« 「蒼穹の昴」(ドラマ版) | トップページ | 「李香蘭」 »

2016/07/01

「流転の王妃・最後の皇弟」

流転の王妃 最後の皇弟 DVD-BOX

竹野内豊さんのたどたどしい日本語がリアルでビックリ~coldsweats02。清朝ものつながりで、2003年に放映されたものをDVDcd鑑賞いたしましたhappy01


竹野内豊さん、ホント、役作りカンペキですねぇ~crown。よくわかんないけども北京語の発語もものすごくナチュラルなカンジがするしcoldsweats01実直な人柄が滲み出る芝居でしたgood。ソ連軍から解放された後、15年ぶりに浩さんと再会した後、亡くなった長女の骨壷の蓋を開け、遺骨を愛おしそうに手にし、蓋を戻そうとする手が躊躇して戻すに戻せず、次の瞬間、こみ上げる激しい悲しみを抑えきれず、骨壷を抱きしめて号泣するシーン、素晴らしかったです…weep。いつも物静かに物事に対処する溥儀さんの、父親としての情愛が迸り出る珠玉の場面でしたdiamondshine


一方、わたくし、常盤貴子さんは見た目結構スキなんだけども、この時代設定ではやはりちょっと現代的過ぎるカンジがしないでもなかったかなconfident。竹野内さんの役作りがカンペキなだけに余計に目立っちゃったのかも。


それしても段田安則さん、こーゆー役をやらせたらほんとにウマいわーhappy02。モデルは、満州国皇室御用係の吉岡安直のようだけど、評価が分かれる人物のせいか工藤正二なる役名になってます。川島芳子役の江角マキコさんも出番はあんまりなかったけど合ってるカンジgood。李香蘭役で天海祐希さん、フンイキはあったけど歌、イマイチsmile


あ、葉加瀬太郎さんの音楽、よかったですね~note


さて、ドラマのタイトルは、愛新覚羅浩さんが書いた手記memoのタイトルから取っているようだけど、浩さんが「王妃」だったことはないのでは~?それとも“こころの王妃smilecrown

|

« 「蒼穹の昴」(ドラマ版) | トップページ | 「李香蘭」 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213530/63600830

この記事へのトラックバック一覧です: 「流転の王妃・最後の皇弟」:

« 「蒼穹の昴」(ドラマ版) | トップページ | 「李香蘭」 »