« 「マンチュリアン・リポート」 | トップページ | PMFベルリン(2018) »

2018/06/29

札幌交響楽団 第610回 定期演奏会

Img830近年の札響の定演を聴き終わった後の満足感fullは「半端ないimpactsign01」んだけど、今回もチョー満足ッhappy02impactsign03マエストロ飯守といえばワーグナーの印象だけど、今回のスラヴ特集もめちゃよかったワ~~up。はぁ~、エントリーに1週間もかかっちゃった~~wobbly


プログラム後半のチャイコフスキー「交響曲 第6番 ロ短調 「悲愴」」、自宅でいつも聴いてるのはカラヤンのウィーンフィル版cdなんだけど、なんだか全然違う曲に聴こえたのよねぇcoldsweats02。最初から「あれ?こんな曲だっけtyphoon?」と思ったのは、リズムのせいかしらんthunder?全体にすごくゴツゴツした手触りで、ロシアの荒涼とした自然の厳しさthunderとか(行ったことないケドcoldsweats01)、土臭さを感じましたfujiスウィートcakeなメロディラインnoteにいつもウットリlovelyさせられるチャイコさんだけど、今回のこの激しくも荒々しいthunderウネリ表現waveには、チャイコさんの別のカオを見せつけられたようで、しばしハワワ~~coldsweats02(ドキドキ~~heart02)。でもマエストロ飯守によれば、これこそがチャイコさんの本質diamondshineなんだと。そのマエストロの解釈を再現する札響の力rockもスバラシかったんぢゃないでしょーかーッbellsign01この演奏を聴けば、チャイコさんをバカにしてる“”も考えを改めるのではないかしらんsmile


前半はドヴォルジャーク「チェロ協奏曲 ロ短調」。こちらも盛り上がりました~happy01upup。ソリストは石坂団十郎さん。黒髪のパックン(違うか…sweat02)。日本とドイツのハーフさんで、これまでそのスティール写真のポーズィングと、なんだかパチモンくさいお名前(すいませーんッsweat01sign01)のせいで、「まぁ、聴かなくてもいいか…」などというとんでもない思い違いをしていたことを、この度、平にひらにご容赦いただきたくッbearingsweat01sign01ダイナミックに動くながーくてほそーい指が押さえる弦から響く、意外にもシブいjapanesetea音色。このシブい音色に乗る豊かな情感heart01。う~む、若い割にナカナカやりよるgood。フルート主席・高橋さん、アヤシいセールスマン…ぢゃなかったsmile、コンマス・田島さんの美音shinenoteの受け渡しも良かったワ~~crown


さて、今回の2ndヴァイオリンはまたまた桐原さんッspadesign01やっぱ、カッコイイ~~ッhappy02impactsign03そして、鈴木勇人さんも、もうすっかり「札響イケイケビオラ隊punchdashの一員になられましたねーcatface。首席の広狩さんと身体の動きが完全にシンクロ。入団の頃から見ているわたくし、もう親のキモチconfident。ヨシヨシchick。ビオラといえば、覗いた双眼鏡の端に「あ、ルパン3世がいる…drama」、と思ったら青木さんだったbleah


来月は定演はないけど、PMF教授陣との共演があるんですよね~happy01。まだチケットticket取ってないけど、聴きに行ってみようかなーsunhappy01

|

« 「マンチュリアン・リポート」 | トップページ | PMFベルリン(2018) »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213530/66869056

この記事へのトラックバック一覧です: 札幌交響楽団 第610回 定期演奏会:

« 「マンチュリアン・リポート」 | トップページ | PMFベルリン(2018) »