カテゴリー「アート」の49件の記事

2017/04/21

シャセリオー展 19世紀フランス・ロマン主義の異才

Shaserioomote若い頃から特別な才能shineを発揮する人は、やっぱり神にも愛されてheart02早くに天に召されてしまうのかなぁ…weep。昨日からそんな事をつい考えてしまうわたくしなのでしたnight



名前もうろ覚えの画家だったけど、これほどまでに多彩な画風artだったとは知らなかったワcoldsweats02。ロマン派から象徴主義どころか、ラファエロ前派まで想起させるflair、この先取り感up。その短い人生に持てる才能の全てをぎゅううっrocksign04と濃縮したよう。



まぁ時代がそうだったのだろうから仕方ないのかも知れないけど、アングルが先生だったというのは何かの間違いなのではdespair、ってカンジよねーsmile。もう初めっから絶対ロマン派でしょthunder。ドラクロワでしょthunder。二十歳の時に、師アングルと意見の相違から決裂impactしたってのも当然だわねthink



Shaseriouraでもそれでも、肖像画を観ると、透徹した顔の丁寧な描き込みpen新古典派なのよねconfident。で、その他の洋服の部分はロマン派的なザックリ仕様bleah。肖像画は画家の身近な人を描いていたってことだから「命である顔」は気合い入れて描いてみました、ってとこでしょうかsmile。しかし、デッサンはあんまり丁寧ぢゃない、ってゆーか、ぶっちゃけ、ヘタsmile。ミケランジェロみたいにどんだけシャシャシャッdashって描いてもむっちゃうめーっcoldsweats02てカンジではない。「アングルの弟子のくせにデッサンがイマイチ」って理由で、サロン落選downしちゃったらしいしsmile。でも画力は天才的shineにある、ってゆー不思議な魅力cuteがあるのよねーcatface



それにしても、いつも考えさせられるのは、大きな流れの中にいる偉大な芸術家には常に彼らを生み出す先駆者がいるってこと。わたくし、無知なもんだから、象徴主義のギュスターヴ・モローって突然変異thunderなんだと思ってたら、このシャセリオーさんの“ワナビーheart04”だったのね~catface。モロに模倣してるもんねgemini



シャセリオーの作品全体に流れるメランコリックエキゾティックな雰囲気は、やはりクレオールの母親と自殺した父親の影響が大きいのだろうなぁと、思うのと同時に、政情不安typhoonのパリで発注された建築装飾のテーマに「秩序」なるものを選ぶあたり、まだ30代の半ばだった画家の内面がなんとなく想像できるような気もするthink


シャセリオーの人脈にジョルジュ・サンドもいたようなので、ショパンnoteとも交流してたかもねーなんて想像するとちょっとワクワクするワhappy01heart01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/11/11

平安の秘仏 滋賀櫟野寺の大観音とみほとけたち

Omote_2 なーんか、素朴であったか~~happy01spa。現在、東京国立博物館で開催中の展覧会event、観に行って参りました~airplanedash


目玉は秘仏の十一面観音菩薩坐像shineどっしりとした佇まいで、細工も見事bell。でも下膨れのふくよかなおカオが赤ちゃんみたいでカワイイ~chick。このお寺に伝わる20体の仏像のおカオの特徴は大きく2パターンに分かれるようで、ひとつは細い目がキリリthunderと釣り上がった大陸っぽいもの。もうひとつがこの下膨れのホッコリ顔spa。特におひとり、タレ目の観音さまがいらっしゃって、もー観てるとほわわ~~んcuteってなっちゃうcatface。わたくし、20年以上いろいろブツを観て回って来たけど、こんなタレ目のお方は初めてhappy02。溶ける~~suncatface


Toudaiji_2 そして2番目に大きい薬師如来坐像は、お背中が丸くなって首を前に若干突き出した、ちょっとおトボケ薬師さんsmile。なんとなく東大寺の弥勒如来坐像さんと似たフンイキsmile。しかしッimpactsign01施無畏印を結んだ右手の指、フォルムが美しいのッimpactsign01まるでタカラヅカ男役のようshinedrama。…違うかsweat02(写真は東大寺の弥勒サン)


Hidari_2 Migi_2 わたくし、あまり展覧会の会場では音声ガイドmusicは使わないんだけど、今回はみうらじゅんさんといとうせいこうさんの対談が入ってるってことで使ってみましたkaraoke。時間的にはものすごく短いんだけど、さすが、オモシロ~~happy01up。特に毘沙門天立像。石原裕次郎のクダリには、静粛な展示会場であるにもかかわらずプッcatfacedashって噴出しちゃったわよhappy02


Ura_2 やはり本来仏像は、お堂にいらっしゃるところを拝観させていただくのが筋diamondだと思うので、いつかはこの櫟野寺を含め、独特の風味を持つ滋賀県のお寺も回ってみたいものだと改めて思った次第でございますconfident

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/05/29

ポンペイの壁画展

Img466いやはや、全くスゴいもんですワーcoldsweats02近代までの美術のエッセンスは既にこの頃に実現されてたのね~bell。森アーツセンターギャラリーでの展覧会、行って来ましたart


こちらは事前にチケットticketをゲットしてなかったので、行列を覚悟で当日券売場にオープン時刻ジャストwatchに着いてみれば、やはし、結構並んでましたsweat01。んで、エレベーターもピストン輸送updown状態で、「あー、みんな壁画見るのねー…despair。」と若干シズミ気味downで52階に到着。すると、わたくし以外の全員が真っ直ぐ進んでいくsoon。「あれ?壁画は右よ~~。」と、見ると正面は「セーラームーン展」ribbon。どーりで、わたくしの目の前にはコスプレした外国人の女子virgoが。ツインテールのコスプレで「壁画」は見ないわナ~~coldsweats01


Img467ということで無事、ガラ空きemptyの「壁画」会場へcoldsweats01。ココロゆくまで鑑賞できましたワsmile。2000年近く前の美術作品を見るのは生まれて初めてだけど、ホントにビックリするくらい“古い”ってカンジがしないclover、ってゆーか、美術の歴史においては、科学技術の発展の恩恵を除けば、人間が考えたりしたりすることにほとんど違いはないのぢゃないか、と思ったくらい、高度な技が展開されてましたdiamondshine


みな名もなき芸術家たちの作品だけど、たとえば「植物の燭台」なんていう何気ない室内装飾などを描く筆に、既に高い画力fujiが認められちゃう。かと思えば、「こりゃ小学生の絵だナcoldsweats01」なんつー素朴なものもあってほほえましいのよねーchick遠近法を駆使した壁画装飾とか、トロンプルイユの手法がもうすでに存在してるしup


印象的なのはしっかりと色彩が残ってることart。「ポンペイの赤」も美しいけれど、「エジプト青」と呼ばれる優しいブルーもステキ~heart04。この色、どうやって作ってるのかしらーと疑問が浮かぶと、この展覧会は至れり尽くせりデスgood、次のコーナーで壁画制作に使う道具類と顔料を展示してくれてるhappy02。それ自体が当時のホンモノspadeで、もーそれにもビックリcoldsweats02。まさに瞬間冷凍状態よね。って、当時の人々にとっては大惨事以外のなにものでもないんだけど…weep。しかしこの道具類がまためっちゃくちゃ精巧shineなのよー。現代人でも不器用なヒトならゼッタイに作れないわねsmile。そしてこの時代からすでにフレスコ画。


わたくしすっごいビックリcoldsweats02したのは、「選挙広告の書かれた壁面」。“どこそこのだれだれはこれこれこのよーな人物なので我々は推薦します”ってなことが書かれてるらしいのね。いやー実際にこーゆーのを目にするとほんとに、ローマ時代にもわたくしたちみたいな生活があったのねーって実感しちゃうconfident。そして、成熟した平和な世の中だったってのがわかるのが「戦車競走」の壁画。え?なんでかって?それは、こーゆー“闘争impactがテーマになってる絵はこれ1枚しか見つかってないってことだから。まさに“パクス・ロマーナ”の世界ってことかな?


この遺跡は18世紀に発見されたnewもののようなので、ルネサンスの時代には知られていなかったはずだけど、「躍るマイナス」なんて壁画を見ると、わたくしの大スキheart02なボッティチェリの「ラ・プリマヴェーラ」cherryblossomを思い出しちゃう。3美神の華麗なポーズcute。本当に、後の時代に描かれるモチーフの要素は、ギリシア時代のものから連綿とヨーロッパ文化に伝わってるってことなのよねーshinediamond。なんかすごいワ~~happy01


Rimg0033で、東京の美術展では近年充実しているグッズ売場だけど、この展覧会では残念ながらイマひとつdown。Tシャツも、わたくし、ヤマザキマリさんのマンガを読んでないのでピンとこなかったし。結局「LISA&TAIGA」というアクセサリーブランドringとコラボしたピアスだけゲットmoneybag。コレ、ヒソカにカワイイ~~happy01happy01。ほかにもブサカワ犬dogのピアスもあってめちゃめちゃ惹かれたんだけど、ちょっとデカすぎて着けられなーいッbearingsign01ってわけで断念。でもラブリーだったワ~catface

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/05/22

メディチ家の至宝-ルネサンスのジュエリーと名画

Photo おおーッimpacthappy02sign01イチイチ内心で声をあげちゃうup細工のゴーヂャスさよ~~shineshine。東京都庭園美術館で開催中の展覧会、観て参りました~happy01


その前のカラヴァッジョ展で3時間も観まくった上に、上野から目黒までの移動subwaytrainに失敗ngしたもんだから、鑑賞時間がたったの1時間弱になっちゃって、ものすごい駆け足鑑賞bearing。いやー、ここでも双眼鏡大活躍~good


神話の場面やメディチ家の人々を彫ったカメオやインタリオの細工の細かさよdiamondsign01しかも、その素材が様々で、シェルの他にストーンも種類いろいろ、特に透明度の高いアメジストのものはめちゃ美しかった~shine。さらにそのカメオの周囲を宝石や金、七宝細工などで装飾して、んもー、めちゃゴーヂャスぅ~~lovely


Photo_2 面白いのは、巨大なバロックパールを、その形を活かしてデザインされたブローチの数々。歪な形状のもの(バロックの由来)をいかにお料理するかが職人のウデのみせどころなのね~punch。でもやっぱりバロック期の細工なので、全体のデザイン自体が奇抜coldsweats02。オランダの金工家による「赤ん坊を入れたゆりかご」って、どーみてもキモいsad。それにしてもこれらの工芸・装飾品の製作者ってオランダやフランドル地方が多い。さすが高いミニアチュールの技術を誇るお国bell。まさにこの16世紀あたりは絶好調な時ですよね~dashdash。そんな世界最高レベルfujiの工芸家の作品を国境を越えてコレクションするメディチ家dollar。さすが~~crown


あと、ぎゃーッhappy02sign01って思ったのが、ヨナス・ファルク ミケーレ・カストルッチ グアルティエーリ・ディ・アンニバレ・チェッキ ジュリオ・パリージの下絵に基づく「コジモ2世・デ・メディチのエクス・ヴォート(奉納品)」ってヤツclub。ピエトレ・ドゥーレ(貴石モザイク)や金、多色七宝、ダイヤモンド、金、ブロンズってのがその素材のようなんだけど、こんな立体的なのは初めて見たーcoldsweats02coldsweats02。まるであの、紙を何枚も重ねて作る“3Dアート”みたいーcoldsweats02。って、ゼンゼン違うからsmile。材料費数万倍ッdollardollardollarsign01


こーゆー宝飾品って写真cameraでは再現しきれない輝きがあって、わたくし所持のメディチ家解説本bookに載ってた「セイレーンがついたペンダント」は、もー、実物はゼンゼン違ってたup。嵌め込まれた宝石類が照明を浴びてキラッキラshine。裏側もいちいち細かく細工してあって見応え充分good。まぁ展示作品のうち、照明flairの当て方に失敗して影だらけnewmoon、ってのもあったけどsweat02


それと今回は、メディチ家の人々の肖像画artも出品されてたんだけど、主に女性たちboutiqueの超豪華ringな衣裳の表現に目が奪われちゃう。んで、フツーの展覧会と違うのが、解説パネルにアクセサリーの説明がなされてるところ。サスガconfident。オシャレに敏感なこの美術館ならではの目線でしたね~cute。ブロンズィーノの作品が観られたのもラッキーscissorshappy01sign01冷静で硬質な美で描かれた「マリア・ディ・コジモ1世・デ・メディチの肖像」は、ちょっと頑なな若い娘ribbonの内面まで現わしているよう。それにしても父ちゃんにクリソツだわーsmile


いやー、もー少し時間が欲しかった~~bearing。でもここのショップpresentで、欲しかった「時祷書ポスター」が買えたからヨシとしようhappy01goodsign01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/05/21

カラヴァッジョ展

Img460いやー、圧倒されましたーimpactpunch。スゴイですhappy02。カラヴァッジョdiamondshine。彼自身の作品点数はそれほどなかったけど、以前読んだカラヴァッジョに関する本の内容が本当の意味で理解できた展覧会でしたconfident。国立西洋美術館で開催中event


今回も双眼鏡が大活躍だったんだけど、これを使って初めてわかることってものすごくあったんだーってことを痛感した鑑賞でした。今まで、もしかするとホンモノを観てもその半分くらいしか見えてなかったかも…weep。今回の展示に世界初公開の「法悦のマグダラのマリア」があって目玉のひとつだったんだけど、それに関連して2枚のマグダラのマリア作品が出てたのね。どちらもとても美しいマリアshineで、それを見たおばさまの2人組が「なんだか全然反省してるようには見えないわよねー、きれい過ぎて。」とおっしゃってましたが、“あー残念なヒトたちぃ~(チョー上から目線smile)”、とわたくし内心ホクソ笑んだものですcatface。アルテミジア・ジェンティレスキの方はどちらかといえばエロさ大、だけどグエリエーリの方は、双眼鏡でよーく観察すると、透明な美しい涙を3粒こぼしているのですよ。その涙が見えた瞬間、もーなんとも言えない哀しくて切ないキモチになっちゃうのですweep。これを見逃すなんて、この展覧会を観に来る意味の半分もない、と断言しちゃいましょうsmile。ま、肉眼の性能感受性のモンダイもあるので、何とも言えないケドね。1.5まで出るコンタクト付きのわたくしの目では見えなかったしdespair


Img461カラヴァッジョは、その暴力的な人生でも有名だし、劇的な明暗を画面に効果的に定着させたバロック絵画の先駆者と言われてきた人だけれど、今回わたくしは、彼の宗教絵画作品を自分の目で実際に観て、涙が出そうなほど胸を打たれましたcrying。もしかするとカラヴァッジョって、統合失調症的な天才だったんぢゃないかしら~?一方では病的に暴力的bomb、一方ではこの上なく敬虔で崇高な芸術家diamondart


Img462「法悦のマグダラのマリア」では瀕死状態になるまで悔恨の念に苛まれ、最後に救済されるマリアの目尻から流れる一筋の涙。「エマオの晩餐」と「エッケ・ホモ」は、どちらも伏目のキリストを描いてる。「エマオ」では、ほんの少し眉根を寄せているけれど、どちらも本当に滑らかな筆致と落着いた色彩で、どこまでも穏やかで優しくて底知れぬ許しを与えてくれるキリストが描かれてる。わたくし、信者でもなんでもないのに、もぅじわゎ~~っとこみあげてくるものがあって、ナミダが出そうにweep。この3作品の前ではそれぞれ10分近く佇んでたんぢゃないかしら?いやー本当に観に行ってよかったーーcrying


バロック期の宗教画は、宗教改革の影響でカトリックサイドからの逆襲として、聖書の内容を視覚に訴えるかたちで描いたものartが多くなったんだけど、カラヴァッジョの宗教画を観た当時の人たちも、きっと画面のキリストに向かってひれ伏したい気持ちになったんじゃないかと思うの。それはたぶん、まるで日常の延長のような自然な場面の中で描かれる“”の存在だからこそ、余計にグッとくると思うのよねーconfident。もし彼が、自らの暴力的衝動に対して切実に許しを請い願おうとして描いていたものでもあったのだとすると、あまりにも切な過ぎて、胸が詰まるワ…weepweep


Img463_2一方の風俗画、こちらも素晴らすぃ~~~shine。有名な「果物籠を持つ少年」や「バッカス」。ハンパない技術も然ることながら、小ぶりな画面の、驚異的なバランスの良さ。構図といい、色彩といい、明彩度といい、バロック的ドラマ性とは相反する要素でありながら、共存するなにか濃密な統合感。フシギな魅力です~~heart02。面白かったのは、「果物籠」の背後に古代ギリシアの画家、ゼウクシスの逸話がある、っていう解説。徹底した写実主義者だったゼウクシスが“人物とブドウ”の絵を描いたところ、小鳥が実物だと勘違いしてブドウをついばみに来たという。これには続きがあって、ゼウクシスは「人物がもっと写実的だったならば、小鳥は恐れて近づかなかっただろう」と悔しがったそーな。で、カラヴァッジョはそれをパロディ化してこの作品を描いた。ため息が出るほど写実的な果物と、ちょっとモヤ~~とした筆致の人物。ヤルなーsmile


あとわたくし個人的に興味深かったのは、カラヴァッジェスキたちの作品の中にしばしば登場する音楽notesの場面。最近、バッハに魅了されてるheart04わたくしなので、つひつひマジマジと見ちゃったeye。カラヴァッジョ本人はバッハより100年くらい前の人なので、若干の違いはあるかも知れないけど、楽器や人々が音楽を楽しむ風景はこんなカンジだったのね、とhappy01。真剣な表情で楽譜をガン見eyeしながら演奏する楽士さんなんて目にすると、おぉー、今も昔も音楽する姿勢は変わらないのね~~ってウレシくなっちゃうhappy02。音楽って、本当に人間社会に根源的にある”ものなのよね~confident。なので、絵画art同様、宗教に利用されやすいってとこもあって。そのお陰で後世のわたくしたちに、カラヴァッジョやバッハみたいな素晴らしい遺産を与えてくれた、とも言えるんだけどねfuji


カラヴァッジェスキといえば、ジョルジュ・ド・ラ・トゥールやジェンティレスキ父娘、シモン・ヴーエの本物が観られたのも感激~~bell。出来ればマグダラのマリアつながりでラ・トゥールの作品も見たかったなぁ~、なんてbleah。ゼータク言っちまうわたくしsmile


しかしあれですね、「洗礼者聖ヨハネ」とか「ナルキッソス」なんかを見てると、やっぱカラヴァッジョ、エロいkissmarkheart04

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/05/08

横山大観展

Img457 いやー、やっぱ西洋絵画artを見慣れた目eyeには日本画って新鮮に映るワーnew。やむを得ずゴールデンウィークの真っ只中、北海道立近代美術館に行って来ましたshoe



日本画の展覧会というのものはこれまで数回しか観たことのないわたくしなのでcoldsweats01、とりあえずビッグネームは観とこうかなというわけで、モノキュラー片手に鑑賞してみました。やっぱいいですワgood、拡大鏡happy01。絹本だと織目と絵具のテクスチャーがハッキリ見えちゃうflair。もともと透明感のある色彩のところ、その透明感の中での重層的な奥行きみたいなものも感じられますconfident。『春雨』なんか、ホントにスバラシい~~shine。日本画、イイなぁ~heart01


日本画を観ていていつも感じるのは、その構図、画面処理の巧みさdiamond。このバランス感覚ってほんとにスゴいfuji。画面いっぱいミッシリ描き込み倒す西洋絵画もわたくし大スキだけども、この“余白の美”を作り出す天才を愛でる日本人の感性ってホントーにステキnote。たぶんわたくしが今感じてる驚きは、印象派の画家たちが浮世絵を発見したときの感覚に近いんじゃないかと思うのよね~smile。“絵画”というよりは“デザイン”に近い感覚。


逆に、西洋絵画が入ってきて「絵画」というものの概念が揺さぶられた明治期の日本で、メインストリームを行ったひとりがこの横山大観、だそうで。ってこともわたくし知らなくて、江戸時代のヒトかと思ってた…sweat02。輪郭線を描く日本画の伝統を無視した「朦朧体」、当時は批判を浴びたそうだけど、今観ると「これのナニが悪いの?スバラシいじゃんshine」。『曳船』にもハッキリ表現されてるけどsmile、湿気の多いmistニッポンの風景を描くにはサイコーの技法じゃんup、ってカンジ。


展示会場を順路に沿って観ていき、新しい部屋に入って視線を移した最初の画面でハッflairとしたのが、『春風秋雨』。春cherryblossomと秋mapleが二幅対になっていて、墨と金泥のみ(たぶん)の表現。写実的に描かなくてもその本質が伝わるのが日本画のスバラシさdiamondshine空白を読む、というか。ミナまで言うなpaper、の美学smile。オトナになって初めてわかるところでもあるかも。最後に展示されてた『乾坤輝く』(昭和28年)は大観最晩年の作品らしく、スッキリと澄み切った心境cloverの画面に背筋が伸びる思いthunderupdown



あと~、やっぱり~、日本画ってカワユイ~~lovely。『鶉』の鶉ちゃんの羽毛の表現ッsign01モフモフッcloudsign01カワイすぎるッhappy02sign03『巌上之両雄』の子虎(弟子の下村観山の手によるもの)もどことなくカワユイchick。子虎を狙う鷲や「龍躍る(山海二十題之内)」の金泥で描かれた龍の目はさすがに眼光スルドいthunderけど。


それにしても、日本画の絵具、岩絵具ってゆーんですかね、美しいワ~~shine。特に白緑とかいうペパーミントグリーンがめちゃキレーcatface。メインビジュアルになってる『紅葉』も、実物の色彩は見惚れるばかり…cute。こーゆーの、ゼッタイ画集ではわからないbearing。そーいえば、このペパーミントグリーン、名古屋の徳川美術館で観た『源氏物語絵巻』(複製だったケド)でもすごく綺麗に残っていて強烈に印象に残ってますbell


ただ、時代背景的には致し方なかったんでしょーし、本人も自分の信念に疑いはなかったんだろうけど、戦時中の富士山の絵はちょっとわたくし的には受け入れ難いものがあったng。純粋な芸術作品としての価値を否定するものではないけど、やはりそこに結びつくテーマには違和感を感じちゃうのよねdown。チラ見して素通りしましたcoldsweats01


あと、GW期間中で混んでるtyphoonんだから、作品鑑賞のベストポジションcrownで、作品とはほとんど何のカンケーもない世間話をペチャクチャsweat01してるオバハンたち、どいて欲しいpout。そーゆーのはよそでしてくださいangry。お願いだからweep

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/05/04

ボッティチェリ展

20150827_botticelli_1やっぱりホンモノdiamondって、出逢ってみると発見があるものだわね~~flairhappy01。先月4月3日に最終日を迎えた東京都美術館の特別展art。当初は行けないなぁ~weepと思っていたんだけど、特設サイトpcを見ているうちに、やっぱりどーしても観たくなって最終日ギリに駆け込みsweat01鑑賞してきましたairplane


20150827_botticelli_2最終日ということでものすごい人混みを覚悟して、双眼鏡を持って行ったのが功を奏しましたgood。午前中11時頃に入館したのがよかったのか、予期していたほどの混み様ではなく、それなりにゆっくり観られましたcoldsweats01。しかし、せっかく持って来たのだから、と、ちょっと離れて双眼鏡でナメるように鑑賞してみると、おおおーッimpactsign01ってゆー新たな楽しみを発見eyesign01ちょっと、コレ、ハマリそーcatface


遺されている完成作品では、不自然なポーズになってたりするヴィーナスでもbleah、やっぱしデッサン力はぱねーcoldsweats02impact。今回は数点のデッサンも展示されていて、筋骨隆々leoの肉体のものを見るとミケランジェロも顔負けってカンジcatface。ルネサンス時代に生きた画家の面目躍如ですねーsun


そして、今回うひゃ~~っlovelyとなる発見をしたのはボッティチェリと工房による「聖母子、洗礼者聖ヨハネ、大天使ミカエルと大天使ガブリエル」。ボッティチェリの絵は板にテンペラなのでマチエールをじっくり観察するって楽しみはないけど、双眼鏡の切り取られた視界を少しずつ移動させていくことによる新たな発見の喜びを知ってしまったのでしたhappy01。まず、マリアさんのお顔。わが子の行く末を憂うようなちょっと哀しげな、儚げな潤いを含む麗しさをじっくりeye。そしてそのまま、母親の顔にほほを寄せるチビキリストへ。めちゃ~~~っとぉ~~りでトロ~~ンとしたまなざしがラブリーhappy01heart04。そこから左に視界を移すとボッティチェリに特徴的な美少年(一番左端)。おおッsign01端正ッspadesign01屈託のないスナオな優美さが現れてるbell。次にすす~っと右に視界を振ってチビキリストとマリアを通り越し右端の天使を視界に入れた途端、ずっきゅーんッthundersign01う、ウツクシすぎるーッlovelysign03わずかながら眉根を寄せて、将来のキリストの受難を共に耐えるかの如き翳り。一方が白王子とすればこちらは黒王子。「キャンディ・キャンディ」で言えばアンソニーテリー。「生徒諸君」で言えば岩崎君沖田君。「横浜物語」で言えば森太郎竜介。「風と共に去りぬ」で言えばアシュレーレット。もういいっつーのsmile。これ、画集なんかで観ていても気付けなかったけど、双眼鏡でチョードアップで見るとびびっthundersign03と来ましたよ。いやー、びっくりしたーcoldsweats02sweat01


いろんなところでよく観る「書斎のアウグスティヌス」も画集などでは壁画の剥がれなんかがあったりするんだけど、ここではキレイに修復されて、厳しさというよりもまるで「ヴィーナスの誕生」のヴィーナスのようなピュアshineな眼差しがはっきりと見て取れるのよねーheart02。後ろの背景=ユークリッドの幾何学の書物や日時計などをナメるように見られるのも双眼鏡ならでは。ウヒcatface


今回興味深かったのは、『バッチョ・バルディーニ(おそらくサンドロ・ボッティチェリの下絵に基づく)』の「神曲」の挿絵。エングレーヴィングによる銅版画なんだけど、確かにボッティチェリっぽいフォルムのダンテやヴェルギリウスが登場してるのよねー。ルネサンスの先駆者、ダンテ、といえばボッティチェリが描いた肖像画を思い出す、ってくらい関係が深い人の作品、「神曲」のイメージ画をボッティチェリが描いていてもおかしくはなくて、実際、そうだと思われる作品を目の当たりにすると、画集でもほとんど見られないものだけに、ちょっとコーフンしちゃいますね~happy02dashdash


そんなこんなで、最終日に慌てて観に行った展覧会だったけど、いろいろ得るところがあって良かったワ~~up

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/01/31

第三回 偲ぶ日の講演会 壬生義士伝 吉村貫一郎を偲んで

Img443きゃー、ナマ浅田次郎さんーーhappy02sign01面白かったーーhappy02sign03昨日のお昼、六花亭「きたこぶしホール」で行われた浅田次郎さんの講演会karaoke、聴いて参りましたshoe


「壬生義士伝」の吉村貫一郎についての話のはずが、まぁ名前が新撰組の役職者名簿に載ってるってゆー程度のヒトなので、どんなふうにこの作品を書いたのか、作家としてのイマジネーションの働かせ方の一端を、おもしろおかしく軽妙にお話してくれましたhappy01


下書きとなった作品を書いたのは、浅田さんが28歳の時で全く無名の時代の頃。戊辰戦争から60年経った昭和3年に「幕末ブーム」が起きて、子母澤寛の新撰組三部作が大ヒット。その中にほんの少しだけ描かれていた吉村貫一郎のエピソードに興味を引かれ小説化したいと思ったそう。この時出版社に持ち込んだけれど、ボツdespair。そのままお蔵入り。その後、直木賞を受賞crownしたとたん執筆依頼が殺到して、1年後、2年後の約束をさせられるんだけど、とにかく目の前の仕事をこなすだけで精一杯sweat01、『来年の約束は来世の約束』と思えるくらい大変だったそうです。そういえばこのあたりエッセーに書かれていたのを読んだことあったワ~book。しかし、生きている以上約束の日はやってくるsmile。あー、どーしよーwobbly。文春での連載は決まってる。『文春→「燃えよ剣」→司馬遼太郎→新撰組→ん?なんか昔書いたような………』ハッflairsign01柳行李をひっくり返してみたらあったっflairsign01読んでみたsign01面白いじゃんsign03直木賞作家である今や、取材行きたーいといえば速攻手配してくれ、なんか食いたーいといえば食わしてくれ、新幹線もグリーンに座らしてくれ、という身分になってたので、28歳の頃テキトーに書いてた盛岡の風景も実際に取材できた、なんてあたり、もー爆笑の連続impacthappy02


で、わたくしがこの作品でヤラれた一番の要因である「方言」についての部分も興味深かったワ~confident。別に共通語でもいいっちゃよかったんだけど、やっぱり方言を使いたかった。だけど、幕末の南部の下級武士が使ってた言葉なんてまったく見当もつかなかった。しかーしsign01盛岡に行くと、そういうことを研究している郷土史家が必ずいるsearch。その方々の力を借りて、毎週毎週FAXfaxtoでやりとりrecycleをして監修していただいたそうです。はぁぁ~~dash。そーだったのねーconfident。どーりでわたくし号泣cryingcrying。で、この方言というものに対する浅田さんの考えもなるほどなーってカンジでflair。『方言が滅びると気性も滅びる』。東京ご出身の浅田さんも子供の頃は「きったない東京弁」を使っていたけれどcoldsweats01、矯正させられたそうな。そのことによって東京人がどーなったか。『カッコ悪くなった』『潔くなくなった』。なるほどねーthink。やっぱり、「言葉」というものはそれを使う人間の根本を司るものよねーdiamond。戦争にまつわる「言語」の問題なんかもふと考えさせられるワthink


それからもひとつわたくし、浅田作品でいつもヤラれる「こどもの描写chick。これについても、秘密の一端をお話されましたhappy01。お嬢さんがいらっしゃるので、おみっちゃんの「とど、とど」を書きながら、浅田さんの耳には「パパ、パパ」と聞こえていたとconfident。で、吉村貫一郎には3人の子供がいる設定にして、この3人の子供の行く末は本当に考えた、とおっしゃってましたspade。父親が悲惨な最期を遂げたので、その子供たちには幸せになってほしかったと。特に次男くん。めちゃくちゃ悩んだbearing。法律家にしようかと思ったけど、なーんかシックリこないtyphoon。と、たまたま競馬horseをしに新潟に行った時、地元の豪農の屋敷を見かけ(現在は北方文化博物館になっている建物)、これだflairsign01と閃いたそう。いやーもー、この次男くんの人物設定、お見事happy02shinesign01と感服してたのに、こんなキッカケだったとは…wobbly


さて、吉村さんがビンボーだったという根拠が、藩からのお給料が「二駄二人扶持」ってこと。浅田さんの試算によると年収約250万円。5人家族ならもーカツカツ。ちなみに大野さんちは2000万円yen。はぁ…dash。この「扶持」の説明もしてくれて、そこから発明されたのが「飯盒」らしく、このあたり、浅田さん、めちゃ熱心に「飯盒」のスバラシさを語ってらっしゃいましたが、わたくしチンプンカンプン…typhoon。しかし、この「二駄」が盆暮れ年2回の賞与、「二人扶持」というのが月給、とすると現在の日本の給与体系の元となっているというお話に、目からウロコ~~coldsweats02


やはり何といっても、新撰組マニアの浅田さん、幕末の道場事情(一番人気の北辰一刀流の授業料が年間40万円だったsign01)や鍛冶職人の技術(急に需要が増えたため技術も急激に向上したupsign01)とかトリビアな話題を次から次ぎへと繰り出して、ほんと『池上さんに負けてないsmile


でもわたくし、いっちばん印象に残ったのは、新撰組局長・近藤さんのエピソード。面白かった~~happy02。すごく実直だった近藤さん、どーしよーもない養父にも「おとうさん、おとうさん」と慕って、全然流行らない天然理心流の道場を、牛込(今でもあんまりいい場所じゃないsmile)から多摩なんかの遠い地方まで出稽古して稼いで維持してたんだけど、ある日突然グレたthunder。幕府お抱えの道場の師範に、とーぜん選ばれると思っていたのに、選ばれなかったからweep。ここで彼は「百姓だから出世できないんだっsign01」と怒り狂ったannoy。浅田さんは、この言葉が近藤さんのその後の「池田屋騒動」に繋がるキーワードだとおっしゃいます。


で、当時はジャーナリズムが盛んで、事件現場thunderに瓦版の記者が駆けつけていたそうで、きっと「池田屋騒動」の時もそうだっただろうとsmile。志士を大勢切り殺して、血だらけになって降りて来た近藤さんの元に記者が押し掛けて来て「感想をpen」なんて聞かれてkaraoke、「拙者は何人、沖田は何人、我ら天然理心流がッimpactsign01」なんて答えただろうとdash。幕府に抱えられなかった強烈な劣等感が、生粋の天然理心流の剣士である自分と沖田の存在をアピールしたいimpactという渇望に繋がったのではないかとおっしゃってました。だって、めちゃ腕のたつ永倉とかは階下で待機なんて絶対不自然だとbearing。万一自分と沖田が殺されても、あとは土方が何とかしてくれるだろう、とまで考えていたとすれば、近藤さんのこの必死さも何ともいえず切ないものがあるわねweep。この近藤さんの痛烈な思いは、実は吉村貫一郎にも通するもので「壬生義士伝」のテーマだと思うのよねthink


そして最後のまとめは、実は幕末はほんの140~150年ほど前のことに過ぎず、現在に繋がっているものがたくさんあり、物心両面で変えていってはいけないものがある、ということをよく考えて欲しい、というものでした。手足のないロボット(スマホに代表されるもの)に支配されないよう、自分の頭でよく考えることが必要だと。全くそのとーりですねぇthink


蛇足ながら、今わたくし激ハマリしている朝ドラtv「あさがきた」にからめた話も飛び出して、またもや勉強になっちゃったーhappy02。日本語訳の「銀行」は、大阪経済人の五代さんが訳したからだと。関西の通貨は「銀」だったから。渋沢さんが訳してたら「金行」ね。ちなみに「行」は中国語で「会社」だそう。わたくし、両替屋の仕組みも各藩の蔵屋敷がなんで大阪にあったのかも知らなかったんだけど、昨日の浅田さんのお話でよーくわかりましたup。いやー、ほんとにいろんなものが繋がるつながるーーsign05。たのしぃ~~note


初めて聞いた浅田さんの講演karaoke、あっちこちに脱線するけどcoldsweats01、語り口も絶妙でほんとツボをビシッと押さえてる。サスガですfuji。冒頭、子母澤さんの作品book、ご自身で「パクった」と言われたsmile吉村貫一郎の一節を朗読してくれたんだけど、その読み方もとってもよくってgood、将来、朗読ボランティアでもする時の参考にさせていただこぉーっとsmile

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/10/24

「夷酋列像 蝦夷地イメージをめぐる人・物・世界」

Img419 もービックリしたーcoldsweats02。何にって、会場内のものすごい加齢臭に…danger。予めお断りしておくと、今回は、展覧会の作品に対する感想じゃないのよね~bleah。だってよく観られなかったんだもんsweat02



北海道博物館の開館記念特別展が、蠣崎波響の描いた「夷酋列像」で、しかもブザンソン美術考古博物館所蔵本と国内各地の諸本が初めて一堂に会するfujiっつー、さすが北海道博物館、ヤルなーcatfacegoodってカンジだったので、頑張って片道1時間近くかけて行って参りましたよcardashsweat01



Img420 めちゃくちゃ美しく紅葉mapleしている木立を通り抜けて会場に入りました。んで、まずはトイレtoilet。最新式でカンドーup。で、特別展会場の2階へupwardright。早速受付でいつものように「エンピツ貸してくださーいheart02」とお願いしたらば、受付のねーちゃん、「ここは筆記用具は持ち込みできません。」と言う。はぁsign02そんなこと言われたの、生まれて初めてですけどぉ(オオゲサ)?100万歩譲りつつも、憮然gawkとして会場内に足を踏み入れたならば、一気にモーレツ加齢臭がッbearingimpactsign03通常の展覧会では女性の方が多いんだけど、ここでは圧倒的にジジィが多くて、おまけに、展示ブースに顔を近づけると、横から吹きかけられるdash歯槽膿漏臭shock。ここでわたくし、完全にダウンいたしましたdowndown



もー鑑賞する意欲ゼロzero。照明暗すぎて、ローガンの目にはキビしいしcoldsweats01。でもとりあえず、ぜっかく来たしsad、と思って本物の作品を遠くからチラ見して、あとは鑑賞者のいない展示物を観てたら、小学生の3~4人のグループを発見ッeyesign01なんとヤツら、ファイルに挟んだ紙にエンピツpencilでなにやら書き込んでるやんけッthundersign01「筆記用具持込禁止」だったんぢゃねーのかよッannoysign01子供の学習はよくて大人の学習は拒否なのかッsign02北海道博物館、納税者にキッチリ説明しろッangrysign01


というわけで、仕方ないので図録bookを買ってきたmoneybag。あとでゆっくり勉強eyeglassしよう…。ったく、いったい何しに行ったんだかsweat02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/10/23

「スイスデザイン展」

Img414 まー、スイスのデザインってめちゃくちゃ合理的かつスタイリッシュ~~ぅdiamond。11月8日まで札幌芸術の森 美術館で開催中の展覧会、南区に用事があったついでに観て来ました~。cardash



わたくし一番ビックリcoldsweats02したのは1914年の観光ポスター1914年って第一次世界大戦中bombimpactじゃんッbearingsign03なのになにッ coldsweats02sign02この明るさモダーンさはッsign01美しい雪山を背景に楽しくスキーskiに興じるの図って…sweat02。と驚愕したところで説明書きを読んでナットク。スイスって永世中立国なのでした。世界大戦には巻き込まれてないのデシタ。いや、それにしても、周りの国ではドッカンドッカンimpactbombやってるのに、「観光にいらっしゃーいfuji」って、誰が行くのgawk



Img415 というわけで、戦争によってデザイン文化が影響を受けなかったのは大きいことだと思うけど、スイスがヨーロッパテキスタイルの発祥の地、というのも初めて知りました。なんとなくイギリスとかフランスのイメージだったので。テキスタイルの分野では有名なクリスチャン・フィッシュバッハ社の哲学キーワード「エ レガンス」「ラグジュアリー」「クオリティ」「コンフォート」「イノベーション」は、テキスタイルだけでなく、ヨーロッパのあらゆるデザインの基礎、って感じがするのよね~confident



このほかに、商業分野でのデザインの紹介もされていて、おお、ここもスイスだったかflair、って気づかされるの。バッグbagやシューズboutiqueの「バリー」の展示では何十足分も並べられたハイヒール(ヒールだけのものも)のデザインがステキshine。形そのものの美しさからモリモリのデコshineまで、目が離せない~~lovely。バックルのデザインコレクションもスゴかった~happy02。「シグ」のボトルでは美術館のディスプレイが“スイスデザイン”的でイケてたワgood。「フライターク」のバッグは、型板がめちゃシンプルup。わたくしは知らないブランドだったけど、家具の「USMハラー」のコーナーでは、システム家具のプランニング用モデルケースがまさに“システマティック”で、箱庭好きのわたくし、またもや「欲しい…heart04」。



タイポグラフィの分野でもスイスは世界のリーダーだったのですねぇ。『版面の骨格を厳密に定めた割付の基本形(グリッドシステム)とその運用ルールを生み出した』(解説パネルより)のがスイスだったとconfident。現在、よく見かける文字デザインも、実はスイスが発祥だったりするのねup。 バーゼルで、マックス・ビルが開催したデザインの展覧会「良い形(Die Gute Form)」展(そのまんまやんけ…coldsweats01)の紹介もされていて、ドイツのバウハウスのスピリットとスイスのデザイン遺伝子が出会うとこうなっちゃうわけねー、なカンジcatface。今流行りの“北欧デザイン”もこのあたりの流れを汲んでる印象なんだけど、こんなに“北欧”が持て囃されるなら、もっと“スイスデザイン”、注目されても良さそうなのにね~~despair



展示場のラストは、現在活躍中spadeのデザイナーおよびデザイン会社の作品が展示されてました。これがまた面白くてnote。わたくし、ものすごく気に入ったデザイン事務所があったのよねーheart02。「アトリエ・オイ」という3人組のデザイン事務所の作品なんだけど、照明器具flair《oiphorigue》と《Allegro Assai》。どちらも無機質なもので出来てるのに動きが“生き物”っぽくてキモいshock。こんなの部屋に置いときたくないbearing。なのにすっごく気になるcatface。これが“スイス”っぽいかっつーとそうでもないよーな気はするけど、間違いなく先鋭的thunderなカンジはする。


それにしても、スイスってなにゆえこれほどまでにデザインに合理的で緻密diamondな特徴があるのかしら~think。ドイツと共通する部分もあれば、フランスっぽいエレガントさもあるし、国民性なのか、抱える大自然の影響なのか。…不思議ですclover

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧