« 「猿の見る夢」 | トップページ | 札幌交響楽団 第601回 定期演奏会 »

2017/06/29

「フィッターXの異常な愛情」

フィッターXの異常な愛情

サクサク読めるライトノベルbook。ちょっとアニメみたいなカンジだったかなsmile?北海道出身の作家さん、蛭田亜紗子さん著sun


イケメン・ランジェリーフィッターである伊佐治のカンペキな仕事shineが顧客の心の癒しspaになるっていう面白い設定でgood、ハートウォーミングheart02な連作ものon。ヒロイン颯子ribbonがいろんなシチュエーションで変わっていく様子や、彼女の周りの女性たちが伊佐治の仕事によって生き返っていくようなのが楽しいhappy01。文章も、所々プッdeliciousdashとくるような意外性flairのある語彙を選択していたりして、センスの良さを感じますねーshine


ただ、最終章の超特急bullettraindashの展開にちょっとついて行きにくかったbearingのと、ラストがあまりにも予定調和で、大人が鑑賞するには物足りなさを感じさせるかな?まあ、あの最終章の流れだとこうならざるを得ないか…despair。オトナなわたくしwineとしては、もっと深みのあるラストにするテもあるな~、なんて思うわけですcatface。 それとタイトルがちょっと奇を衒いすぎthink。まぁ「異常」といえば「異常」だけど、内容のテイストからは若干ズレてるカンジもする。佳い内容だっただけに、いろいろ要求しちゃいますcoldsweats01


著者が元広告代理店勤務だけあって、その辺りの描写もリアルで楽しめましたnotesmile

|

« 「猿の見る夢」 | トップページ | 札幌交響楽団 第601回 定期演奏会 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213530/65463635

この記事へのトラックバック一覧です: 「フィッターXの異常な愛情」:

« 「猿の見る夢」 | トップページ | 札幌交響楽団 第601回 定期演奏会 »