« 「しぐさで読む美術史」 | トップページ | 「ベルサイユのばら エピソード編2」 »

2017/08/28

札幌交響楽団 第602回 定期演奏会

Img536はーdash、迫力impactある音に全身スッポリ包み込まれたpouchお昼公演でした~happy01sun


毎回座席を放浪sign04していて、だいたいLAとかLBにいることが多いわたくしですが、今回は札響自慢の管パート首席による“ザ・プリンシパルズの協奏”ということで正面席にしよっかなー、と思ったら、もうすんごい前の席しか空いてなくて、なんと前から2列目sweat02。さすがに近すぎた…danger。でも特にフランクのシンフォニーはすごい迫力だったワーcoldsweats02。低音部が振動と共に響いてくるのよね~happy02


というわけで、モーツァルト「協奏交響曲 変ホ長調」(偽作説が有力)。ホルン・山田さんspade、ファゴット・坂口さんclub、クラリネット・三瓶さんdiamondと順々にご登場されて、最後にオーボエ・関さんheartが現れた瞬間、ほわぁぁぁ…lovelylovely。スカートのラメラメshineがキラメくshine美しいアクアマリン・ブルーのふわっふわのドレスcute。普段、全身ブラックの女性楽団員さんが、ソリストになった時のドレスを拝見するのはホント、タノシーhappy02heart04。しかもsign01よぉーっく見るeyeと男性陣のポケットチーフの色が左の三瓶さんから一番右の山田さんと移るにつれ、関さんのアクアマリンに少しずつ緑色が重ねられていくグラデーションッsign01美ッshinesign01なんつー繊細なオシャレゴコロッsign01と、やはり前の席に座るとそんなとこに気を取られちゃってcoldsweats01、冷静に音楽を聴いてられないのよね~、わたくしのバアイbleah。しかし演奏はもちろん、手堅かったですpunchimpact。特にわたくし、第2楽章のアダージョ、関さんの歌いっぷりにウットリcatface。モーツァルトはフツーに演奏されるととてつもなく退屈になっちゃうけどwobbly、おとといはとってもチャーミングな響きnoteでしたhappy01。ちょっとキンキョーしつつ、チョー真剣thunderな首席さんたちの表情を観察するのも楽しかったワーclover。ウヒsmile


で、そんな首席さんたちが降りてるフランク「交響曲 二短調」でしたけど、副首席のみなさま方も(一部を除いてsmile)ナイスでした~~up。それにしても、このちょっと油断するとトゥッティだらけの楽曲、近くで聴くとさらにスゴい迫力impact。だけど、ときどきスルドい子音thunderを発しつつ(ちょっとウルサいcoldsweats01)指揮に没入するマエストロ・スダーンdramaの、ソリッドdiamond統制の効いた響きspadeはハラの底にズシッbombと来ました。それにしても、マエストロの「コブシを回す演歌歌手」スタイルは健在だったワ~~happy02notes


この8月をもって退団されるトランペットの松田さん。プログラム1曲目ベートーヴェン「序曲「レオノーレ」第3番」でのステージ袖からのファンファーレ、めちゃ良かったですぅ~heart02。万感がこもってマシタ…weep。松田さん、2度目のカーテンコールではマエストロに促されて、式台に乗っちゃってhappy01、ホールが暖かい笑いと拍手に包まれましたsun。ふと横を見たら、な、なんと市川さんまで満面の笑顔ではないですかッsign03終演後団員さんたちがハケた後も、一部のファンから始まった拍手が、残っていた観客の会場全体に広がって、それにステージ下手のドア付近に残っていた管セクションの団員さんたちの拍手も加わって、ほんとに微笑ましいラストシーンになりましたheart01confident。松田さんってほんとに愛されキャラだったんですね~tulip


どっしりとした迫力impactの演奏と、ほっこりspaする後味の佳さ、札響の幅広い魅力を感じた1日でしたhappy01。あ、チェロ首席・石川さんのほあほあパーマも、ラブリーchicksmile

|

« 「しぐさで読む美術史」 | トップページ | 「ベルサイユのばら エピソード編2」 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213530/65720063

この記事へのトラックバック一覧です: 札幌交響楽団 第602回 定期演奏会:

« 「しぐさで読む美術史」 | トップページ | 「ベルサイユのばら エピソード編2」 »