« 「ジヴェルニーの食卓」 | トップページ | 「ハケンアニメ」 »

2017/01/19

バッハの農民カンタータ《おいらの今度の殿さまは》

Img503もー、まるで動く絵本clubみたいなカワユイribbonユカイcloverなおふたり、楽しかったです~~happy01heart04。昨晩、Kitara小ホールにて開催されたリサイタル、行ってきましたーshoe。Kitaraアーティスト・サポートプログラムⅠ。サブタイトル「陣内麻友美・中原聡章ジョイントリサイタルⅡ~ゆかいなバロック世俗曲~」。


ソプラノの陣内さんとバリトンの中原さんのリサイタルは3年前に拝見して、“古楽の歌”のステキさshineとバッハのフレンドリーcherryな魅力を教えていただきましたが、今回はさらに一段と身近に感じられる舞台でしたね~happy01。バロックのこの時代も民衆は、イキイキとタクマシくシタタカにpunch生活していたのねーというのがバリッthunderと感じられました。


後半のバッハ『農民カンタータ《おいらの今度の殿さまは》BWV212』、あのバッハさまshineが、田舎の一農村のためにこんな手の込んだ作曲をされてたとはッcoldsweats02sign01(フルートのパートを聴いててもムズい~~bearingってカンジだったもん~sweat01。)かなり下世話な歌詞なのにも結構ビックリcoldsweats02するけど、それに付けられた曲の美しく楽しいことnotessign01わたくしにはよくはわかんないけども、舞曲の種類とか、当時は常識であった旋律とかにいろんな意味があって、歌詞と重ねると重層的な効果を発揮したりするんだろーナーconfident、と思いつつ、おふたりの軽妙なお芝居があまりに楽しくてnote、そっちに意識の大部分が取られちゃったcoldsweats01


Img502チョーカワイイ陣内ミーケちゃんッlovelysign01ノビノビした歌声を聞かせてくださいましたhappy01。ちょっぴり背伸びしたオシャマなムスメさんvirgo。ほんとはもっと下品な役柄なのかも知れないけどcoldsweats01、陣内さんが演じるともー、そこはかとなくキュートribbonになっちゃうhappy02。村の男たちにモッテモテheart04、ってカンジsmile?前回も思ったけど、陣内さんのお声って、フルートとシックリ合いますねぇcherry。聴いてるとホワッspaとなりマスconfident。そして途中でステップを踏むシーンがあったんだけど、あ、これがバロックダンスなのねー、って思いながら見てましたnote。一方わたくしお気に入りheart02の中原ファーマーdenim、やっぱ期待に違わぬ役作りbell。前回の愛娘にチョイ甘なパパdramaもとっても良かったですけどhappy01、今回のも、すっごいナイスでしたワ~happy02。「第3曲 レチタティフ~おいらにキスしてくんろ~」でのイヒヒッな顔つきッsign01ザ・好色kissmark」。いいワ~~happy02。スバラシ~~happy02happy02。「第20曲 アリア~お殿さまに栄えあれ~」を格調高くfuji歌い終わった後、ミーケちゃんのツマンナソーgawkな様子を見て「えー?ダメー?(うっそーん…sweat02)」ってカンジの仕草がわたくしのツボでしたimpacthappy02sign01。中原さん、ほんとに歌唱に安定感ありますよねーdiamond。しかも芝居ゴコロもタップリあって、中原さんのオペラ、見てみたいなぁ~catface


この作品の上演では、スクリーンがせり上がって日本語訳が映されたんだけど、スペースに限りがあるせいですごく省略されていて、イマイチ意味がよくわからない部分がしばしばあってdespair。プログラムに挟まれた陣内さんの訳の助けで、あ、そーゆーことね…flair、ってな調子でした。難しいもんですねwobbly


前半、ヘンデルの美しく愛heart02にあふれまくった二重唱を2曲。ヘンデルってすっごく歌うの難しそう…bearing。あのメリスマってゆーヤツですか?おふたりともコロラトゥーラを駆使して軽やかに愛の輝きheart02shineを謳ってらして、ほえぇぇ~~dashってカンジ。それにしてもドゥランテの曲を聴いても、やっぱりバロックの歌曲ってウルトラロマンティックheart01ですなーsmile。ヘンデルさんの「お前はたくさんの愛の矢を私の胸に放つ」って…。とても正気では口にできないフレーズsweat02


そしてスカルラッティの「チェンバロ ソナタ K.119 ニ長調Allegro」と「ソナタ K.18 二短調Presto」。いやー、めっちゃスゴかったですぅーーーimpactcoldsweats02sign01。特にPrestoの方は、演奏されてる森さんが「千手観音」ならぬ「千指チェンバリスト」かと思うくらい、いったい何本の指で弾いてるんだーッcoldsweats02impactsweat01sign01ってカンジ。ものすごい音の洪水waveの中で微妙に微妙に色彩が変化していって、繊細なグラデーションのカレイドスコープを覘いているよう…lovely。わたくし、息するの、忘れてました。もすこしで、死ぬところでしたdanger


あ、もひとつ、いいナ~heart04って思ったのは、プログラムの最後に陰のスタッフさんたちのお名前が記載されてたことpen。このリサイタルのチラシを最初に目にした時から、カワイイなぁ~~chickって思ってましたけど、そういう協力者の方々をきちんと紹介される姿勢、わたくしとってもスキですhappy01


というわけで、聴いてるだけなのに危うく死にかけた演奏会smile、わたくしにとって2017年最初の音楽会鑑賞noteでしたが、とっても楽しいスタートとなりました~clover。幸先イイぞーッhappy02bellsign01

|

« 「ジヴェルニーの食卓」 | トップページ | 「ハケンアニメ」 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213530/64782453

この記事へのトラックバック一覧です: バッハの農民カンタータ《おいらの今度の殿さまは》:

« 「ジヴェルニーの食卓」 | トップページ | 「ハケンアニメ」 »