« PMFホストシティ・オーケストラ演奏会~札響&PMFアメリカの名手たち~ | トップページ | 「絶対音感」 »

2018/07/31

PMF GALAコンサート(2018)

Img846さすが、マエストロ・ゲルギエフdiamondshine。さっぱりわからんtyphoonマーラーの7番も、しかも大編成impactのPMFオーケストラだというのに、怖ろしいまでの統率力でバキッthunderとまとめ上げる手腕はスバラシイッfujisign03おととい、PMF2018の札幌最終公演、聴きに行って来ましたーshoe


などとエラソーに書いちゃったけどsweat01、バーンスタインさんが指揮者として情熱を注いだというマーラー、わたくしはそれほど好きぢゃない作曲家のひとりなのでcoldsweats01、しかも、余計にわけのわからないtyphoonマーラー「交響曲 第7番 ホ短調」、ラスト、個人的にはイマイチ盛り上がらない状態で終わってしまいましたweep。トホホsad


Img847_2今年のガラは、Kitara専属オルガニスト“まるたん”こと(って勝手にわたくしが呼んでるだけだけどsmile)マルタン・グレゴリウスさんの即興演奏から始まりました。「PMF GALAコンサートのテーマによる即興」。冒頭の、祝祭のフンイキbellを盛り上げるファンファーレみたいなパッセージから、途中、バーンスタインさんへのオマージュも織り込んで、現代曲もお得意の“まるたん”、PMFに一役買ってくれましたhappy01。いいですねぇ、こーゆーカラミ方catface。今回初めて、双眼鏡で“まるたん”を覗き見してみたらsmile、改めて脚部のスゴさに驚愕coldsweats02オニ強impactpunchの腹筋がないと演奏できないワ、こりゃcoldsweats01


前半のヴォーカルアカデミーのパフォーマンス、教授であるガブリエラ・トゥッチ先生boutique(もちろん、わたくしは去年まで全然存知上げませんでしたcoldsweats01)がおっしゃってましたけど、やっぱりオーケストラnotesと一緒に歌うのは励みになるんでしょーねーsun。去年はピアノだけだったもんね。みなさん、声もイイし技術もレベル高いと思いますnote。欲を言えば、臨場感のある表現力をもっと磨くともっとオーディエンスの胸を打つかな~って感じでしょーかwink。詩の内容を知っていて聴くと、ちょっと物足りなかったdespair。それともキンチョーしてらしたでしょーか。すんません、またナマ書いておりますbleah



Img848_2そして前半の後半、ドビュッシーも良かった~~heart04。ハープ・安楽真理子さんribbonをソリストに迎えた「神聖な舞曲と世俗的な舞曲」。いや~、PMFアメリカの時もファンタスティックshineだったけど、弦だけのオーケストラとの共演もチョーウットリlovelyさせていただきましたup。安楽さん、めっちゃエレガントなエメラルドグリーンの細身のドレスに同色のキランキランshineチョーカーを合わせて、衣裳もドビュッシーッhappy02sign03しかし、こちらも“まるたん”に匹敵するくらいの足技でしたcoldsweats02。楽譜見たことないけど、きっとドビュッシーなら臨時記号だらけで、足技もウルトラ級なんだろーなーsmile



Img849_2モーツァルトのオーボエ・コンチェルトがキャンセルになってweep、わたくしにとって一番の楽しみとなったバーンスタイン「ハリル」。ソリストはもちろん、ブリ(デニス・ブリアコフ)先生ですhappy01。「ハリル」は確か過去にPMFで聴いた記憶がある…と思って調べてみたらsearch、2004年の演奏をわたくし、聴いてたんですねぇ。その頃は現代音楽にはほとんど馴染みがなくてさっぱりわかんなかったけど、今回はココロに染みましたconfident。戦争を背景とした重苦しい雰囲気の中、もがき苦しみ悩み、深く思考する…club。オーケストラ含め、ラストのピアニシモには深い祈りが込められてました。じゎゎ…confident。ブリ先生の音も深かったなぁ~wave


ブリ先生といえば、去年は終演後、フルートセクションのアカデミー生たちにアッサリスルーされてサビシく退場されてましたがsmile、今年は生徒ちゃんたち一人ひとりとハグheart01。ヨカッタ~~happy01up。マーラーの前には、ちょっと遅れて席についたブリ先生に周りの先生たちから「ブラヴォー」bellthunderの嵐。ウレシソー~~happy01。かわゆいブリ先生デシタchick。来年も来てくれるかナ~~cute


PMFオーケストラは、野球baseballで言えば「甲子園」dashみたいなテイストだナ~っていつも思うのよねーhappy01。アカデミー生たちは、終盤に来ると相当お疲れも溜まってきてるでしょーに、本番ではみんなホントに真剣thunder。どんな瞬間も見逃さないッangryimpactsign01とでもゆーよーな、挑むような真っ直ぐな視線eyeを指揮者や、ソロを演奏する教授陣に向けているのを見てると、わたくしもなんだか胸が熱くなっちゃいますheart02。青春ダ…bud


というわけで、わたくし史上最多の演奏会数(聴くだけだけどsmile)だったPMF2018が終了しちゃいましたend。サビシー~~maplemaple

|

« PMFホストシティ・オーケストラ演奏会~札響&PMFアメリカの名手たち~ | トップページ | 「絶対音感」 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213530/67003282

この記事へのトラックバック一覧です: PMF GALAコンサート(2018):

« PMFホストシティ・オーケストラ演奏会~札響&PMFアメリカの名手たち~ | トップページ | 「絶対音感」 »