« 2016年7月 | トップページ | 2016年9月 »

2016年8月

2016/08/28

札幌交響楽団 第592回 定期演奏会

Img479いいですねぇ~~catface。最近の札響、初演newの楽曲に果敢に挑戦impactしてますねぇ~~catfacecatface。といきなり上から目線でスンマセンcoldsweats01。でも聴かせていただくわたくしも、すっごく楽しいんです~~happy01happy01


前半はデュティーユ「交響曲第2番「ル・ドゥーブル」」。フルートのリサイタルでは比較的聴く機会があるデュティーユだけど、オーケストラでシンフォニーを聴くのは全く初めてnewだったのですっごく貴重な体験でしたshine。作曲家によれば「分身」を意味する「ドゥーブル」、大小のオーケストラが前後に並んで奏でる音楽は、なんともいえないフシギ~~な雰囲気満載。どこか未知の世界ふわり、と誘われてるような夢ゴコチなカンジmist。前に陣取る小オケは首席を揃えたチームだけど、だからと言ってガーッthunderと演奏するわけぢゃないのね。後ろの大オケに溶け込みつつところどころでフ~~っと前に出ては引っ込み、ホワ~~っと前に出ては引っ込み。しかしッimpactsign01この瞬間芸(もうちっと長いケドsmile)でもわかるウマさdiamondshine。わたくしってば、座ってる位置のせいもあったけど、最後までトランペットの福田さんが見つけられなくて、降り番かしら~despair?なんて思ってたんだけど、でもなんかすんごくウルワシいトランペットの音がどっかから聴こえてくるぅーnoteなんて思ってて。この、定位置じゃないところから聴こえてくる音の、特に管楽器系の、前後から立体的に立ち上がってくる効果notes。これが作曲家のネライなのねッangrysign02などと、己のマヌケさを正当化したりなどしてcoldsweats01。で、後ろの大オケでもソロを取ったりするので、前後のオケが緻密なリズムを伴ってモチーフを次々にパスsoccerdash、パスbasketballdash、パスsoccerdash…、渾然一体となりつつ、“夢幻ワールド”をカモシ出してるのよねー。全体的にジャズっぽい印象を受けるのも、現代の作曲家の特徴ですかね~。いやー、イイものを聴かせていただきました~~confident


後半はベルリオーズ「幻想交響曲 op.14」。「幻想」とタイトルがついてるけど、デュティーユから遡ることおよそ130年、こちらは超安心設計。地に足がついてるカンジcatface。第3楽章の「野辺の風景」、完全に夏バテwobblysweat01の今のわたくしには染み入ったワ~~spaサワヤカな風が吹き抜ける草原に寝転がって、白い雲cloudが浮かぶ青空を眺めつつ恋人をひたすら想う青年spade。そのちょっと甘やかなため息を、フルート高橋さんが頑丈なガタイやさしーくcute奏でて、わたくしもふぅ~とため息confident。この楽章冒頭の、宮城さんのイングリッシュホルンと、ステージ袖からの岩崎さんのオーボエの絡み、めちゃくちゃ良かったワ~~happy02。耳を澄ませると遥か遠くから夢のように聴こえてくるオーボエ。この演出、ハッflairとしました。それにしてもチューバが2本も入る大編成なのに、すっごくタイト上品なフンイキになるのはやはり、指揮者グラーフさんのお人柄のなせるワザなんでしょうかconfident


このハンス・グラーフさん、スティールcameraを拝見するとシブい俳優のようだけど、ステージではすっごくモデスティ(謙虚)なカンジがチョーナイスなのlovely。カーテンコールでメンバーを称賛bellした後、そのメンバーに深々と頭を下げられて、「一緒に素晴らしい音楽を作ってくれてありがとう」ってキモチがしゅわわわ~~ッsign05と伝わってきて、な~んてステキなおヒト~~heart02ってわたくしもホッコリhappy01。こーゆーのって、ゼッタイ音楽に現れますよねーーnote


さて終演後、ファゴットの坂口さんが、(助演じゃない)周りの木管チームの面々に笑顔で次々に握手を求めて、みなさんガッシリそれに応えてるお姿を見て、この演奏会が“単なるお仕事”ではないってコトを感じさせてくれて、わたくしもとってもウレシかったです~~happy01


さて来月は、わたくし、身悶えして楽しみにしてるマエストロ・ポンマーの「モツレク」。ヤバーイッbearingimpactsign01もー心臓ドキドキしてきたーーーッheart01impactsign03

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/08/26

「冬の光」

冬の光

なんだかとてつもない虚しさを感じる一冊book。お気に入りの作家、篠田節子さんの長編。こんなところにまで篠田さんは到達してしまったのか…ってゆーのが、読後とりとめなくいろいろ考えた後のスナオな感想かしら…dash



この作品には様々な人間たちが登場するんだけど、最終的には「人間ってこんなもんなんだろーなぁ~」ってところに辿り着くカンジ。読み終わってすぐには、W主人公のうちのひとり、父親・康宏の生き方に「ったくオトコってヤツは…。しょーもねぇなぁ~。gawk」って思っちゃう。“家族の役割”としては妻子を長年に亘って裏切り続けてきたくせに、ある瞬間には急に家族の幸せにヒタってみたり、ホント、なんつー身勝手なヤツッangryannoysign01だし、東日本大震災でボランティアをして筆舌に尽くしがたい残酷さを体験した後四国遍路に出るも、その行動の根底は哲学も信仰もない空疎であることに気付く。でもだからといって結願した後に何か特別な決意をするでもなく、日常に戻って行こうとするのよね。篠田さんはここで理想を描くのではなく、現代日本人の持つ一面、どうしようもないスカスカさemptyを示してるのかもthink


そしてこの父の長年の“浮気”相手、美術史学者・笹岡紘子は、別の一面が強調された現代日本人の姿かなと。“独立する女性”の片面のみを頑なに推し進める生き方は、やはり矛盾をはらむものだと思うのよね。自分のパートナーの裏切りには傷つくのに、己が逆の立場になっていても何の疑問も感じない。モラルとして「相手の妻のことは考えないのか」と責めることもできるけど、非常に論理的な紘子がそれに気付かないのは何故なのか。“結婚して自立していない女”は一顧だにする必要はない、ということなのか。裏切られたら別れればいいじゃない、と。アカデミーで、後進の女性学者のために孤軍奮闘した彼女であるが故に疑問が残るのだわthink。で、ここでも、後進のためと思って彼女がすることが、あまりにラディカルであったために、肝心の後進の女性学者たちにも理解されなかったっていうのも現実にある話。60歳になってもその信念を実現させるための効果的な方法を見つけられなかったなんて、お気の毒なヒトではある。もう少しでも相手の立場や心情を理解しようとしていれば、結果は違っていたかも知れないのにね。でも彼女にはそれが出来ない性質だったんでしょう。


で、その紘子さんには“一顧だにされない”女、康宏の妻と長女。“浮気”が発覚した時の妻や長女の言動は、あるわよね~~、なカンジで、わたくしにはよく理解できるcoldsweats01。フツーはこーなるでしょう。伝統的性別役割分業を生き続ける人たち。


そしてもうひとりの主人公、次女の碧は、そんな反応を見せる母や姉に対し嫌悪感を抱き、父の四国遍路の後を追いながら痕跡を探していくんだけど、父親のエピソードをゲットするたびに落とされたりdown上げられたりup、娘としていろんな複雑な心境になり忙しいの。この心境、わかるthink


この痕跡探しから娘が想像する父の姿と、交互に並べられる父自身の語りに、激しい落差updownがある、ってところがこの小説のミソ。親子だからこそ、夫婦だからこそ知りたくないこともあるし、心の奥底で否定したいこともあるだろう。そしてなによりも、他の人の人生は永遠にわからない。っていうか、自分の人生だってわかんない。あー、なんだかちょっとコワくなってきたワ…shock

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/08/24

二胡アンサンブル梅花(メイホア) コンサート2016

Photo初めてナマ音を聴いた二胡、密やかで人の声みたいなのね~confident。このあいだの日曜日、二胡のアンサンブル演奏会を聴きに、ふきのとうホール行って来ました~shoe


もともと民族楽器には興味があったんだけどなかなか聴ける機会がなくて、そんな中、ふと目に留まったチラシが今回のものnote。アマチュアの楽団のようだけど、見ると曲目が、わたくしが求めていた中国の楽曲中心だったのですぐにチケットticketをゲットしましたhappy01


演奏後にあいさつをされていた方がおっしゃっていたように、音程がかなり不安定で「お聴き苦しい」部分も確かにあったけどcoldsweats01、楽曲の雰囲気は充分に伝わってきたと思いますgood。「三国志」や浅田次郎の「清朝三部作」なんかを読んでから中国の風土にも関心が出てきたので、今回の演奏会で、「中国のどこそこ地域のこれこれを描いた曲」という説明にも、「あー、これが張作霖の活躍したあたりの曲かー」とか「お、これは孫権の江東あたり?」とか「これは劉備の蜀のところかしら~?」なんて想像しながら聴いてましたhappy02。どれも結構陽気sunでイキイキhorseした、民衆の活力impactを感じさせる曲ですねーhappy01。東北部の漁師町の様子を描いた楽曲「漁歌」では、古筝の麗しい響きがさざなみwaveのように漂ってフンイキばっちりup


Img478こーゆー民族楽器系のCDcdは、一般になじみのある楽曲(Jポップ系とか)が演奏されているものが多くてわたくし的にはイマイチつまんなく感じてたのでbleah、今回の1部のようなネイティブな曲目は熱望していたものhappy02。2部の頭の、京劇をテーマにした楽曲「京調」もとっても良かったですねーbell。どちらがどう影響し合っているのか浅学なわたくしにはわかりませんがcoldsweats01、中国の歌舞音曲系が全て繋がってるsign05ってのがはっきり感じられましたconfident


さて、1部ではとってもステキな音色shineの揚琴を奏でられ、2部でピアノをバリバリthunder弾いていらした方が林先生のようですが、演奏後に今回の演奏会のために尽力した生徒さんをはじめ、全ての生徒さんたちをひとりひとり紹介されて、なーんか、いーですよねー、こーゆーのconfident。わたくしはスキですheart02。ホッコリしますspa。ひとり何役もされていた笛子&パーカッションご担当の方も、お疲れさまでした~~happy01。MCkaraokeのお嬢さんribbonもナイスでした~~diamond


あ、あと、せっかくの「民族楽器アンサンブル」ですので、楽器の説明karaokeもあるとより楽しかったかもー、ですねhappy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/08/18

「図説 北欧神話の世界」

図説 北欧神話の世界

いやー、なんだかフシギなものを読んでしまったよーでsweat01。北欧神話を勉強しようと思ってたまたま図書館で借りたのが、19世紀ドイツで編まれた本作book。ヴィルヘルム・ラーニシュ著、エミール・デープラー画、吉田孝夫訳。


原書は1900年にドイツで出版されたもので、ユーゲントシュティール様式の挿絵が美しいshine一作なんだけど、読み始めてすぐに「あれ?北欧神話なのに何故ドイツtyphoon?」。読み進んでいき、後書きまで読むと完全に理解できるんだけど、どうやら、ドイツのアイデンティティ確立のために「北欧神話」を「ゲルマン神話」として利用してきた歴史があるんだそーな。ドイツの南部を中心に信仰されていた“ゲルマンの神々”が、ローマ帝国の侵攻によりキリスト教にあっという間に取って変わられ、古来からの神々は北欧に渡っていったのだとwave。へー、そーなのかーthink。…っていうのを、全面的に信じていいのかどうかわかんないけどもcoldsweats01


そんなわけで、古代の信仰が完全に途絶えてしまった“遅れてきた近代国家・ドイツ”が、ギリシア・ローマ神話を受け継ぐラテン国家(イタリアとかフランスとか)への敵意から、自らのアイデンティティの拠って立つところとして「ゲルマン神話」=「北欧神話」を取り入れたのだとか。それはグリム兄弟の働きでもあるし、それを利用してナチスも台頭したthink


という背景があっての「北欧神話」紹介。とにかく名前の表記が耳慣れぬものなので憶えるのがタイヘンsweat01。聞いたことあるのは「オーディン」とか「ヴァルハラ」くらい。それでも全体的な印象としては、とにかくめちゃワイルドなカンジなのねーleo。なんせ最後には神々と巨人たちの世界戦争impactbomb全部滅亡ってゆーハナシなんだもんsweat02。ま、その後にまた最初から世界は再生するんだけどね。これって、世界大戦のアナロジーのようthink


しかしそれとは別に、北欧・古代ドイツ文献学者のアンドレアス・ホイスラーが書いた前書きを読んでいてなるほどflairsign01な発見もあったのよね~think。ゲルマンの文化は、造形ではなく詩の分野にこそ本質diamondがあると。『歴史を遡るかぎり、われわれドイツ民族には天賦の詩才があった。一連の神話を構成している絢爛たる登場人物や出来事の数々は、その優れた詩才あっての産物である。』『ドイツ民族はまた、こうした素材を歌謡の形式に整える術を知っていた。荘重な言いまわしを用い、重厚な響きをたて、歌い手も聴き手もその歌声のなかで無限の陶酔に引きこまれていった。』『異教徒であるゲルマン人は、たしかに神々の像を打ち立て、神話の様々な場面を石や木に彫りこんだり、彩なる壁画を描いたりした。しかし雄弁に言葉を発することのないこれらの芸術は、それがたとえ、ものをありありと見たいという素朴な欲求を満たすには役立ったとしても、内的な眼ざしにおいて見られたものを表現することはついになかった。想像力の宝庫を豊かならしめるために、造形芸術は無益な営みであった。文学こそがゲルマン人の主たる世界であり、造形芸術はつつましく後塵を拝するのみであった。』ギリシア・ローマでは素晴らしい彫刻群が残されているけれど、ゲルマン文化にはそれがない。いやー、確かにーflairsign01


それと北欧神話の元となった詩「エッダ」などは歌noteとともに読まれるものであったということにも、なるほどね~なカンジconfident。古楽について少し知るようになると、古から詩と歌という組み合わせには何か特別な力shineが宿るものであったのね、とフに落ちますconfident



「北欧神話」の導入としてはナナメな視線eyeupwardrightから入ってしまったけど、とりあえずとっかかりは出来たので、次はピュアなものを探してみることにしますsearch

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/08/08

PMF GALAコンサート

Img475いやー、なんつーマーヴェラスshineな演奏会だったことでしょうッhappy02sign03またもや、スンバラシい教育イベントPMFの恩恵に与れる札幌市民のシアワセheart04を満喫した一夜でございましたーッhappy02sign03


まず、アカデミー生のウマさに舌マキマキ~~coldsweats02。去年は一身上の都合によりPMFを聴いてる余裕がなくweepおととし聴いた印象しかなかったんだけど、若さバクハツimpactの勢いdashは好ましいけど、PMFオケはそれほどウマい、というカンジが実はしてなかったのよねーdespair。しかーしsign01昨晩のオケはどうよッsign01めちゃウマいぢゃないのッsign01オドロキました~~coldsweats02。第2部のマエストロ・ゲルギエフdiamondの指揮による3曲で特に印象に残ったのは、ブラームスでのオーボエの女子ribbon、ショスタコの3番トランペットの女子ribbon、イングリッシュホルンの女子ribbon。あれ、みんな女子だワcoldsweats01


この第2部、ほんとにどの演奏もスプレンディッド~~note。特にブラームス「ヴァイオリン協奏曲 ニ長調 作品77」は、わたくしの感動の目安smile、ハラの底グルグルtyphoon状態に。ほんとーにスバラシかったッhappy02sign01ゲスト・ソリストのレオニダス・カヴァコスさんって、驚異的に高い精神性が迸る演奏shineshineをされるヒトでそれにもわたくしブチのめされたんだけどthunder、その世界にピトッと寄り添うオケ。いやー、もーマジ感服しましたconfident。マエストロ・ゲルギエフの指導力のほんの一端なんでしょーが、もーため息モンdashdash


Img477このカヴァコスさん、ギリシアはアテネのご出身だそうで、リオ・オリンピックの開会式の日にご登場fuji。見た目「ワカメの4番」。ガハhappy02、これ朝ドラtv「あさが来た」を見てたヒトならおわかりねsmile。スティールcameraでは独特の風貌でなんとなーく、アヤシ~~sweat02、なカンジだったのに、演奏を聴いてみれば「これがホンモノの天才か…crown。」。音量は決して大きくはないんだけど、極限まで研ぎ澄まされた感性で奏でる音はまるでブラックホールnewmoonのような吸引力up。吸い込まれるぅぅぅぅぅ~~~sweat01。アンコールは、装飾音がチャラチャランbellと華麗に入ったちょっとカワユイバッハchick。わたくし、休憩時間に速攻CDcdを買いに行ったら、黒山の人だかり。販売員の人が台の上に並べるハシから飛ぶように売れていく…coldsweats02。わたくしも全力で1枚掻っ攫いましたわよ、オホホcatface


ラストのショスタコーヴィチ「交響曲第8番 ハ短調 作品65」もものすごく丁寧な演奏heart02。まぁまだ荒いとこもあるし、肝心のソロ部はだいたいPMFアメリカの先生たちがやっちゃうんだけど、それでも気持ちの入ったズッシーリspadeくる演奏でしたgood。ティンパニのハーバート先生がいくぶん青ざめた緊迫感あふれる超キビシい表情thunderで臨んでいる一方、単眼鏡をすぃーっとずらしてファゴットのダニエル先生の、のほほ~~んspaとしたおカオが目に入った瞬間、ズルッdown。イイワ~~、ダニー先生coldsweats01。この曲ではPMFアメリカの先生たちも参加しての演奏だったんだけど、始まる前、むしろ先生たちの方が熱心におさらい、おさらいsweat01。マエストロを見つめる視線eyeがより熱いのも先生たちの方でしたsmile


前半のベルリンの先生たちもミラクルshineだったけど、PMFアメリカの先生たちもワンダホ~~fuji。単独の公演はどうしても都合がつかず聴きに行けなかったけど、ここで聴けたーhappy02。フルートのハッチンズ先生とオーボエのヒューズ先生のデュエット、すっごく良かった~~lovely。ハッチンズ先生はエアリーかろやかなめらかタッチの音note。ヒューズ先生との軽快な絡みが心地好かったワ~~clover。それにしても前半のブラウ先生といい、あのアゴヒゲミッシリで、フルートがスルリと滑ったりしないのかしら~smile?ショスタコさんではホルンのカバレロ先生、絶品だったなぁ~diamondshine。トランペットのイノウエ先生もメリハリの効いたカッコよさspade。クラリネットのウィリアムソン先生も緩急自在の音色を堪能させていただきましたーhappy01


第1部ではヴォーカル・アカデミーのメンバーがイタリアのアリアを歌ってくれました。ここでわたくし面白いこと発見flairsign01ラテン系のおふたりは身振り手振りでお芝居をするように歌うnotes。一方アジア系のおふたりは身振り控えめ。っつーかほとんど動かず。これって流れる血のせいなんでしょーかねーthink?退場の時、ピアニストさんをレディ・ファーストしたフランスのバリトンさん、さすがアムールkissmarkheart01のお国の方smile。最後にご登場のイタリアのソプラノさん、見事な表現力でしたbell


Img476いやー、ほんとにPMFの演奏会を聴くと毎回、札幌市民でシアワセ~~lovelylovelyってシミジミ思うのよね~。世界の超一流のオーケストラのしかもそのほとんどが首席の教授陣crown、我々市民がその恩恵の一端を享受させていただける、なんてステキなイベントなんでしょうッhappy02sign01運営はいろいろ大変sweat01だとモレ伝わってきますけど、ぜひこれからも続けていっていただきたいですnote。わたくしも今年、わずかながら寄付させていただきましたmoneybaghappy01


あー、それにしてもマエストロ・ゲルギエフdrama、立ち姿、歩き姿、堂々&颯爽としていてカッコよかったワ~~lovely。常に右手の小指が立ってたけどsmile

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年7月 | トップページ | 2016年9月 »