« 「ハケンアニメ」 | トップページ | 「静かな黄昏の国」 »

2017/01/29

札幌交響楽団 第596回 定期演奏会

Img504はわゎーlovely、わたくし、これほどまでに慈愛heart02に満ち満ち満ち満ち…(以下無限に繰り返しsmile)満ちまくった「エール」は聴いたことないィィィ~coldsweats02。やっぱマエストロ・ポンマーのつくり出す音楽の根底には人間性から滲み出る優しさと愛が横たわってるのだワーbell。昨日のお昼公演、聴きに行って参りました~happy01shoe


ティンパニが古楽器で、全編サクッとしたキビキビ感がありつつも、どことなくふんわり優しいバッハclover。特に曲の終わり方が美しくてウツクしくてshineshine、わたくし、いちいち身悶えdash。マエストロの手の動きが頭の中のイメージを物語っていて、それをそのまんま音にするとこーなる、ってことなのよね~note。ステキ過ぎるぅぅ~~happy02。札響の弦の美麗さがホントに生きてますよね~~crown。もー、言葉になんかできないから、「いーから黙って聴けッpunchsign03」ってカンジsmile


前半1曲目は「管弦楽組曲 第3番 ニ長調 BWV1068」。実はわたくしこの2日前の練習見学会に出席させていただいていて、マエストロが特に、演奏会の1曲目のこの曲の最初の音を大切にされているのを見てました。この日は、なかなか音程が定まらないトランペットに注意を促していらっしゃいましたが、今日はバッチシimpactgoodサスガです。全体的にほんとにトランペット、難しそうですねぇdespair。プログラム第4番の最後の曲で、少しトッ散らかったところもありましたがcoldsweats01、抑え目の音量でバチッthunderと決める技、福田さん、お見事でしたbell


そして、我らが札響フルート首席・高橋さんがソリストの「第2番 ロ短調 BWV1067」。まじ、めちゃカッコ良かったーhappy02up。一緒に聴いてたアンサンブル友達のKさんと二人でウムウムconfidentと頷き合いましたよsmile。もーまるで6割くらいの力で吹いてるかのような余裕っぷりsign05。最後の「バディヌリ」も心地好いなめらかな疾走感dashがあってただただヒタるのみlovely。コロコロ入る装飾がおフランスの気分を盛り上げてcuteup、パユさまにもゼンゼン負けてないエレガントshine。ヒュ~~ヒュ~~shine(古ッsweat02)。最初「序曲」を聴き始めたとき、「ム?よく聴こえない?despair」って思ったけど、オリジナルの楽器トラヴェルソってめっちゃ音ちっちゃいですもんね(去年のBCJの時大ホールで聴いたトラヴェルソ、ものすごーく奥ゆかしくてcherryblossomビックリしまして)。その木管テイストのリサイトなのねflair、と思い至りました。わたくしも少し、現代フルートコンチェルトの概念にヤラレ過ぎダcoldsweats01


後半1曲目は「第1番 ハ長調 BWV1066」。わたくしお気に入りheart04のオーボエ・宮城さん大活躍の巻happy02。お隣の関さんに視線eyeを飛ばしつつビタッthunderとタイミングを合わせ、舞曲のリズムに乗りnote、しかしお顔は歌舞伎の弁慶impact、というこの甚だしいアンバランスさ(まさにバロックッsmilesign01)がわたくしのココロを捉えて離さないのれす(モエ語尾)smile。で、この1番、なんだかとってもカワユらしいフンイキcute。足取り軽くウッキウキnotesってカンジ。オーボエ首席・関さんの抑えながらも見事な歌心、染みましたワ~confident。ファゴット首席・坂口さんとの木管だけのパッセージもスバラシかったーッhappy02sign01楽しすぎる~~notesnotes


最後の「第4番 ニ長調 BWV1069」でも木管チームのウキウキ感notesは変わらず、弦とチェンバロとの手に汗握るようなカラミ、ワクワクしちゃったーheart02。チェンバロの辰巳美納子さん、浅学なわたくし、初めてお名前を拝見しましたが、プロフィールを見ると本流の古楽のエキスパートさんなんですね~diamondshine。スゴいナ~~lovely。2階席からでもよく聴こえたチェンバロの音色、オーケストラの音に寄り添うようにあるいは対決するように、ある時は牽引するように、プロフィールにあった『多くの指揮者、共演者から信頼を寄せられる』という一文にもチョー納得confident


演奏時間がいつもより短めだったせいもあるのか、今回もアンコール付き。第3番の「エール」。わたくし、“オーケストラにはアンコール不要”派なんですけども、昨日はちょっと違いました。見学会の時からマエストロの「エール」には、そのテンポやアーティキュレーションにグッweepと来るところがありまして、本プロの時からウルッweepとキてたんですけど、2度目に聴いた時ナミダボーボーcryingになりまして。というのも、この演奏会の直前に、友人が闘病の末亡くなったという連絡を受けていて、「エール」を聴いているうちに、その友人の“ニカッ”という笑顔ばかりが浮んできてどーにも我慢できず…bearing。見学会の時マエストロが、「この曲はお葬式の曲ではなくて、愛の曲なんです」とおっしゃっていたけれど(ドイツではお葬式のイメージなのかな?)、昨日のわたくしにとっては、“”でもあり“祈り”の曲でもありました。心の中で友人の冥福を祈りながら、札響の演奏が、その想いが天に届く手助けをしてくれたような気がしていますconfident


それにしても本当に、バッハの曲は何度聴いてもその度にいろんな発見flairがあるけれど、やっぱりマエストロのバッハはチャーミングcuteで、人間に対する信頼と愛情heart02に溢れてるように感じますdiamondshine


それと今回、1回券の持ち主でも練習見学会参加への機会を与えてくれた札響さん、よッsign01太っ腹ッfujisign01バッハ好きのわたくしにとっては、マエストロがどんなところを大事にされているか知ることができて、ほんとにいろいろ勉強になりましたbookpencil。あ、あと、メンバーさんのオチャメなところとかもcatface。ありがとうございました~sign01

|

« 「ハケンアニメ」 | トップページ | 「静かな黄昏の国」 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213530/64821510

この記事へのトラックバック一覧です: 札幌交響楽団 第596回 定期演奏会:

« 「ハケンアニメ」 | トップページ | 「静かな黄昏の国」 »