« 第9回 木管五重奏団 ウィンドアンサンブル・ポロゴ 定期公演 | トップページ | 音楽のたわむれ »

2017/03/29

J.S.バッハ マタイ受難曲

Img513うむー、前半しか聴かなかったけど肝心の合唱が物足りないカンジだったかナーweep。3日前、Kitara大ホールにて行われた札幌コダーイ合唱団創立40周年記念の公演note



いつもカール・リヒターのCDcdを聴いていて、「マタイ」のライブは今回が初めてだったので、冒頭から、あれ?なんかオトナシイsad?って印象で、「受難」の「パッションimpact」というか、緊迫感thunderがあまり感じられなかったbearing。モヤッcloudとしたカンジで。まぁ、「マタイ」の決定版crownといわれる演奏と比べるのは酷ってもんでしょうがcoldsweats01。あと、枝葉末節ですが、語尾の子音の発音が途中から気になって気になってwobbly。いくらドイツ語だからってこんなに耳障りtyphoonになるほど強調させるのは違うのではないかと思うんだけどなぁ~sweat02



でも、さすがにソリストは聴かせてくれましたshine。ソプラノの一鐵さんは、以前小さいホールで聴かせていただいたことがありましたけど、大ホールでもノビノビと艶やかなお声を響かせて素敵でした~heart04。わたくしお気に入りのバス・中原先生もよかったですね~happy01。更にもう少し重みがあったら尚よかったかなsmile


合奏団の方もちょっとメリハリに欠けてたようなカンジがしたけど(わたくしが座っていた位置が悪かったのカモweep)、それぞれのソロパートはとってもナイスでした~clover。第6曲でのフルート2本、第20曲のアリアのオーボエ、わたくし、クリスチャンではないけど確かに胸に迫ってくるものがありましたconfident


たぶん後半はもっと盛り上がったupんじゃないかと思いますが、最近イロイロ疲れ気味gawkのわたくし、大変申し訳ないことに、前半で力尽きマシタdown。次回(いつッsign02)はもっと前向きに拝聴したいと思いますcoldsweats01

|

« 第9回 木管五重奏団 ウィンドアンサンブル・ポロゴ 定期公演 | トップページ | 音楽のたわむれ »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213530/65078943

この記事へのトラックバック一覧です: J.S.バッハ マタイ受難曲:

« 第9回 木管五重奏団 ウィンドアンサンブル・ポロゴ 定期公演 | トップページ | 音楽のたわむれ »