実際の紫禁城ではそれこそ、こんな感覚だったのかも知れないけどねーcoldsweats01


しかし、このドラマの見所は豪華絢爛shineなセットと衣裳、ですよnotesign01とにかくスゴいッcrownsign03つい最近の歴史なので、写真や資料などはどっさりあるのでしょう、きっと時代考証もガッチリやってのものgood。頂点に立つ西太后のお衣裳やアクセサリーのゴーヂャスshineなこと。目が離せません~~happy02。それと姪のミセス・チャンのカワイらしくも可憐な装いcute。わたくしどっちもすきーッlovelysign01それにしても、あの、髪型、とゆーのか、もはや“装置”ってカンジの装飾はほんとーにスゴいcoldsweats02。わたくし、清の時代に生きていたら、あーゆーのを手掛ける飾り職人になりたかったワーcatface


で、俳優さんたち。西太后役の田中裕子さん、よく考えたらこれまでまともにお芝居を見たことなかったけど、お声もイイし“老年の女性権力者”をうまく演じられていたと思いますhappy01。コワモテleoの印象の西太后だけど、この作品では人間的で優しい面を前面に出す演出で、笑顔がカワイイのよね~cute。細い目が三日月型になってsmile。春児役の余少群さん、京劇の役者に扮した時の美しさたるや、チョー格別kissmark。しかも、過去の作品で京劇の役者の役をやった際猛特訓を受けたそうで、所作も決まってるのよねーdiamond。スバラシいshine。あと、女性陣が美形ぞろいkissmark。これまた眼福~~lovely。潤い美人、ミセス・チャン役の殷桃さん、それと対照的なクール・ビューティー、青筠役の徐百卉さん、プリティな春児の妹・李玲玲役の趙麗穎さん。光緒帝役の張博さんは、「三国志」で孫権の役をやっていた方で“皇帝役者crownなんでしょーか。どちらもお母さんに“ぎゅっsweat01sweat01ってヤラレる役どころsmile。感情の表し方が、意欲に燃える青年皇帝という人物像にピッタリマッチしておりましたbell。あと、“悪役チーム”の栄禄役や李蓮英役の役者さんたちのわるーいカンジnewmoon、よかったワ~happy02。まー、もっと春児をグリグリイジメてもよかったカモsmile。そしてわたくしは主に吹替え版で見てたんだけど、声優さんもピッタシですごくよかったーfuji


ってなことで内容的にはかなり物足りなかったけど、それを補って余りある美術の美しさshineに免じて許してやることにいたします(わたくし、ナニモノsmile?)。それにしても珍姫を棒たたきの刑impactにするシーンは結構執拗に描かれてて、う~む、やっぱ中国だなナ~typhoonと思ったことでした…sweat02

|

« ミニコンサート in Steinway Vol.43 | トップページ | 「流転の王妃・最後の皇弟」 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213530/63430227

この記事へのトラックバック一覧です: 「蒼穹の昴」(ドラマ版):

« ミニコンサート in Steinway Vol.43 | トップページ | 「流転の王妃・最後の皇弟」 »