« 「男役」 | トップページ | 「浅田次郎とめぐる中国の旅」 »

2016/12/20

礼拝堂で聴く、弦の響き J.S.バッハ:ゴルトベルク変奏曲 弦楽三重奏版

Img500いやー、大森さん、サスガですワーshinediamondshine。もー、女王様heartに奉仕する従者2人spadeclub、ってカンジsmile。おととい、札幌中央ルーテル教会礼拝堂で開催された演奏会notes、行って参りましたshoe



グールドのCDcdで聞きなれていたピアノの音とは違う、大森さんの奏でる艶やかshineな最初のテーマが耳に飛び込んで来た瞬間、思わずブワーッimpactdashcryingと来ました。ここから始まって、強い意志を感じさせる気合いthunderの入ったパフォーマンスは、やっぱり大森さんってソリストタイプだなぁって思うのよねーconfident。とにかく演奏する姿がカッチョイーッlovelysign01。しかし、こんなスゴいヒトが札響のセカンドの首席って、まったくもってアリガタヤ~~upだワ~happy02。そんな札響の、チェロ首席の石川さんとビオラ副首席の青木さんとの高密度diamondの火花散るimpactbombアンサンブルは、ほとんど格闘技の如しcoldsweats02。そして、まるでこれがオリジナルなんじゃないかと思うくらいのD.シトコヴェツキーさんによる弦楽編曲note。ホント、素晴らしかったですーfuji



いつも高い精神性を感じさせる石川さんは、大森さんとは長いお付き合いだそうで、阿吽の呼吸ってカンジでしたねhappy01。オニ速いパッセージsign04dashでも全く音を外すことなく安定した“魔法の指”crown。スゴ-happy02dash


一方、青木さんの方は、ド迫力impactのアネゴheartに若干押され気味coldsweats01。わたくし、心の中で「がんばれー青木ぃーup、負けるな青木ぃーupup。」と応援してましたsmile。数日前に行われた青木さんご自身のリサイタルのお疲れが演奏じゃなくておみ足に来たらしくsmile、最初のご登場の時、5センチくらいの段差に蹴躓いてマシタsmile。その時の青木さんの笑顔がめっちゃカワイかった~heart04。で、隣で、「えー、何やってんのオマエ、5センチでgawk。」って顔つきの石川さんにわたくし、これまたウケてましたhappy02impact



しっかし、こんな充実しまくってるdiamondbell「ゴルトベルク変奏曲」、全く寝てなんていられないわよnotes。わたくしなんか耳earどころか瞳孔eye開きっぱなしだったもんだから、コンタクトレンズ入りの目がかぴかぴscorpius



会場のルーテル教会礼拝堂は初めて訪れましたが、すっごくステキな空間ですねーshine。ってか、本来は祈りの場ですけどconfident。「ゴルトベルク」の初めての演奏会はここでやりたかったという大森さんのお気持ち、わかるような気がしますheart01。わたくし、礼拝堂の壁に貼ってあったポスターを見て初めて気づきましたが、来年2017年って、宗教改革500年なんですねー。プロテスタントにとっては記念の年ですねbell



さて、12月は激務thundershockなもので、これが今年最後の演奏会鑑賞でしたが、素晴らしい締めくくりとなりましたーcrown

 

|

« 「男役」 | トップページ | 「浅田次郎とめぐる中国の旅」 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213530/64647720

この記事へのトラックバック一覧です: 礼拝堂で聴く、弦の響き J.S.バッハ:ゴルトベルク変奏曲 弦楽三重奏版:

« 「男役」 | トップページ | 「浅田次郎とめぐる中国の旅」 »