« 宝塚歌劇 宙組公演「エリザベート」(2016) | トップページ | ムジカ・アンティカ・サッポロ Vol.10 »

2016/10/22

「ミツハの一族」

ミツハの一族

う~む、なんとなくデジャヴ感のある話だったなぁ…think。期待ハズレだった乾ルカさんの連作短編集book


未練を残して死んだ者は鬼となり、井戸の水を赤く濁す。そのままでは水源は涸れ、村は滅んでしまう。鬼となった者の未練を解消し、常世に送れるのは、“ミツハの一族”と呼ばれる不思議な一族の「烏目役」と「水守」のみ。』(東京創元社ウェブサイトより)ってゆー内容で、大正期の札幌を舞台にしたノスタルジックな伝奇ファンタジー。


わたくし、嫌いじゃない、っていうか、かなりスキなジャンルなんだけども、なんかグッと来るものがなかったdespair。みんなどっかで見聞きしたことあるようなカンジで。しかも最後の事案では、それまでの語り手であった“烏目”役・八尾清次郎が不慮の事故で死んでしまった後鬼になって現れるんだけど、その理由はわたくしにすらわかるflairものだったのに(同じ情報は、新しく就任した“烏目”役も知ってるはずなのに)、無駄に美しい“水守”を傷つけるthunder展開に、わたくしあ・ぜ・んgawkgawk。これって、なんか別のシュミなわけtyphoon??


全体的なテイストや、ところどころに乾さんの持ち味であるユーモアが見え隠れしてるとこなんかわたくしすっごくスキsunだし、前に読んだ「メグル」もよかったので、また次、期待したいですね~~happy01

|

« 宝塚歌劇 宙組公演「エリザベート」(2016) | トップページ | ムジカ・アンティカ・サッポロ Vol.10 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213530/63855223

この記事へのトラックバック一覧です: 「ミツハの一族」:

« 宝塚歌劇 宙組公演「エリザベート」(2016) | トップページ | ムジカ・アンティカ・サッポロ Vol.10 »