« 手づくり時計 | トップページ | 「「九転十起」広岡浅子の生涯」 »

2016/09/30

宝塚歌劇花組北海道公演(2016)

Cpl73a0000010898 いや~やっぱ、みりおちゃん、ワル~い役合うワ~~smile。先週ニトリ文化ホールにて上演された花組全国ツアーcute、観に行ってまいりました~~shoe。前半は『仮面のロマネスク』、後半はグランド・レビュー『Melodia-熱く美しき旋律-』。


まぁ、しかし、今年は“わたくしのすっしぃさん”はいらっしゃらないので(って、組が違うからsign01)、ひじょーに落ち着き払って鑑賞することができましたsmile。しかも席が2階の後ろだったのでイマイチ没入するのも難しかった、ということもあり、今回はテンション低めdowncoldsweats01


でもお芝居はわたくしの敬愛する柴田侑宏先生heart04の脚本だったので、改めて柴田先生の、濃密なオトナのドラマkissmarkboutiqueをじっくり観ることができたワcatface。「仮面のロマネスク」は高嶺ふぶきさんの初演以来、観るのは2度目。ゆき(高嶺)ちゃんは、かなり肩に力thunderが入っていて、誘惑もちょっぴり“力技”的な印象を受けちゃったけどcoldsweats01、ミリオ・ヴァルモンはイイ感じでコナレてて、ニジミ出るエロエロエキスkissmarkkissmarkがヤバかったですね~~danger。いわゆる「目が合っただけで妊娠しちゃう」カンジ。キャーlovely。しかし、そんなカサノヴァでも真実の愛heart02を捧げる相手がメルトゥイユ公爵夫人であるという設定は、ここだけ見るとかなりウソくさい印象を受けるんだけど、そこは柴田先生の脚本にかかると、なんかすごく説得力punchimpactあるのよねー。スゴいワ~~fuji


ショーでは、男役の黒燕尾によるダンス、「My Favorite Things」のアレンジに乗って躍る場面がめちゃくちゃ小粋shineで、久しぶりにわたくし、トリハダが立ちましてよhappy02。やっぱ、黒燕尾よね~~catface。あ、それと、去年モンクつけたsmileロケット、今年はバッチリ揃ってましたgoodsign01ヨシヨシbell


というわけで、去年おととしと比べるとかなり冷静snowな鑑賞だったけど、地方公演ならではの客席への大サービス、今年も楽しませていただきましたhappy01。2階からは全く見えないとこもあったケドsweat02。さて来年はどこの組が来てくれるのかナ~~note

|

« 手づくり時計 | トップページ | 「「九転十起」広岡浅子の生涯」 »

タカラヅカ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213530/64280516

この記事へのトラックバック一覧です: 宝塚歌劇花組北海道公演(2016):

« 手づくり時計 | トップページ | 「「九転十起」広岡浅子の生涯」 »