« 「図説 北欧神話の世界」 | トップページ | 「冬の光」 »

2016/08/24

二胡アンサンブル梅花(メイホア) コンサート2016

Photo初めてナマ音を聴いた二胡、密やかで人の声みたいなのね~confident。このあいだの日曜日、二胡のアンサンブル演奏会を聴きに、ふきのとうホール行って来ました~shoe


もともと民族楽器には興味があったんだけどなかなか聴ける機会がなくて、そんな中、ふと目に留まったチラシが今回のものnote。アマチュアの楽団のようだけど、見ると曲目が、わたくしが求めていた中国の楽曲中心だったのですぐにチケットticketをゲットしましたhappy01


演奏後にあいさつをされていた方がおっしゃっていたように、音程がかなり不安定で「お聴き苦しい」部分も確かにあったけどcoldsweats01、楽曲の雰囲気は充分に伝わってきたと思いますgood。「三国志」や浅田次郎の「清朝三部作」なんかを読んでから中国の風土にも関心が出てきたので、今回の演奏会で、「中国のどこそこ地域のこれこれを描いた曲」という説明にも、「あー、これが張作霖の活躍したあたりの曲かー」とか「お、これは孫権の江東あたり?」とか「これは劉備の蜀のところかしら~?」なんて想像しながら聴いてましたhappy02。どれも結構陽気sunでイキイキhorseした、民衆の活力impactを感じさせる曲ですねーhappy01。東北部の漁師町の様子を描いた楽曲「漁歌」では、古筝の麗しい響きがさざなみwaveのように漂ってフンイキばっちりup


Img478こーゆー民族楽器系のCDcdは、一般になじみのある楽曲(Jポップ系とか)が演奏されているものが多くてわたくし的にはイマイチつまんなく感じてたのでbleah、今回の1部のようなネイティブな曲目は熱望していたものhappy02。2部の頭の、京劇をテーマにした楽曲「京調」もとっても良かったですねーbell。どちらがどう影響し合っているのか浅学なわたくしにはわかりませんがcoldsweats01、中国の歌舞音曲系が全て繋がってるsign05ってのがはっきり感じられましたconfident


さて、1部ではとってもステキな音色shineの揚琴を奏でられ、2部でピアノをバリバリthunder弾いていらした方が林先生のようですが、演奏後に今回の演奏会のために尽力した生徒さんをはじめ、全ての生徒さんたちをひとりひとり紹介されて、なーんか、いーですよねー、こーゆーのconfident。わたくしはスキですheart02。ホッコリしますspa。ひとり何役もされていた笛子&パーカッションご担当の方も、お疲れさまでした~~happy01。MCkaraokeのお嬢さんribbonもナイスでした~~diamond


あ、あと、せっかくの「民族楽器アンサンブル」ですので、楽器の説明karaokeもあるとより楽しかったかもー、ですねhappy01

|

« 「図説 北欧神話の世界」 | トップページ | 「冬の光」 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213530/64104037

この記事へのトラックバック一覧です: 二胡アンサンブル梅花(メイホア) コンサート2016:

« 「図説 北欧神話の世界」 | トップページ | 「冬の光」 »