« 「天使にラブ☆ソングを ~シスター・アクト~」(2016) | トップページ | 「図説 北欧神話の世界」 »

2016/08/08

PMF GALAコンサート

Img475いやー、なんつーマーヴェラスshineな演奏会だったことでしょうッhappy02sign03またもや、スンバラシい教育イベントPMFの恩恵に与れる札幌市民のシアワセheart04を満喫した一夜でございましたーッhappy02sign03


まず、アカデミー生のウマさに舌マキマキ~~coldsweats02。去年は一身上の都合によりPMFを聴いてる余裕がなくweepおととし聴いた印象しかなかったんだけど、若さバクハツimpactの勢いdashは好ましいけど、PMFオケはそれほどウマい、というカンジが実はしてなかったのよねーdespair。しかーしsign01昨晩のオケはどうよッsign01めちゃウマいぢゃないのッsign01オドロキました~~coldsweats02。第2部のマエストロ・ゲルギエフdiamondの指揮による3曲で特に印象に残ったのは、ブラームスでのオーボエの女子ribbon、ショスタコの3番トランペットの女子ribbon、イングリッシュホルンの女子ribbon。あれ、みんな女子だワcoldsweats01


この第2部、ほんとにどの演奏もスプレンディッド~~note。特にブラームス「ヴァイオリン協奏曲 ニ長調 作品77」は、わたくしの感動の目安smile、ハラの底グルグルtyphoon状態に。ほんとーにスバラシかったッhappy02sign01ゲスト・ソリストのレオニダス・カヴァコスさんって、驚異的に高い精神性が迸る演奏shineshineをされるヒトでそれにもわたくしブチのめされたんだけどthunder、その世界にピトッと寄り添うオケ。いやー、もーマジ感服しましたconfident。マエストロ・ゲルギエフの指導力のほんの一端なんでしょーが、もーため息モンdashdash


Img477このカヴァコスさん、ギリシアはアテネのご出身だそうで、リオ・オリンピックの開会式の日にご登場fuji。見た目「ワカメの4番」。ガハhappy02、これ朝ドラtv「あさが来た」を見てたヒトならおわかりねsmile。スティールcameraでは独特の風貌でなんとなーく、アヤシ~~sweat02、なカンジだったのに、演奏を聴いてみれば「これがホンモノの天才か…crown。」。音量は決して大きくはないんだけど、極限まで研ぎ澄まされた感性で奏でる音はまるでブラックホールnewmoonのような吸引力up。吸い込まれるぅぅぅぅぅ~~~sweat01。アンコールは、装飾音がチャラチャランbellと華麗に入ったちょっとカワユイバッハchick。わたくし、休憩時間に速攻CDcdを買いに行ったら、黒山の人だかり。販売員の人が台の上に並べるハシから飛ぶように売れていく…coldsweats02。わたくしも全力で1枚掻っ攫いましたわよ、オホホcatface


ラストのショスタコーヴィチ「交響曲第8番 ハ短調 作品65」もものすごく丁寧な演奏heart02。まぁまだ荒いとこもあるし、肝心のソロ部はだいたいPMFアメリカの先生たちがやっちゃうんだけど、それでも気持ちの入ったズッシーリspadeくる演奏でしたgood。ティンパニのハーバート先生がいくぶん青ざめた緊迫感あふれる超キビシい表情thunderで臨んでいる一方、単眼鏡をすぃーっとずらしてファゴットのダニエル先生の、のほほ~~んspaとしたおカオが目に入った瞬間、ズルッdown。イイワ~~、ダニー先生coldsweats01。この曲ではPMFアメリカの先生たちも参加しての演奏だったんだけど、始まる前、むしろ先生たちの方が熱心におさらい、おさらいsweat01。マエストロを見つめる視線eyeがより熱いのも先生たちの方でしたsmile


前半のベルリンの先生たちもミラクルshineだったけど、PMFアメリカの先生たちもワンダホ~~fuji。単独の公演はどうしても都合がつかず聴きに行けなかったけど、ここで聴けたーhappy02。フルートのハッチンズ先生とオーボエのヒューズ先生のデュエット、すっごく良かった~~lovely。ハッチンズ先生はエアリーかろやかなめらかタッチの音note。ヒューズ先生との軽快な絡みが心地好かったワ~~clover。それにしても前半のブラウ先生といい、あのアゴヒゲミッシリで、フルートがスルリと滑ったりしないのかしら~smile?ショスタコさんではホルンのカバレロ先生、絶品だったなぁ~diamondshine。トランペットのイノウエ先生もメリハリの効いたカッコよさspade。クラリネットのウィリアムソン先生も緩急自在の音色を堪能させていただきましたーhappy01


第1部ではヴォーカル・アカデミーのメンバーがイタリアのアリアを歌ってくれました。ここでわたくし面白いこと発見flairsign01ラテン系のおふたりは身振り手振りでお芝居をするように歌うnotes。一方アジア系のおふたりは身振り控えめ。っつーかほとんど動かず。これって流れる血のせいなんでしょーかねーthink?退場の時、ピアニストさんをレディ・ファーストしたフランスのバリトンさん、さすがアムールkissmarkheart01のお国の方smile。最後にご登場のイタリアのソプラノさん、見事な表現力でしたbell


Img476いやー、ほんとにPMFの演奏会を聴くと毎回、札幌市民でシアワセ~~lovelylovelyってシミジミ思うのよね~。世界の超一流のオーケストラのしかもそのほとんどが首席の教授陣crown、我々市民がその恩恵の一端を享受させていただける、なんてステキなイベントなんでしょうッhappy02sign01運営はいろいろ大変sweat01だとモレ伝わってきますけど、ぜひこれからも続けていっていただきたいですnote。わたくしも今年、わずかながら寄付させていただきましたmoneybaghappy01


あー、それにしてもマエストロ・ゲルギエフdrama、立ち姿、歩き姿、堂々&颯爽としていてカッコよかったワ~~lovely。常に右手の小指が立ってたけどsmile

|

« 「天使にラブ☆ソングを ~シスター・アクト~」(2016) | トップページ | 「図説 北欧神話の世界」 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213530/64026397

この記事へのトラックバック一覧です: PMF GALAコンサート:

« 「天使にラブ☆ソングを ~シスター・アクト~」(2016) | トップページ | 「図説 北欧神話の世界」 »