« 札幌交響楽団 第592回 定期演奏会 | トップページ | 「ヨイ豊」 »

2016/09/04

「みんなの少年探偵団」

みんなの少年探偵団 (一般書)

江戸川乱歩生誕120年記念プロジェクト第一弾。今をときめく人気作家5人によるオマージュ・アンソロジーbook


よく考えたらわたくし、オリジナルの「少年探偵団と怪人二十面相」の話って読んだことないんだった…sweat02。なんとなく表紙のフンイキで手に取ってみたものの、わたくしがよく読んでたのはモーリス・ルブランの「怪盗ルパン」の方だった…coldsweats01。こちらはものすごくいっぱい読んだ記憶がある。例によって中身は全然憶えてないけどcoldsweats01


で、こちら。万城目学氏や湊かなえさんは既読の作品は面白かったし、小路幸也氏は名前は知ってたのでどんな作風なのかなー、あとのおふたり、向井湘吾氏と藤谷治氏は全然知らなかったけど、どれどれ、と読んでみたらばそれぞれに特徴があってなかなか面白かったワ~happy01


万城目さんのはノスタルジックなフンイキが漂う本歌取りのような作品。正統派、ってカンジねdiamond。湊さんのは少女小説風のキラキラしたカンジribbon。小路さんのは思わせぶりなナゾが残るオシャレな作品drama。向井さんのはお得意らしい数学をベースにしたプチ・パニックもの。で、藤谷さんのが一番面白かったんだけど、語りが怪人二十面相のもので、ちょっとコメディnotes


いずれも少年・少女向けなのか、若干教訓めいたものが盛り込まれてるのよね。オトナが読むとちょっと興ざめだけど、ま、オモシロけりゃいいかsmile

|

« 札幌交響楽団 第592回 定期演奏会 | トップページ | 「ヨイ豊」 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213530/63517811

この記事へのトラックバック一覧です: 「みんなの少年探偵団」:

« 札幌交響楽団 第592回 定期演奏会 | トップページ | 「ヨイ豊」 »