« 札幌交響楽団 第599回 定期演奏会 | トップページ | 旅とものがたり「磯貝吉紀ドールハウス展」 »

2017/05/31

ファッションとアート 麗しき東西交流展

Img519実に横浜らしい(って、わたくし、横浜のコト、ゼンゼン知りませんが…coldsweats01)、ファッションと文明開化をテーマとした展覧会event、なかなか面白かったですーsunhappy01。現在、横浜美術館で開催中の企画展、観に行って来ましたshoe


横浜の開港によって、東西の文化がお互いに影響を与えあった様子がよくわかるんだけど、ヨーロッパの人たちのジャポニズムへの熱狂ぶりimpactが結構笑えるぅーhappy02。って、わたくしごときが笑えた義理ぢゃないんだけどねcoldsweats01。 たとえば、輸出用の小さなバッグbagの前面の絵柄が「大名行列onなのよーhappy02dash。足軽さんたちとか、お付きのお侍さんたちの具体的な絵柄がバリッthunderと描かれてて、これ、持って街歩いてたらかなりキッチュだわよーhappy02happy02。わたくしはこーゆーの、大好きだけどsmileheart04


Img520これらが展示されてる第1章「東西文化の交差点YOKOHAMA」では主に日本で作ってヨーロッパに輸出されてたものが展示されてますbell。これらを見てると、「ニッポン」ってゆーより「チャイナ」ってカンジがするのよね~coldsweats01。あるいはその折衷moon2。これほどデーハーdiamondなテイストは「純和モノjapanesetea」とは言いがたいのではないかと。相手の求めに応じて作ったらこーなっちゃったsweat02、みたいなsweat02。 それでもやはり「ニッポンの繊細なお仕事shineは隠しようもなくて、シルクの日傘の細工の細かいことcoldsweats02sign01骨の部分も見られるように展示してくれてて、なんて呼ぶのかわからないけど、あの、畳む時にスライドさせる部品の造形の見事さshinesign01この繊細さは、西洋の方たちには真似出来ないんじゃないでしょーかねwink


Img_20170517_185830Img_20170517_185844第2章「洋装の受容と広がり」では、鏑木清方の作品artでも描かれてるように、この時代の和洋折衷のファッション、洋の取り入れ方がソロリソロリsnailってカンジで、とっても上手だった様子がわかりますgood。しっかし、 こーゆー明治時代のドレス展での衣装を見るたびに思うのは、昔の人ってホントに小柄だったのねー、ってことcoldsweats02。ちっちゃくて細いchick。だから意匠も細かくなっちゃうのかしらねーwink。 このセクションの目玉、意匠と共に評価されたニッポンの「刺繍の腕」の最高峰fujiとして展示されていた昭憲皇太后さまがお召しになったという大礼服(マントー・ド・クール)、スンバラシいでございますshinediamond。手仕事の刺繍がもー気ぃ狂いソーhappy02にゴージャスdiamondshineで、わたくし情けないことに、今回初めて気付いたflairことがありまして。それは、日本の意匠って左右対称じゃないってこと。それなのに、絶妙なバランスleftright。恐らく西洋の人たちはそれにもビックリしたんだろーなーcatface。この皇太后さまの刺繍も一見左右対称に見えてビミョーにアシンメトリーbell。ニッポン、スゴいcrown。そのほか面白かったのが三越呉服店のポスター。本邦初の「デパアトメント、ストーア」宣言をした三越、商品ラインナップを広告するポスターに、たおやかだけど芯の強そうな大和撫子ribbonが描かれてて、髪飾りや指輪ringなどアクセサリー類がめちゃめちゃカワイイlovely。もう一枚の姉妹っぽい女の子二人ribbon、タイトルが「諒闇に入る」だから明治天皇の服喪の期間のものだと思うけど、お揃いの黒のリボンブローチがすんごくラブリーheart04。服喪だけどカワイイcatface


Img_20170517_185945第3章は「西洋 ジャポニズムの流行」。ファッションは初期はもーそのまんまhappy01。コルセットはずせてらっきーッscissorssign01なカンジsmile。その後はオートクチュールデザイナーの手によって、そのエッセンスを洗練させた形で融合していく様子がわかりますup。シャネルやポール・ポワレ、リバティ商会などテキスタイルへのインスピレーションthunderの影響も結構大きかったのねー。それとこういう文脈で見るラリックやガレも納得感パネェ~coldsweats02。でもsign01ミントンの「菊花に杯文皿」とかロイヤル・ウースターの「祥瑞風羊歯文双耳篇壺」やらマイセン「花鳥文カップ&ソーサー」、リモージュ「竹に鳥文トレイ」、果てはティファニーの「瓢箪文酒ポット」とかって、違和感パネェ~~smile。みんなごぞって「ジャポニズム」sun


というわけで、改めて、ニッポンの感性のスバラシさshineを見せ付けられたのと同時に、お互い、未知のものに出逢った時の人間が持つハゲシい好奇心eye向学心pencil、そして柔軟な受容性に深く感じ入った観覧となりましたconfident。こういった「心持ち」って、現代のわたくしたちこそ、文化だけでなく色んな面で持つべきなんぢゃないでしょーかねーthink

|

« 札幌交響楽団 第599回 定期演奏会 | トップページ | 旅とものがたり「磯貝吉紀ドールハウス展」 »

アート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213530/65294744

この記事へのトラックバック一覧です: ファッションとアート 麗しき東西交流展:

« 札幌交響楽団 第599回 定期演奏会 | トップページ | 旅とものがたり「磯貝吉紀ドールハウス展」 »