« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »

2016年10月

2016/10/28

ムジカ・アンティカ・サッポロ Vol.10

Img489いや~、楽しかった~~happy02heart04。バロック音楽でこんなにワクワクしちゃうなんてーッhappy02sign01昨晩、Kitara小ホールで行われた演奏会notes、聴きに行って来ました~~shoe


バッハって、重々しくて複雑に絡み合ってるのがわたくしチョー大スキheart02なんだけど、昨晩は、すんごい高速びゅ~びゅ~dash走ってくrunバッハの楽しさも堪能させていただきましたーhappy02


プログラムの2曲目以降のバッハ3曲、いずれも1曲目と終曲がものすごいスピードdashで、その快感は、単車でパストラルをひゅーんひゅーんsign05飛ばしてくカンジnote。楽しすぎるーッhappy02impactsign03バッハの魅力のひとつは、やっぱこのスピード感sign03


聴き慣れてる「管弦楽組曲第2番」もそれをすっごく感じました。1パート1人でちょうどいいくらいですねー。それぞれのパートが絡まる塩梅がちょうどイイcatface。初めてソロをジックリ聴かせていただいた札響副首席フルーティスト野津さんの音は、素直でまっすぐcloverな音だワ~っていうのがスナオな印象happy01。ステージご登場もものすごい早足でスタスタスターッdashdashと中央にcoldsweats02。演奏はちょっとチカラpunchimpact入ってましたでしょうかsmile?でも「バディネリ」の疾走感thunderはタマンなかったですね~~catface。ちょっと意外だったのは、「ポロネーズ」が割と平板だったこと。バロック・ゾリステンでパユが吹いた時も、マエストロ・ポンマー指揮、 ライプツィヒ新バッハ合奏団のCDでも結構ダイナミクスの変化updownが大きかったので、それがスタンダードなのかと思ってたんだけど、そーゆーもんでもないのねflair。さて、ノビノビしつつ卓越した技diamondも見せてくれた野津さん、わたくしいっこ、注文がthink。演奏後の態度が“へにょへにょ”し過ぎデスdespair。シャイなお方なのかも知れませんが、ソリストなんですから、ソリストらしくもっと堂々と、ぴしっthunderとしたまへ、デス。ステージ上の演奏者の一挙手一投足は、観客から見られてるもんですよーーeye。演奏中の姿勢はいろいろなのでそれは個性として面白いナ~happy01と思いますけど、休みの時や演奏後の佇まいも、わたくし、ねっちょり観察eyeしてますsmile。演奏はすごくステキheart04なのに、休み時に背中が丸まってる人を見るとザンネン…wobbly、とかね。ベルリン・フィルのメンバーさんshineの登場シーンは、ほんとにホレボレlovelyしますもんね。大事ですよ、ステージ上の立ち居振る舞いspade


その点、次にソリストとしてご登場された札響コンマスの田島さんはサスガですbell。わたくし、昨晩は仕事用の中近用コンタクトレンズのままだったので、よくおカオは拝見できませんでしたが、きっと八の字マユdownwardleftdownwardrightの困り笑顔アヤシいセールスマン”全開だったことでしょう(コチラご参照smile。しかし、演奏は余裕ブッカマシdashで、もー、楽しくて楽しくてーッhappy02sign01ここでもバッハの爽快なスピード感にヤラレましたcatface。田島さんのボウイングを見てるだけでも楽しいッnotesign03今回はご出演がならなかった朝岡聡さんの至れり尽くせりのプログラム解説でオススメの第2楽章、ドキドキheart02するような美しい旋律、ノンビブラートでもこんなに表情が豊かになるものか…と改めてビックリしますconfident


ラストの「管弦楽組曲第4番」。いや~、トランペットが入るとホントに“特別感”ハンパないですねーshine。ウキウキしますーhappy02heart02。バロックのキモ、オーボエとファゴットとの手に手を取って弾むようなフレーズnoteももーホントに楽しくて自然にニヤニヤしちゃうーsmile。それにしてもファゴットの坂口さんの目にも留まらぬdanger指の動きを観てても、クラシック演奏を“目で観る醍醐味”ってのも結構ありますよねー。しかし、みなさんノリノリnotesで楽しそうで、何と言ってもわたくしのツボは、ヴィオラ、廣狩さんの時々若干演歌っぽい動きも入るダンサブルな立奏姿smile。そしてソリストに拍手を送るときの、やっぱりオトメちっくribbonなしぐさ。タマラン~~catface


は、ともかく、楽しげに演奏される(指揮の物部さんもタノシそーhappy01)M.A.S.さんの音楽は、本当にわたくしを幸せにしてくれますheart02。そして改めてバッハの楽曲の素晴らしさ、ハーモニーと旋律の美しさ、その組合せの新鮮さ、世俗音楽でも胸にぐぅっと深く響いてくるものをナマで感じさせてくれるんですよねーfuji。そしてバロック音楽の古楽奏法を肌感覚で教えてくれるのも嬉しいところです。わたくし、トリルがめちゃニガテなんですがweep、M.A.S.さんの演奏を聴いていて、装飾の入り方にときどきトリハダ立ててるんですよねー。なんて粋に入ってるんだッsign01って。カッコ良過ぎるッsign01勉強になります。出来ないケドsweat02


さて、昨晩はプロ野球baseball日本シリーズの第5戦とぶつかっちゃって、ちょっとアンラッキーdownだったかも知れませんが、終演後に速報もアナウンスkaraokeして下さりhappy01、ファイターズへの応援演奏もあって、なんだか思いがけぬ連帯感も生まれましたねー。いいですね~~、こーゆーのhappy01。音楽アンサンブルと球団が地元愛cuteで繋がる。その愛heart02のお陰で感動的な大逆転勝利でしたしcrownhappy02。わたくしも結果が気になってましたが、演奏中は完全に忘れてましたねwink


というわけで昨夜は、札幌市民&北海道民で、“シアワセ~~spa”、な一晩でした~~night

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016/10/22

「ミツハの一族」

ミツハの一族

う~む、なんとなくデジャヴ感のある話だったなぁ…think。期待ハズレだった乾ルカさんの連作短編集book


未練を残して死んだ者は鬼となり、井戸の水を赤く濁す。そのままでは水源は涸れ、村は滅んでしまう。鬼となった者の未練を解消し、常世に送れるのは、“ミツハの一族”と呼ばれる不思議な一族の「烏目役」と「水守」のみ。』(東京創元社ウェブサイトより)ってゆー内容で、大正期の札幌を舞台にしたノスタルジックな伝奇ファンタジー。


わたくし、嫌いじゃない、っていうか、かなりスキなジャンルなんだけども、なんかグッと来るものがなかったdespair。みんなどっかで見聞きしたことあるようなカンジで。しかも最後の事案では、それまでの語り手であった“烏目”役・八尾清次郎が不慮の事故で死んでしまった後鬼になって現れるんだけど、その理由はわたくしにすらわかるflairものだったのに(同じ情報は、新しく就任した“烏目”役も知ってるはずなのに)、無駄に美しい“水守”を傷つけるthunder展開に、わたくしあ・ぜ・んgawkgawk。これって、なんか別のシュミなわけtyphoon??


全体的なテイストや、ところどころに乾さんの持ち味であるユーモアが見え隠れしてるとこなんかわたくしすっごくスキsunだし、前に読んだ「メグル」もよかったので、また次、期待したいですね~~happy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/10/16

宝塚歌劇 宙組公演「エリザベート」(2016)

Img484 いや~、朝夏さん、うつくしかったワ~~~catfaceshine。もはや恒例と化した東京宝塚劇場への「エリザベート詣で」、今回も行って来ましたーairplanehappy01


チラシの写真を見た時は、ビジュアル系的で、「う~む、なんだかちょっと、このメイク、どーなのかしらー…typhoon」ってのがスナオな感想だったんだけど、トート閣下の初登場でナナメからサッthunderとピンスポshineが当たった瞬間、ぎゃあぁぁーーッcoldsweats02sign01(オオゲサsweat02)ってくらいの美ッshineshinesign03ビックリしましたhappy02


「エリザベート」はそれぞれの配役で何度も見てきて、その度にいろいろ違って感じられるものだワ~って思うけども、今年宝塚上演20周年ってことで、ナマでは再演の星組から見続けてるわたくしにとっては、やはり役作りがだんだん分かりやすくドライになってきてるカンジがしますねーthink。トート閣下はまぁ“人間”ではないので、安易に分かられてはいけない役柄だと思うけども、それもはっきりと人間クサクなって来てる。感情が表に出がちで。言ってみれば“ツンデレ”の落差がハゲシくupdownなってきてるのね。しかし、口角が上がってるup朝夏さんがニヤリshineと嗤うと、余裕タップリに人間たちをいたぶってるthunderカンジが強烈に漂って、めちゃよかったワ~~smile


そして今回特に強く感じたのは、実咲エリザベートの内面がものすごくコドモっぽくribbonなってたこと。少女期の非常に“無垢”というか“無知”というか、な作りは、これはこれでアリだし面白かったgood。フランツにプロポーズされるシーンでは、銀橋にフランツを追って行く足取りがテトテトテト…ってカンジが幼女っぽいchick。結婚式で黒天使たちに囲まれるシーンでは、「えー?なに、なにー?だれー?このひとたちぃーvirgo?」ってカオ。“不安”さえ感じさせない“無知”そのものの表情が、逆にすっごく新鮮で面白かったcatface。しかし、それが晩年になっても深化した印象を与えないので、息子ルドルフへの対応もドライに見えちゃう。ドーンimpactpaperって突き放してるカンジ。なので後半はちょっと感情移入しにくかったカモdown


で、全体的に今回の宙組は、トート閣下以外は比較的薄めの印象だったかな~cloud。真風さんのフランツも若い時から、良く言えば落着いてるjapanesetea。悪く言えば老成してるカンジthink。プロポーズシーンでも、これからの嫁姑問題bombを予想してるかのような愁い顔maple。なので、初夜の翌朝のシーンでは「だから言ったぢゃん…もーdash。」ってカンジだったし。でもそれがリアルbell。わたくし、いつも気になってたシーンがありまして。それは、ハンガリーの独立運動に失敗した息子ルドルフに向かって「これが皇位継承者のしたことかannoysign01」などというセリフを怒鳴りながら言う場面。怒鳴るのは、皇帝としては小者感を与えちゃって、わたくし的には好きぢゃない演出だったんだけど、今回は比較的穏やかな物言いで、却って深い怒り失望威厳を以って感じさせて、とても良かったと思います~fuji


星風さん子ルドルフ、カワイかった~~lovely。その昔のグンちゃん(月影瞳さん)を思い出しちゃったhappy01。やっぱ、子ルドルフは娘役さんcuteよね~~。蒼羽りくさん青年ルドルフ、めちゃ気持ち入ってましたdiamond。闇が広がっちゃう銀橋での顔や手の震えは、ルドルフの怖れと緊張と興奮をモロ表出させていて、わたくしにもビリビリ伝わってきたワ~up。ナイスでした~~good。愛月さんのルキーニもやっぱり抑えめの役作り。はじめはなんとなく物足りない感じがしたけど、ひょっとするとこれまで少しヤリ過ぎだったのか…think、とも思える。ってカンジで、全体的に抑制的な、リアルな演出が印象的だったと思います。


そしてッsign01宙組・組長、わたくしのすっしぃさんッheart04sign01前回の宙組公演では黒天使でトート閣下の心模様を現すダンスをバリバリimpact踊ってらした(カッコヨカッターッlovelysign03)けど、さすがに組長で黒天使はないわよね~~coldsweats01、今回は後進に道を譲り、グリュンネ伯爵役。わたくし、すっしぃさんの出番のシーンはすべてすっしぃさんを見つめてeyeいたので、伯爵がどんな動きをしていたのか、今回初めて知りましたワ~smile。マダム・ヴォルフの宅配シーンkissmarkでは、なかなかに味のある動きをしてますね~~catface。伯爵ぅ~、ハナの下、伸びてますわよぉ~~smilesmile。最後のミニショーでも3列目センターで、さすが“踊れる組長”ッnotesign01ナメ回すように拝見させていただきました。ウフcatface。やっぱカッコイイ~~lovelylovely


いやー、それにしてももう「エリザベート」宝塚上演20周年なんですね~。わたくし、初演の一路トートのナマは観てないけど、歌手が揃った雪組の、緊張感thunder溢れる初演から(DVD鑑賞)、“お歌のあまり上手でない”coldsweats01マリコさん(麻路さきさん)の星組でまた一味違う「エリザベート」の再演。マリコさん、おそらく相当歌を練習なさったと思いますconfident。それでも一路さんには歌では到底適わなかったけど、それを補って余りありまくりの素晴らしいトート像spadeshine。マリコさんが作り上げた、歌がメインだった初演とは全く違ったトート像は、その後の度重なる再演トートに多大なる影響を与えたと、わたくし今でも思ってますcrown


とまぁ、いろいろ思うところのある「エリザベート」。何度観てもやっぱり面白~~いnotes(←ルキーニ風にsmile)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/10/15

札幌交響楽団 第594回 定期演奏会

Img483いや~~、今回の定演もチョーウルトラ充実diamondshineの演奏でしたねーッsign01もー、プログラムの最初っから最後までミッシリ気合入りまくりimpactpunchthunderの演奏。本日のお昼公演、聴きに行って参りました~~happy01shoe


1曲目はスメタナ「ワレンシュタインの陣営」。冒頭のトゥッティからゴワッsign03っと圧し掛かってくるような迫力。札響の「今日もやるゼーッimpactsign03」ってゆーファイティングポーズがわたくしには見えましたわよーhappy01。「おーしッsign01わたくしも受けて立とーぢゃないのッsign01」 って、最後まで圧倒されっぱなしだったけどねーsmile。第1部の後半で、1stヴァイオリンの田島さんから2ndの大森さんにリレーするところ、ウルワシかった~~note。大森ねぇさん、めっちゃカッコエエしぃ~lovely。「ワレンシュタイン隊長」の連戦連勝、破竹の勢いimpact的スピード感dashが全編に溢れた、とってもワクワクheart02させてくれる演奏でしたup


続く2曲目はドヴォルジャーク「スケルツォ・カプリチオーソ」。“スケルツォ”とはいいながら、非常に大きな広がり同時に才気煥発なキラメキshineも感じさせる曲ですね~~catface。わたくし、ザンネンながら4年前の定演時は函館にいたもんで聴きに行けなかったんだけど、その時と比べると、きっとマエストロ・エリシュカと札響の組合せの熟成度wineがわかっちゃったりするんでしょーねぇcatface。なわけで、わたくしは今回初めて聴いた曲でしたけど、すっごーく気に入りましてよ~bell。木管のメンバーさんがみんなおんなじ動きでノッてるのがいいですねぇ~note。コレ、わたくしの、“札響木管部”の大スキなトコロ~~heart04happy01heart04


後半はチャイコフスキー「交響曲第5番 ホ短調 op.64」。もー聴いてるわたくしもアドレナリン出まくりdash、鼻息荒くなりまくりッdashdashsign01マエストロと札響の一心同体heart01の、自信にアフレかえったサウンドnotesは一分のスキもないったらありゃしないdiamond。って、ないのかあるのかcoldsweats01。は、ともかく、骨太でめちゃ高密度な演奏にはホント、心臓バクバクimpactさせられるのですワーhappy02。第2楽章は、チャイコさんお得意の“泣き楽章”、ヤヴァイ、わたくしまた泣く~~weep。冒頭のホルン+クラリネット、ヨカッタですぅ~~confident。ユッタリ歌うホルン、フレッシュbudな若い首席の山田さんののびやかな音cloverに、三瓶さんのクラリネットが、後ろから“お兄サンがそっと支えてあげるよ~~catface”的に寄り添って来て、きゃ~~heart02、なカンジ(どんなカンジだ?)smile。第4楽章もまさに怒涛impactwaveの熱演thunder。上から見てるとよくわかるけど、誰ひとり、手を抜いてない、どころか、渾身の演奏にはホント、胸が熱くなりますheart01


さて、今回の前半、フルート高橋さんは両手に美女tulip状態で、ものすっごーくウレシソ~でしたね~~catfacecatface。分り易すすぎますわヨ、高橋さんsmilesmile。そして、マエストロ・エリシュカ、またまたカワユイchickところをお見せになっちゃってー、コノコノーーッhappy02heart02sign01チャイコさん演奏後のカーテンコール3回目で、コンマス・田島さんに言われたようで、ステキcuteな演奏をしてくださっていたハープの高野さんshineを称えるのを忘れていたのに気づいて、慌てて手を差し伸べられ、何度も何度も手を合わせてゴメンネ、ゴメンネされてましたhappy02。ったくもーッsign01ホントにラブリーなんだからーッcatfaceheart04sign01


というわけで、ウワサのチャイコさんだけでなく、全曲“たましひheart02”の入りまくった今回の定演、払ったmoneybag2倍の料金を出しても全ッ然惜しくない、大満足の逸品でしたーshinehappy02sign03

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/10/13

「シャーロック・ホームズ」(人形劇)

シャーロック・ホームズ 1 [DVD]

三谷幸喜氏脚本にしてはちょっと笑いが少ない作品で、若干肩透かしだったワーdown。2014年から2015年にかけて断続的にNHKで放映された人形劇tv


まぁとにかく山寺宏一さんのクレバーなお声にビックリcoldsweats02。ティーンエイジャーもこなしちゃうって、どんな50代sweat02


人形の造形は、わたくし的にはちょっとエキセントリック過ぎかナー?まぁいいけど。さすがにシャーロックはイイ感じだったけどねgood。手の表情とかユニークでup。特徴的な鼻もよく考えるとヘンなんだけどsmile、どこから見てもバランスの取れた造形になっていてお見事デスbell


キャラクター的にはシャーロックとワトソンの対照が鮮やかで、良かったですねーsun。純真で人情溢れるワトソン。一方、心理の機微を理解しないシャーロック。人間としてはなかなか魅力的heart02だけど、それが名探偵だなんてちょっと解せないとこも若干あったりしてsmile


あ、声といえば、アドラー先生役の宮沢りえさん、いいワ~~lovely。最初わたくし全然気付かなかったくらい。色っぽくて知的なオトナの女kissmarkboutique。スバラシいshineshinesign01


原作を学園ドラマschoolにウマく移行させてたけど、残念ながらわたくし的にはイマイチ乗りきれない作品デシタdespair

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/10/05

「「九転十起」広岡浅子の生涯」

“あさ

ヘタレなわたくし向けのビジュアルブックbook。激ハマリhappy02だった朝ドラtv「あさが来た」の史実はどんなカンジだったのかしら~と手に取ってみました。


古川智映子さんの原作の方は、個人的にはちょっと…sweat02なカンジだったけどsmile、こちらはドラマの裏話と当時の実際の写真を添えた事実関係のやさし~い記述とで、結構楽しめたワhappy01。4年半ほど大阪に住んでたこともあるので、昔の地図と写真を見比べながら、へぇぇぇ~~coldsweats02っと思うこともシバシバ。浅子さんが京都の実家から大阪にお嫁入りするときに使ったという伏見の船着場の写真とか、キョーミブカ~~up。ほんとに淀川を下ってたのねーship


ドラマ制作統括の佐野さんの話も、朝ドラのテーマ決めのルールみたいなものも垣間見られてオモシロいgood。古川さんの原作本からモデルの浅子さんを発見flairしていく件は、まさにわたくしがドラマを観ていて感じたことそのものbell。こんな女性が幕末から明治にかけて実在してたなんてほんと全然知らなかったしcoldsweats02。まぁ、それがいかにこの時代、女性が軽んじられていたか、の証左なんだけどねweep


それにしても、「力づくでなく、女性の柔らかい力」を重視していたという浅子さんなのに、どーして小説ではあーゆーテイストimpactになっちゃうのか、やっぱりフシギtyphoonsmile

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »