« 「謎と暗号で読み解く ダンテ『神曲』」 | トップページ | 「インドクリスタル」 »

2017/06/06

五大元素 日本の色彩

Img522いやー、日本の現代音楽も結構カッコイイですねーhappy01。昨晩、Kitara小ホールにて開催されたレ・ポムポムさんの3回目の演奏会notes、聴きに行って参りましたーshoe


などといったカンジで、またもやわたくしにとって「お初new」がたくさんあった演奏会でしたが、プログラム1曲目、近藤譲「TERRACINA」を聴いた時にゃ、一体全体どーなることかと思いましたヨ…sweat01。現代曲にはだいぶん慣れてきたとはいえ、わたくしにとっては「これはアカンヤツやーwobblysweat02sign01もう全くワケワカランwobblytyphoonsweat02。もーどう聞いても、初心者chickがチョー自信ナサゲbudに初回の合わせをオソルオソルsign04やってみたsweat01、の図にしか見えなかったbearing。ホントーにスミマセンdown。わたくし、演奏がどーの、鑑賞がどーの、とかいうレベルに達してなかった…weep。確かに途中で、「あ、これが揺らぎ…cloud?」的な瞬間はあったケド…sweat02。高度な現代音楽には全く歯が立たない未熟者でございましたよsad。あ、真貝さんのパーカスと近江さんのピアノだけはなんとか…wink


と、思い切りヘコんでdowndownたところに、八條美奈子先生のたけみっちゃんheart04。武満徹「エア」。ハ~~dash、やっぱたけみっちゃん、イイ~~heart04。そんなに知ってる訳ではないけど、たけみっちゃんの曲は、「」の精神がビシッthunderと通ってるカンジがするのよねーconfident潔い「」としたカンジdiamondshine。ステキ~~lovely。で八條先生はご登場から、なにやらその「」としたフンイキを身に纏って、「和の精神」を深々と再現してくれましたbell。シンプルなお衣装とメイクもそれに合致していて、わたくし的には演奏の前から「これやflairsign01」ってカンジでしたhappy01


ここで少しわたくしの精神も持ち直しup、3曲目。今井重幸「伊福部昭 讃 狂想的変容 「プロメテの火」初演の思い出に」。伊福部さんはわたくしも大好きなheart02作曲家さんですので、こちらも楽しめましたhappy01エスニックなテイストも入ったエネルギッシュthunderな曲に、どんな舞踏noteがコラボされているのか、ちょっと興味を引かれました。真貝さんのタンバリンとジャンベの早変わり(coldsweats01?)がスゴしcoldsweats02。ってゆーか、真貝さんの迫力impactにホエーcoldsweats02dash。神話の世界のスピリットがバビッthunderと伝わってきましたgood。ここで初登場のリーダー・山本聖子さんのお耳にキラッshineと光る紅いクリップ(?)カフ(?)に目eyeを奪われながら、メリハリの効いた情熱的な演奏にドキドキheart02させていただきましたーhappy01


休憩を挟んでまたもや超難問bearingtyphoon。三輪眞弘「逆シミュレーション音楽「またりさま」」。「逆シミュレーション」の説明karaokeを演奏前に山本さんがしてくださいましたが、この概念、なんとなーくぼやっcloudとイメージできた程度で、わたくしの脳ではイマイチ消化できぬままパフォーマンス開始。だもんで、そのスリリングなオモシロさを十分堪能する、というところまでは行けなかったweep。背中をズリリupdownっとやる法則だけはわかったケド…coldsweats01。一定のリズムからほんの少し遅れて勢い余ってdashバシッimpactと音が鳴った時は、「あ、必死に考えてらっしゃるッsign01」ってクスリcatface。あー、なんてわたくしいぢわるsmile。作曲家の想像上の設定、秀逸ですねgood。日本の田舎のお祭りeventにリアルにありそう。横溝正史の小説bookに出てきそうな。ライティングもフンイキありましたねーconfident


そして2曲目のタケミツ。武満徹「夢見る雨」。あああ~~heart01、これも良かった~~heart01。やっぱり、タケミツの和声の響きってハラのソコにぐぅぅぅーっと来るup(おなかが鳴ってるんぢゃないわよsmile)。こういうソロだと特に純粋なカタチで来るぅ~~upup。すっごいスキ~~heart03。とっても端正な演奏で、これって近江さんのご性格でしょうかwink


ラスト、芥川也寸志「弦楽のための三楽章(トリプティーク)」。いやー、カッコイイですねーgood。ショスタコさんとストラビさんのイイトコ取りもシビレますけど、第2楽章の、日本古来の童謡テイストが巧みに練りこまれた曲調も染みましたconfident。芥川さんはお名前しか知りませんでしたけど、ちょっとイイかもcatface。動画、検索してみよーぉっとsmile


そして、今回MCkaraokeを担当された橋本卓三さん、なにやらアンドレイ・タルコフスキーとかアンジェイ・ワイダのフィルムmovieで主演してソーなカンジの方でしたがhappy02、すっごく聞きやすくてナイスでしたーhappy01note


ただ運営上ひとつ残念despairだったのは、休憩中ステージ転換の際、楽器を運び入れるために下手のドアがかなり長い間全開になってて、楽屋で近江さんがさらう「夢見る雨」がまる聴こえになってたこと。ちょっと興醒めでしたsad



なんてこともありつつ、北海道初演の演奏もあったり、かなりチャレンジングthunderアグレッシヴimpactな公演、全くわかんなかったものcrying、よくわかんなかったものweepも含めて、興味深い公演でしたconfident

|

« 「謎と暗号で読み解く ダンテ『神曲』」 | トップページ | 「インドクリスタル」 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213530/65374749

この記事へのトラックバック一覧です: 五大元素 日本の色彩:

« 「謎と暗号で読み解く ダンテ『神曲』」 | トップページ | 「インドクリスタル」 »